生態

猫がおもちゃに飽きる心理と本能!好むおもちゃの条件とは?

 

猫は飽きっぽい!?

新しいオモチャを買ってきても
ちょっと遊んだらすぐにソッポ
向いてつまんなそう・・

 

え~っ もう飽きちゃったの?
早くない!?
もう遊びたくないのかしら!?
このオモチャつまんないのかしら?

スポンサーリンク


・・なんて経験、猫飼いさんなら
一度や二度・・三度くらいはあるはず。。

 

見向きされなくなった(飽きられた?)
おもちゃがたくさん放置してある
ご家庭も多いはず・・
(はい、わが家もです^^;)

 

ま~もともと猫は、飽きっぽいと
される動物ですし、犬のような
しつこさはないですしね・・
人に対しても。
クールというかなんというか。

 

だから飽きやすいのか?
遊びに関してもクールなのか?

 

猫の遊びにはその本来の姿である
捕食者(ハンター)としての本能が
関係しています。

 

その辺りも含め、猫がおもちゃに
飽きる、気に入らない理由や割と
好むおもちゃの条件などをまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<猫にとってのおもちゃとは>

 

猫がおもちゃで遊ぶ様子は、獲物を
扱う(狙う・捕まえる)ときと同じです。
追いかけ、爪を立て捕まえ、咬み付き、
猫キックをしたり・・と。

 

つまり、狩りをしているのです。
実際に猫が小動物などを狩る場面を
見たことがある人は少ないと思いますが、
猫がおもちゃに対してとる行動は、狩り
そのものであり、本物の動物であるかの
ように考えているのです。
(ちなみに子猫の時には、兄妹猫や
仲間と遊ぶ感覚でおもちゃで遊ぶこともあります。)

 

人からエサをもらえずお外で生活して
いる猫にとっては、実際に捕まえる
獲物は多くの場合、食料となります。

 

また、人に飼われているイエネコで
あってもお外に出る猫さんは、
虫や小動物などを捕まえて遊んだり
していますよね。
これも食べる目的ではなく本能的行動
によるものです。

 

もちろん食べる場合もありますが、
何らかのカタチで人に満足な食料を
もらっている猫は、あえて小動物や
昆虫などを食べることはありません。
キャットフードの方が美味しいという
ことが分かっているためです。

 

ただし、残飯などで猫にとって必要な
栄養素(タンパク質)が十分に摂取できて
いない場合はその不足分を小動物や昆虫
などから補おうとするため、捕食する
ことがあります。

 

実際に狩りをしたことがない室内飼育
のイエネコであっても同様でこれらは
ネコという動物が先天的に持っている
行動様式(本能)です。

 

要は、動くもの(獲物)を見ると
追いかける・捕まえるという行動(狩り)
へと駆り立てる性質のことですね。
これが、猫じゃらしなどいわゆる
『おもちゃでの遊び=狩りの疑似体験』
となります。

 

猫にとって本能であるそれらの行動欲求
(重要な要求)を満たしてあげることが
できないと欲求不満になってしまい、
ストレスとなり、さまざまな問題行動
(人にとっての)を起こすことになってしまいます。

攻撃的な猫のしつけ!威嚇や噛む,引っ掻くなどの原因や対処法!

ですから、室内飼育の猫にとっては、
おもちゃで遊ぶということは、とても
大事なことなのです。

 

だからいろんな猫のおもちゃが売って
いますよね。
手を変え品を変え・・って感じでしょうか。

 

でもすぐに飽きちゃう・・
さて。。

 

<猫がおもちゃを飽きる理由とは>

 

『おもちゃを飽きる』ということの
潜在理由は、単純にそのおもちゃに
対する『慣れ』です。

 

おもちゃの形状や遊ばせ方にも
よりますが、猫がはじめて見るおもちゃ
に興味を示して熱心に遊ぶのは、一般的
に2分程だとされています。

 

英国の動物学者ジョン・ブラッドショー
氏が行った実験によると、遊ばなく
なったおもちゃを一旦取り上げてしばらく
してからまた与えると興味を示したのは
半数ほどの猫で、遊んだ時間は最初のとき
よりも短くなっていたそうです。

 

そしてそれをまた繰り返すと三度目
には、ほとんどの猫が遊ぼうとせず、
明らかに『飽きていた』と。

 

次に、そのおもちゃの形状(色や形、
匂いなど)を変えたものを与えると
ほぼ全部の猫がまた興味を示して
遊びはじめたそうです。

 

つまり、猫が飽きているのは、
遊びにではなく『おもちゃ』
そのものに飽きてしまっている
いうことです。

 

さらに、遊びたいのに飽きたおもちゃ
ばかり与えられると欲求不満となり、
『遊びたい』という気持ちがいっそう
高まるようで、別の新しいおもちゃに
対しては最初のときよりハッスルして
飛びかかっていく姿が見られたそうです。

 

しかし、猫は実際に本当の狩りをする
場合、そう簡単に『飽きる』ことは
なく、なぜおもちゃだとすぐに飽きて
しまうのか・・

 

ということでさまざまな実験を重ねた
結果、猫はおもちゃで遊んでいるとき
『狩り』をしていると考えているだけで
なく、その行動には以下の4つの作用が
関連していることが分かったそうです。

 

【①空腹】

自分で狩りをして食料を調達する
野生のネコが空腹のときに狩りをする
(獲物を殺す)のと同じように、空腹は
より熱心におもちゃと遊ぶ気にさせる。

 

【②見た目】

猫が本能的に獲物だと認識する外見
(音、毛、羽根、足、匂いなど)の
特徴。いわゆる、より本物の小動物や
昆虫に似ているもの。

 

【③大きさ】

自然界で獲物を狙う際、大きさは
重要になり(大きいものほど自分も
危険になり、慎重に攻撃する)、なるべく
簡単に仕留められる大きさのものを狙う。

 

【④欲求不満】

どんなに噛み付いて蹴りを入れて
仕留めたつもりでも相手にダメージ
を与えていないとなるとその獲物は
食べられるものではない、もしくは
仕留めることが難しい相手となり、
戦意喪失(遊びを継続しない)。

 

これらから分かることは、

*満腹時は、あまり遊びたがらない。
遊んでも飽きやすい。

*全く獲物に見えない、リアルさが
ないおもちゃは好まない。

*イエネコであれば、ハツカネズミ
くらいの大きさ、もしくはそれ以下
がベスト。

*ビクともしない頑丈なおもちゃは
好まない。飽きる。

ということですかね。
猫がすぐに飽きるおもちゃの特徴と
して上記のようなものが当てはまる
と言えますね。

スポンサー リンク


<猫が好む(飽きにくい)おもちゃとは>

 

今や猫のおもちゃと言えば、実に
さまざまで・・猫が好むというよりも
人が見て可愛い~(?)面白い~(?)と思う
ようなものもいっぱい売られていますよね。。

 

お店に行って猫に見せて選ばさせる
わけではないので、どうしても人目線
で見て選んでしまうのもあると思いますが。

 

でもどうしても人目線だと、煌びやか
な派手めなものを選んでしまいがちな
気がします。(私もそうかも笑)
でも猫にとって色や柄はどうでもいい
わけです。

 

そもそも猫は、人のように色の識別が
できませんし、いや獲物を狩るのに
その識別は必要ないわけですし。
ネズミなんて地味なグレーですし。

 

さらに鈴とか余計な音は必要ない
でしょう。鈴つけた野生の獲物なんて
いませんし。
猫の優れた聴覚であればゆ~っくり
床を引きずるだけでも獲物の気配が
分かりますしね。

 

だから、猫目線で考えましょう!

前述したように猫の遊びが
狩りという本能からきているものと
考えれば、猫が好むオモチャの条件は
必然的に限られてきますよね。
(ま~もちろん好みや個体差は多少は
あるとは思いますが)

 

*大きさはネズミ以下(ドブネズミではなくハツカネズミ)。

*毛や羽根、足などがついたリアルなもの。

*遊んでいるうちにダメージを負う(壊れる)。

 

実際にジョン・ブラッドショー氏の
行った実験でも、猫が好んで熱心に
遊んだおもちゃは、
『ネズミの大きさで、毛や羽根が
付いていて足が複数あるもの、遊んで
いる途中でバラバラになったもの』
だったということです。

 

また、狩りの経験のない室内飼育の
猫でも好みは同様だったとのこと。

 

なるほど。。
良く考えてみればすぐに破壊される
おもちゃは確かに人気がある証拠
ですよね。
でもすぐ壊れちゃうからもっと頑丈
なのを・・という飼い主のケチ心理
がある笑

 

また、心配なのはバラバラになった
破片を食べてしまわないか?という
こと。

 

半分くらいの大きさになったトンボ
おもちゃとかの破片がその辺に
散らばっていることもあれば、
あれっ?ないぞ・・ってことも
ありますよね。

 

ただ、ウチの愛猫たちに限っては
誤って飲み込んでしまうことは
あったにしてもわざわざ食べようと
していることはなかったですし、
破片も小さなものですから、それが
何かしら悪影響を与えたということは
これまでなかったですね。

 

でも子猫やいろんなものを食べてしまう
クセのある子はやはり注意が必要かな
と思います。

 

猫の誤飲で危険(腸閉塞など)なのは、
ヒモとかゴムとかビニールなどの
ひょろ長いものがほとんどなので、
それさえ注意しておけば大丈夫だと思いますが。

猫の誤飲について!プラスチックやアルミホイル,おもちゃなど!

また、基本的におもちゃで遊ぶとき
には飼い主さんが一緒ですから、
ある程度ハッスルして破壊して満足して
いるようなら、途中で取り上げてしまって
いいと思います。

 

ちなみにウチの愛猫たちが一番好む
のが『カシャカシャぶんぶん』です。

これって、トンボとか蝶々とか
あとは少し形状が違ったり、持ち手
の棒の長さが変えられたり、棒が
びよ~んってしなったり、先の虫の
部分だけの付け替えがあったりと
メーカーによって数種類のパターンが
あるんですけど、基本的にこのシリーズ
はどれも好きですね。

 

ただ、ほとんどの場合1回の遊びで
破壊されます。
羽根がもげ、胴体が半分になり・・
だからもたないんですよね~
非常にコスパが悪いというか笑

 

これって高いものだと500~600円
くらいするのもあるんですよ。
それ毎回破壊されるとちょっとね・・ってw

 

でも猫にとっては、やはりそれが
いいんですね~。
本気で狩りしてるんですからコスパ
とか言ってちゃダメですかね笑
猫の欲求を満たしてあげるのも飼い主
の役目ですし。

 

そして、どんなに好みのものでも
すぐ飽きてしまう場合には、途中で
違うタイプ(見た目、形状)のものに変えて
また遊んであげる必要があります。
(飽きたおもちゃばかりで欲求が
満たされないまま遊びが終わって
しまうと不満がたまりストレスになります)

 

猫が集中して遊ぶのは長くても15分程度
ですから、その間に2種類くらいで遊んで
あげるといいですね。
(特に若くて元気な子の場合は)

 

また、思いっきり遊ばせたい場合
には、食後ではなくあえて空腹時に
遊ばせるのがいいですね。
良い運動にもなります。(特に肥満気味の
猫さんには)
ただ、おもちゃを食べてしまうような子
はやめた方がいいです。

 

・・っというわけで、猫が好む
おもちゃの参考条件をもとにお店に
行って愛猫さんに合ったおもちゃを
いろいろと探してみてくださいね!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 子猫の口臭が気になる!考えられる原因や対処法とは?
  2. 猫の避妊手術!腹腔鏡手術の費用やメリットデメリットなど!
  3. 小笠原のねこ待合所とは?ネコと野生動物を守る取り組み!
  4. 子猫を飼う!安全や健康に配慮した過ごしやすい環境作りを!
  5. 猫や犬から感染?コリネバクテリウム・ウルセランスの予防法!
  6. 子猫を保護したら?授乳や排泄など育て方~成長するまで!
  7. 猫のマイクロチップ!安全性(痛みや副作用)と入れる場所や方法!
  8. 野生化した猫が悪魔になるとき!世界自然遺産に与える影響!
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

わが家の女王猫たち

猫の島

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP