介護や看護

高齢猫(老齢)の匂いの異常や変化の原因と対処法について!

 

歳をとれば体の衰えやさまざまな
不調などが増えてくるのは人も猫も
同じです。

 

特に人の何倍もの速度で歳をとっていく
猫の場合は、あっという間に高齢と
言われる年齢になっていき、それに伴い
老化を感じさせる変化が増えてくると
思います。

スポンサーリンク


高齢猫に見られる変化は、外見上、
また内面にも色々と現れてきますが、
個体差もありますし、猫の場合は、
見た目では年齢を感じさせない子も
多いです。

 

本来、群れを作らず単独で狩りをして
生きるネコ科動物ですから、老いなど
見た目の衰えは他から狙われやすくなる
ため、特に外見上は老化を感じさせない、
分かりにくい生態となっているようです。

 

そこも群れを作って生活する犬とは
大きく違うところですよね。

 

それでも、一緒に暮らす飼い主さんで
あれば、さまざまな場面で愛猫の老化を
感じるようになるはずです。

 

老化によるもの?
それとも病気?
なんて心配になることもあると思います。

 

老化の徴候もいろいろですが、
こちらでは、割と分かりやすい高齢猫の
匂いの変化や異常について、また対処法
などをまとめてみましたので参考にしてください。

 

<高齢猫の匂いの変化と原因について>

 

猫は、本来ほとんど動物臭というものを
感じない動物です。

 

真性肉食動物なので排泄物の臭いは強烈
ですが、特にシャンプーやお手入れを
しなくとも健康な猫であれば嫌な臭いは
一切しません。

 

これには、待ち伏せして狩りを行うと
いう習性が関係しており、自分の臭い
を獲物に嗅ぎ取られて逃げられるのを
防ぐ気付かれずに接近するために
体臭が少なくなっているのです。

 

また、さらに自分の体臭を消すために
常にグルーミング(体を舐めて毛づくろい)
をして、付着した汚れや抜け毛なども
取り除くのが習慣という本能もあるため、
ほとんど匂いというものが気にならない
動物なのです。

 

しかし、猫も高齢になってくると
それまで感じなかった体臭や異臭を
感じるようになってくることがあります。

 

それが、単に加齢からくるものか?
それとも病気などの何かの異常から
来るものか?

それによって対処法も変わってきます。

 

ですから、まずは猫が年齢と共に
匂いに変化が起きる原因を知ることが
大事です。

 

猫が高齢になってきて、それまでとは異なる
臭いが出てきた場合、それは大きく分けて

*加齢に伴うもの

*病気によるもの

が挙げられます。

 

【加齢に伴う臭いの原因】

 

猫は人とは違い、体に汗をかかないため、
汗や皮脂の酸化が原因のいわゆる『加齢臭』
とされるものはありません。

 

ただ、猫も高齢になってくると、
活動量が減り、寝ている時間が増えてきます。

 

そしてそれに伴い、グルーミングをする
時間も減ってきます。

 

そのため、体に付着した汚れや抜け毛、
排泄後の陰部周辺の汚れなどがそのままに
なってしまうことで臭いを発してくることがあります。

 

また、高齢猫の多くは関節炎を患って
いるとされています。

猫の痛みのガイドライン~愛猫の関節炎の兆候を見逃さない!

猫は、関節炎の痛みがあっても、
よほど病状が進行した状態でなければ
跛行(ビッコをひく)や痛がる素振りを
見せたり、歩き方に異変が見られたり
などはありません。

 

また、良く観察してみると高い所への
上り下りの際などになんとなく躊躇する
ような行動が見られたり、歩き方が
少し変わっていたりするようなこともあります。

 

そして、外見上の行動変化は見られなく
とも、関節炎の痛みがある場合、体や関節
を動かすのを嫌うようになるため、ジャンプ
などはもちろん、グルーミングも減って
きます。

 

高齢猫で動かなくなるなどの行動変化の
原因の一つは、単なる老化現象ではなく、
関節炎によるものが多いとも考えられています。

スポンサー リンク


【病気による臭いの原因】

 

前述した加齢に伴う臭いの原因は、
猫自体のセルフグルーミングが減ること
によって発する臭いですが、セルフ
グルーミングが減るのには、加齢だけ
ではなく、上記に挙げたような関節炎
を含む他の病気による不調が原因にもなります。

 

そしてその他、病気によって体の中
から生じてくる異臭もあります。

 

特に高齢猫で多いのが、

【慢性腎不全】

【口腔内トラブル(口内炎や歯周病など)】

によるものです。

 

『慢性腎不全による体臭や口臭』

猫の慢性腎不全は、死因のトップにも
挙げられるほど、高齢に伴って増えて
くる病気です。

 

ただし、進行がゆっくりなこともあり、
急激な症状が現れないため、病気に
気付かない場合、またその症状が加齢
による衰えだと勘違いされることが
多いです。

 

分かりやすい症状は、

*多飲多尿
*嘔吐
*食欲不振
*体重減少

などですが、腎不全の悪化に伴い、
腎臓の大事な働きである体内の老廃物
の除去(尿として体外へ排泄)機能が低下
するため、体内に老廃物(尿毒素)が
溜まっていきます。

 

この老廃物が体臭や口臭となり、
異臭を放つようになります。
そして、慢性腎不全が原因の臭いの
場合、アンモニア臭です。(オシッコの
ような臭い)

猫の腎不全と口臭や体臭の関連性!体の状態や対処法など!

 

【口腔内トラブルによる体臭や口臭】

猫も高齢に伴い、口の中のトラブルが
増えてきます。

 

ハミガキなどの歯のケアを行って
いないと、歯垢が溜まり、やがて歯石
となり、歯肉炎や歯周病を起こし、
そこから異臭を放つようになります。

 

また、猫では難治性の口内炎も多く、
この場合、完治が難しく常に口内に
激しい炎症がある状態で、異臭を
放ちます。

 

猫は、犬と違い口をあけて呼吸したり
ハーハーと舌を出して体温調節する
こともほとんどないため、口臭が
あっても気付きにくいのですが、
口腔内にトラブルが起きると痛みの
ために口をちゃんと閉じることができなく
なったり、ヨダレが出たりするため、
口臭が分かるようになってきます。

 

また、口からヨダレを垂らすことなど
から、それが体(被毛)に付着する
ことで口からだけではなく、体からも
臭いがしてくることもあります。

 

さらに、その口でグルーミングをする
ことによっても、体全体にその臭い
が移るため、体臭のように異臭を放つ
こともあります。

 

口腔内トラブルによる異臭は、
腐敗臭です。(腐った生ゴミのような臭い)

高齢猫の口臭や口内炎,出血やよだれなどの原因や治療法は?

 

<高齢猫の異臭の対処法について>

 

加齢に伴い、さまざまな病気のリスク
も高くなってきますので、何らかの
異変を感じたらまずは受診して健康診断
を受けましょう。

 

高齢猫で増えてくる病気の多くは
完治が難しいものが多いですが、適切
な治療を行えば、症状の軽減、また
進行を抑制することも可能ですので
それによって臭いの軽減にもなります。

 

そして、セルフグルーミングが減って
くるのはしょうがないことですから、
体の汚れや抜け毛のケアは飼い主
さんが手伝ってあげましょう。

 

ブラッシングで抜け毛を取ってあげた
後で、蒸しタオル、もしくはぬるま湯
を絞ったタオルで体を拭いてあげましょう。

 

シャンプーなどは体力を奪いますし、
基本的に猫は水に濡れることを嫌がり
ますので、特に高齢になっている
猫さんの場合、シャンプーは控えましょう。

 

排泄物などどうしても汚れがひどい
場合には、部分的に洗う程度にしましょう。

 

また、消臭剤やドライシャンプーなどを
使う場合、成分をしっかりと確認しましょう。
ペット用の消臭剤などは舐めても大丈夫と
なってるものがほとんどですが、成分
によっては控えた方が安心なものも多いです。

 

特に体に使う場合には、注意しましょう。
エタノールや添加物が入っているもの
は避けましょう。

 

このようなタイプものもは安心です↓
『ナノウェルドライシャンプー』

 

また、長毛の猫さんなどはお手入れが
楽なように毛を短めにカットしておく
のもいいですね。
(冬場などは短くしすぎると寒いので注意。)

 

口腔トラブルによる口の炎症が
ひどい場合には、自宅でのケアは
難しいですから、治療法も含め、
動物病院に相談してください。
(口の周りの汚れを拭いてあげるなど
はできますが、痛みがある場合は触られる
のを嫌がります)

 

高齢になった愛猫のさまざまな変化や
不調を見ているとなんだか寂しいような
悲しいような感情が出てくると思います。

 

でも、それが十数年の寿命の猫という
動物であり、その生き様を最期まで
責任持って面倒を見て、見届けてあげる
のが飼い主の責任です。

 

愛猫の老後は、少しでも苦痛なく楽に
過ごさせてあげたいものですね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 猫がタバコを食べた!?中毒症状や致死量について!
  2. 猫の認知症にサプリの効果は?早期の対策で進行を遅らせる!
  3. 猫の老化は何歳から?症状,兆候を外見や行動からチェック!
  4. 猫の突然死(急死)!心筋症や甲状腺機能亢進症、腎不全の場合!
  5. 子猫のミルクボランティアとは?小さな命をつなぐリレー!
  6. 猫が老衰で歩けない,動けない,寝たきりの介護や看病について!
  7.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

わが家の女王猫たち

猫の島

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP