猫の目の病気を引き起こす全身性の感染症について!

猫はウイルスなどの感染症の病気が
多いでですが、それと共に多く見られる
のが目の疾患です。

 

そして、猫の場合は全身性の感染症に
よって目の症状が現れる病気が多いと
いう特徴もあります。

スポンサーリンク


分かりやすいのが、猫では非常に
ポピュラーな病気の一つでいわゆる
猫カゼと言われるウイルス性鼻気管炎
(ヘルペスウイルス)です。

 

ヘルペスウイルスは、呼吸器の症状が
主ですが、それと共に結膜炎や角膜炎
など目の症状も現れることが多いです。

 

また、症状については病状や個体差も
あるため、例えば呼吸器症状だけで
あったり、目の症状の方が重度に出たり
などさまざまです。

 

つまり、全身性の感染症にかかった場合
には、目にも症状が出る可能性が高く、
逆に目に何らかの症状がある場合、
それは目の病気ではなく、全身性の疾患
の可能性があるということです。

 

そして、猫の全身性の感染症で
目の症状を伴うものは前述した
ウイルス性鼻気管炎以外にも多くあります。

 

こちらでは、猫の目の疾患に関連する
全身性の感染症についてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<猫の感染症と目の疾患について>

 

猫の全身感染症に伴う目の疾患で
多いのが「ぶどう膜炎」「脈絡網膜炎」です。

 

ぶどう膜炎=ぶどう膜(虹彩・毛様体・
脈絡膜の3つをまとめた総称)の炎症

脈絡網膜炎=脈絡膜と網膜の炎症

出典:https://www.fpc-pet.co.jp/

ぶどう膜は、他の眼球組織に比べて
血管が豊富で血流に富んでいるため、
目以外の臓器に発生した感染症の
影響を受けやすい部位なのです。

 

もちろん、他の目の疾患(結膜炎や
角膜炎、白内障、角膜腫瘍)によるもの
や、外傷やアレルギーなどが原因と
なって発症する場合もありますが、
それら他の目の疾患がなく、ぶどう膜
や網膜などに炎症がみられた場合には
全身性の感染症が疑われるようになります。

 

そして、何らかの感染症によって
起こるぶどう膜炎などの目の症状は、
感染の急性期(体内で増殖)の後
現れることが多いです。

 

<目の疾患を伴う感染症>

 

猫の目の疾患を伴う感染症で主に
挙げられるのは以下になります。

 

*Felv(猫白血病ウイルス感染症)

*FIP(猫伝染性腹膜炎)

*トキソプラズマ症

*クリプトコッカス症

*クラミジア症(クラミドフィラ症)

 

Felv(猫白血病ウイルス感染症)】

猫の白血病ウイルスは命に関わる
重大疾患の一つです。
レトロウイルス属に分類されるウイルス
で感染猫の唾液(体液)などによって
感染します。

 

白血病ウイルスは、免疫不全貧血
細胞形質転換(遺伝形質の変化)を引き起こし、
リンパ腫など悪性の腫瘍の原因となることが
多く、致死率の高い病気です。

 

白血病ウイルスが関連する目の疾患は、
形質転換したリンパ球がぶどう膜から
眼球内に入り、ぶどう膜炎を引き起こします。

 

また、腫瘍細胞が浸潤した場合には
続発性の緑内障が起こることが多いです。

緑内障=眼圧が高くなり視神経が障害
され、視力が低下。

 

治療:
白血病の治療(抗ウイルス剤や抗がん剤
など)と共に、ぶどう膜炎の対処療法
(主に抗炎症剤)を行なっていきます。
これによってぶどう膜炎の症状が軽減
することもあります。(全身の状態にもよります)

 

ただし、ほとんどの場合、予後は
不良で、緑内障を抑えることができず
視覚を喪失することが多いです。

猫の白血病ウイルス感染症(Felv)の症状や治療,予防法は?

 

【FIP(猫伝染性腹膜炎)】

FIPは猫コロナウイルスによるもので、
それ自体は病原性は弱いですが、猫の
体内で変異すると病原性の高いFIP
となります。

FIPは、以下の2つのタイプがあります。

*ウェットタイプ(滲出型)
腹水や胸水の貯留が見られ、急性の経過
をたどることが多い
*ドライタイプ(非滲出型)
肉芽腫を形成したり、長期的な経過を
たどることが多い

 

FIPで目の疾患が見られるのは、
ドライタイプで多く、化膿性肉芽腫性
血管炎によってぶどう膜が破壊され、
炎症が起こります。

 

このぶどう膜の症状は、FIPの他の
症状よりも先に起こることがほとんどです。

 

治療:
FIP自体が、有効な治療法がなく、
遅かれ早かれ死に至る病気です。

 

そのため、ぶどう膜炎に対しても
対症療法しかなく、抗炎症剤や抗菌剤
の投与となります。
これにより一時的にですが、症状の
改善が見られることが多いです。

猫の伝染性腹膜炎(FIP)の原因や症状は?治療や治療費は?

 

【トキソプラズマ症】

トキソプラズマはアピコンプレクサ門に
属する原虫の一種に感染することで
発症します。

 

人畜共通感染症として知られ、猫から
人へ感染するというイメージも強い病気
ですが、猫を介さずに感染することも
多い比較的ポピュラーな病気です。
(生肉を食べるなど)

 

猫のトキソプラズマ感染では、多臓器に
影響を受けてさまざまな症状(発熱、肺炎、
肝炎、心筋炎、皮膚病変など)が現れます
が、その中でも目の症状(主にぶどう膜炎)
は早期に見られることが多く、慢性化
しやすいです。

 

トキソプラズマに伴うぶどう膜炎
さまざまで、角膜炎や虹彩炎、網膜の
肉芽腫病変、水疱性網膜剥離、視神経炎
などが見られます。

 

治療:
治療は、トキソプラズマの標準治療の
サルファ剤(合成抗菌薬)やチミジル酸
合成酵素阻害薬(DNAの合成を阻害)などの
投与を行います。

猫のトキソプラズマの検査と費用や原因と症状、治療は?

スポンサー リンク


【クリプトコッカス症】

クリプトコッカスも人畜共通感染症
一つで、真菌の一種です。
土壌中に広く存在して、主にハトなど
鳥の糞中でよく増殖し、その糞から
空気中に浮遊している菌を吸い込む
ことでの感染が多いとされています。

 

ただし、病原体を吸い込んだからと
いって必ず発症するわけではなく、
発症には免疫抑制が関わっていると
され、免疫が低下する病気などが
ある場合には発症のリスクが高くなります。
(人ではHIV患者の発症が非常に多いとされています)

 

クリプトコッカス症による目の症状は
脈絡網膜炎が多く、眼底部に病変が
見られます。

 

治療:
クリプトコッカス症の治療(合成抗真菌薬
の投与)を行います。

猫のクリプトコッカス症の原因と症状・治療法は?

 

【クラミジア症(クラミドフィラ症)】

 

クラミジアも人畜共通感染症の一つ
で、人では肺炎の原因や性感染症と
して知られます。

クラミドフィラ・ニューモニエと
いう微生物の感染によって発症します。

 

猫では主に呼吸器症状と結膜炎
見られます。
(結膜上皮細胞内で複製する寄生体)

 

呼吸器症状はあまり重度になる
ことはありませんが、目の症状は、
結膜充血、結膜浮腫、眼瞼痙攣など
起こり、慢性化することが多いです。

 

結膜炎が悪化したり慢性化すると
眼球と結膜が癒着して瞼が開かなく
なることもあり、そうなると手術が
必要になります。

 

治療:
クラミジアの治療のための抗菌薬の
投与と同種の眼軟膏などを併用すると
効果的です。

猫カゼの原因の一つ!クラミジア感染症の症状と治療や治療費は?

 

<まとめ>

 

目に見られる異変は、目だけの
問題と思われがちですが、前述した
ように猫の目の疾患には全身性の
感染症が関連していることが非常に多いです。

 

そして、それらの中には命に関わる
重篤な病気も含まれます。

 

また、治療の遅れによって視覚を
喪失(失明)したり、眼球を摘出しなければ
ならなくなることもあります。

 

ですから、少しでも愛猫さんの目に
異変を見つけたら早期に受診しましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です