猫用品・便利グッズ

猫や犬の健康管理lotプラスサイクルとは?活動量や記録など!

 

ペット業界もlot時代に突入〜!

人だけでなく犬や猫などペットも
高齢化が進んでいますね!
犬も猫も平均寿命は、今後さらに伸びて
いくと思われます。

 

愛する家族(ペット)に長生きしてもらいたい
のは当然ですが、動物だって歳を取れば病気
もするし体も衰えます。

スポンサーリンク


そして大事な家族の一員である愛猫や愛犬
ですから、病気のケアはもちろん、病気に
ならないように健康管理をしてあげるのは
飼い主さんの努めです。

 

しかし、言葉を話さない動物・・
少々のことでは泣き言も言わず耐える
動物たち・・
特に猫は体調の悪さを隠す動物ですから
異変に気付くのはどうしても遅れてしまいます。

 

それが、ペットの病気の早期発見が
難しい理由ですね。

 

でも時代は進歩してます!
言葉をしゃべれない犬や猫たちのための
健康管理ができるさまざまな便利製品が
登場してきています!

 

愛猫や愛犬の日々の活動量を計測!
異変の早期発見、病気予防、健康寿命を
伸ばすためのペット用lot健康管理ツール
『プラスサイクル』という製品が発売
されました!

 

こちらでは、『プラスサイクル』で
分かることや使い方、個人的に見て
良い点、イマイチ(?)な点などをまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<プラスサイクル(Plus Cycle)とは>

 

プラスサイクルは、猫や犬の首輪に装着して
活動量(散歩やジャンプなど)や睡眠時間を
自動計測し、スマホアプリでそのデータが
チェックできるというlot健康管理ツールです。

 

首輪を付けていない犬猫でも
活動量計専用のホルダーが用意されている
のでそれで装着できます。

 

神奈川県川崎市にある日本動物高度医療センター
(二次診療専門動物病院)が監修、発売しています。




出展:https://pluscycle.official.ec/

大きさは、直径2.7cm、厚さ0.91cm、
重さ約9gでボタン型の形状となっています。

犬用、猫用とも大きさは同じです。

3軸加速度センサーで愛犬・愛猫の活動量を
測定。
気圧センサーで縦の動き(ジャンプ数)も測定。
小さく軽いので、小型犬やネコにも装着可能。

 

Bluetoothでスマホと簡単通信。
電池はボタン電池で約4ヶ月連続使用できます。

 

アプリはAppStoreやGoogleplayから
無料でダウンロードできます。

『今日の達成度』では、一日の活動、ジャンプの
達成度が表示されます。
直近7日間の平均値を100%として、
最終同期時間までの達成度を表示。

 

『最近のかつどう状況』では、
一週間の活動が表示され、平均値の80%を
2日連続で下回ると『活動量低下のお知らせ』が届きます。

 

活動量データは、

*活動(1分間単位で測定)
*ジャンプ(40cm以上をカウント)
*おやすみ(活動していない時間)
*お散歩(散歩時間をおさんぽ機能で測定)
*健康チェック

をグラフで確認できます。

表示期間も今日、昨日、1週間、一ヶ月、
三ヶ月と選べるので活動量の増減や生活リズム
など過去のデータとの比較ができます。

 

自動計測されるのは活動量のみなので、
その他、食事量や排尿・排便、ご機嫌などの
状態は飼い主さんが入力するようになります。

また、病院へ行った際の診察結果、
体重や体温、投薬、次回通院)などの情報
も記録しておくことができます。

 

アプリは、家族間で情報共有もでき、
また複数の犬猫を登録することができます。

 

その他、アプリメニューでは、さまざまな
機能があります。

 

『プラスサイクル(Plus Cycle)』
価格:9,720円 (税込、送料無料)

公式サイトこちら>

スポンサー リンク


<プラスサイクルの良い点>

 

活動量が分かるというのは面白い
ですよね。
特に日中お留守の多いお宅などでは
様子が分かってありがたいです。

 

犬も猫も高齢になってくると寝ている
時間も増えますし、活動量が減って
きますのでそれをデータでチェックできる
のは衰えや不調が分かりやすいと思います。

 

また、猫のジャンプ数が分かるという
のもすごいですね!
ジャンプ計測のための気圧センサーは、
ドローンの高度制御に使われるものが
内臓されているそうです。

 

猫は関節炎が多いので、ジャンプの回数、
増減が分かれば早期発見に繋がる可能性が
期待できます。

猫の痛みのガイドライン~愛猫の関節炎の兆候を見逃さない!

また、当然体の不調があると動かなく
なるので異変の発見もしやすくなりますね。

 

プラスサイクルの対応病院はまだ少ない
ですが、対応病院では活動量計のデータ
チェックなどもしてもらえるので安心ですね。
病院側でもDr. SITEで登録ユーザーの
データの確認ができます。
(対応病院は今後増えていくと思われます)

 

飼い主さんがしっかりと観察できないとき
でも活動量をチェックすることで、治療や
投薬の効果なども分かりやすくなります
ので病院側も診療が行いやすくなり、飼い主
さんと動物病院双方で愛犬・愛猫の管理ができます。

 

価格は、9,720円と決してお安くはない
ですが、妥当な範囲かなと思います。
アプリ使用も無料ですし、その後、継続
してかかる費用は、電池代だけですので
購入してしまえば半永久的に使えますから
高い買い物ではないかなと。

 

アプリには、さまざまな機能、メニュー
がありますが使いこなせれば便利ですし、
愛犬・愛猫の普段の活動量を知っておく
のも色々な発見ができて面白いと思います。

 

愛犬・愛猫のさまざまな記録を日記の
ようにアプリ一つでまとめられるのも
楽しいですね。

 

導入方法なども動画で分かりやすく
開設されてますし、電話などサポート
体制も整っているようですから、安心して
使い始めることができると思います。

 

<プラスサイクルのイマイチ(?)な点>

 

あくまでも個人的意見になりますが・・
活動量以外は自分で入力しなければいけない
というのが意外と面倒臭い気がしますね。
(飼い主の性格によりますね笑)

 

食事や排泄の状態などは毎日のこと
ですから、慣れてしまえば問題ないとは
思いますが、お忙しい方などは最初は
なかなか大変だと思います。

 

また、多頭飼育の場合、特に猫なんか
トイレに排泄物があってもそれが
どの子のものか分からないことが
多いですから、その場合にはそれら
の情報の入力はできないですしね。

 

もちろん、全てをしっかりと入力しなければ
ならない訳ではなく、例えば活動量のデータ
だけでも役に立つとは思いますが、総合的
に健康管理をするツールなのでやはり毎日の
記録が大事になります。

 

また、首輪の装着に慣れていない犬猫
の場合は慣れるまで時間かかりますし、
猫の場合はそれがストレスになること
もありますので、首輪なし派にとっては
なかなか手の出ない製品かなと思います。

 

小さくて軽いとされていますが、
猫に付けているとやはり結構大きく
見えますし。

 

でもま〜体に付けてないと活動量の計測は
できないわけですから、何かしらの
負担はかけないとそれらを知ることは
できないということですが。

 

ん〜製品自体は素晴らしいものだと
思います。
実証実験も1年半行われていますし、
よこはま動物園ズーラシアでは、
アジアゾウに装着して飼育環境の改善に
役立てたりもしているそうです。

 

今後さらにさまざまな機能が追加で期待
できるのではないかと思っています。

 

ただ・・ウチの愛猫たちは首輪なし派
なので使わないかな・・と。

 

私の場合、割としっかりと愛猫たちを
観察してるつもりですし、定期的な健康
診断もちゃんと行なっていますので、
現状でプラスサイクルを装着してまで
活動量を計測しなくてもいいかな・・と。
もちろん分かればそれにこしたことは
ないですが。

 

でも今後ますますいろんな便利lot製品が
出てくれば、猫も自然のままじゃいられず
色々と装着されるのが普通になる日が
来るのかな〜?とも思ってなんかちょっと
複雑ですが笑

 

ま〜私の意見はさておき!
ペット業界の進化は嬉しいですし、
すごいな〜と思います!

 

首輪をしている、またセンサー装着に
抵抗ない犬猫さんであれば、なかなか
面白く、健康管理に役立つ良い製品
だと思いますよ!
(ただ猫の多頭飼育にはあまり向かないと思いますが・・)

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 猫の留守番はスマホで見守りカメラ&自動給餌器の合体が便…
  2. 猫の全自動トイレが日本上陸!キャットロボットの実力とは?
  3. 猫トイレ~トレッタ~価格や機能は?腎不全など病気の早期発見に!
  4. 猫の長時間,長距離の移動にも便利なキャリーバッグや注意点!
  5. 猫の爪とぎの選び方と最適な置き場所!習性を考えて設置を!
  6. 猫をリラックスさせるサプリやフェロモンなどのおすすめ!
  7. 猫のシャンプー選び!安心,安全の見極めは?天然,無添加は本当?
  8. 猫のケージ設置に最適な場所は?暑さ,寒さ対策も考え快適に!
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

わが家の女王猫たち

猫の島

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP