toletta使用レポート~かまくら届くがうるこは頑なに拒否編~!

爪切りはと~っても大人しく
一切抵抗せず、されるがままの
うるこさん。
(ちなみにぽちゅこさんは爪切り大暴れ)

 

しか~しトイレのこだわりだけは
譲れにゃいっ!
ってな感じでしょうか。。
tolettaへのトイレ移行なかなか苦戦
している我が家です^^;

スポンサーリンク


お待ちかねのトイレカバーボックスの
『かまくら』がとっても大きなダンボール
で昨夜届きました~~。

 

不審物チェック担当はぽちゅこさん
(ちなみにこの時うるこさんは
こたつの中で爆睡中~出てきやしないw)

組み立ては不要なのでそのままの
カタチですっぽりと入っておりました↓

なかなかごっついw

天井だけは取り外しができるので
開けるとこんな感じ↓

 

奥の丸い穴はコンセント出し用~。
tolettaのコードも問題なくスルッと
出せちゃう↓

 

早速、もう一つのtolettaを設置!
まさにジャストサ~イズ♪↓

電源入れてLEDライト点灯すると
こんな感じ↓
中はけっこう明るくなる。

なんか囲ってある分、余計に中が
明るい感じが。。

夜はどうなるか?と部屋の電気を
消してみると・・↓

入り口ならしょうがないけど・・
上から明かり漏れとるやないか~い!

上蓋の取り外しのところが少し
隙間開いてるんですよね。
また、カーブのところもヒノキを
継ぎ合わせて丸くしてあるんですけど
その間もビミョーに隙間がw

 

ま~しょうがないか。。
その程度なら。

 

そのまま設置して様子見・・

ぽちゅこ現る↓



tolettaINかまくらに入るもとりあえず
何もせずに退散!

 

部屋の電気は薄暗くしてある状態
なんですけどやっぱり囲まれてるからか?
中は非常に明るく、画像も昼間のように
鮮明です。

 

囲いがないtolettaで夜の薄暗い部屋の
場合、撮影された画像はこんな色合い↓
なので囲われてると中はかなり明るい
のが分かりますよね。

 

デーンとかまくらが現れただけでも
インパクト大なのでその中にtolettaで
尚且つ煌々と明るかったらうるこは
またもや不信感満々になるなと思い・・
まずは馴れるまでtolettaの電源入れず
暗いままでフツーの囲われたトイレと
して馴れてもらおうとコンセント抜く!

 

しかしうるこ・・
何かの陰謀を察知したのか?
全く入ろうとせず・・
上には乗るが中は無視・・的な^^;

 

ん~~。
なかなかしぶといヤツめ。。

 

なんかここんとこ色々とバタバタして
たから・・かなり敏感に神経質になってんのかな~~?

 

ぽちゅこはその後2度ほどかまくらの
tolettaでオシッコしたのを目視で確認!
でもぽちゅこもそっちのtolettaに
しか入らなくなったのでやっぱり
ライト点いていない方がいいのかな~~?

 

とりあえず既存のトイレも場所を
変えて置いてあるからうるこは
そっちにしか行かない。
ぽちゅこもウンチはそっち。

 

最初に設置した電源入れてライト点いた
tolettaには誰も入らなくなったから・・
出先でアプリチェックするも
猫が入ったよ~ってお知らせも来てない
から寂しい。。^^;

 

しかも!今日帰ってきたら、
うるこさんがメチャメチャそわそわ
してて、既存のトイレの前でウロウロ・・

 

見てみたらぽちゅこのウンチが
あって・・きっとそれがイヤで入ろうか
どうしようかウロウロしていたみたい。

 

tolettaは両方キレイなのに
それでも入ろうとしない。
そんなにイヤか・・

 

そこで私・・
こっちがキレイだよ~って
かまくらtolettaにうるこを入れようと
したら、断固拒否!
逃げたww

 

しょうがなく急いで既存のトイレを
掃除したら即うるこIN!
モリっとウンチをして出ていきました~~

 

ふ~っ 悲しくなってきた母ちゃん^^;

 

猫砂がイヤなのかな~?
全部イヤなのかな~?
母ちゃんキライなのかな~?w

 

さて・・どうするか。
こうなったら既存のトイレを強制撤去
するしかないかな~~。
でも可哀想だな~~(人には厳しいが
猫にはめっちゃ甘い母ちゃんw)

 

ん~ 強制撤去はまずお休みで私がずっと
家にいるときにしよう。不安だから。。

 

それにtolettaの電源入れたら
かまくらも出入り口にカーテンでも
付けないとけっこう明かり漏れるから
寝室だとキツイな~。。なんて。
上の隙間程度なら大丈夫だけどね。

 

なんだかいろいろ前途多難だにゃ^^;

 

タイミング見て強制撤去を実行したら
また経過報告しますにゃっ^^

#toletta

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です