猫のニュース・エンタメ

猫カフェでパルボ発生の原因とは?管理体制やワクチンは?

 

ビックリです。

猫カフェでパルボが・・という情報が
snsで拡散されていたのは知っていました
が、そのお店がまさか『MOCHA(モカ)』
さんだとは!!

 

『MOCHA(モカ)』さんと言えば、
お洒落すぎる猫カフェとして有名で
東京をはじめ、各地にも店舗を増やして
いる会社さんですね。

スポンサーリンク


どこの店舗もとってもオシャレで
広々として、とても猫カフェとは
思えないステキな店舗です。

 

また、『MOCHA(モカ)』さんの
猫さんたちはほとんどが、純血種の
猫さんたちですよね。
だから長毛の子も多く、それがお店の
雰囲気に相まって余計にゴージャスに
見えるような感じがします。

 

見た感じでは衛生面にも注意を払って
おられ、清潔な空間を維持されて
おられるような感じに見えましたが・・
まさかパルボとは。。

 

猫パルボは感染力が非常に強いです。
感染猫の糞便や嘔吐物などに主に
ウイルスは含まれますが、猫の場合
グルーミングで体を舐めるため、
基本的に感染猫は体中にウイルスが
付着しています。

 

そして、パルボに感染すると激しい水下痢、
血便、嘔吐を頻繁に繰り返しますので
それらが飛び散るため、完全な隔離が
必要になります。

 

また、潜伏期間があるため、異変を
感じ、検査で陽性が出たときにはすでに
遅く、周りの他猫にも感染していると
いう状況になります。

 

そして、致死率の高い病気です。
治療しなければほぼ100%で助かりません。
また、治療しても特に体力のない子猫
などでは、助からないことも多いです。
成猫であれば50%程度の確率で助かります。

 

ですから、ペットショップなども
そうですが多くの猫を扱う場所では
非常に神経質にならなくてはいけない
病気です。

 

ではなぜ、『MOCHA(モカ)』さんで
パルボが発生、感染が拡がったのか?

 

”7月26日深夜、立川店の猫2匹の体調に異変
がみられ病院で受診したところ、猫パルボ
ウィルス検査で陽性と診断結果が出た。
同月27日、28日にも他の猫の同ウィルス感染
が発覚し、8月1日までに合計で5匹の猫が
同ウィルスに感染、死亡した”

とのことです。

 

そして、
”全猫に対し生後2~4ヶ月間と毎年1度の
ワクチン接種、提携獣医師による回診など
を行ってきたと”

と説明されています。

 

これが本当であれば、ちょっと怖いですね。

 

猫のワクチンは通常、
生後2ヶ月目に1回目の接種、3ヶ月目に
2回目の接種、その後は1年ごとに追加
接種というのが一般的です。
(子猫時には3回接種を推奨する病院もあります)

 

ですから、それをちゃんと行っていて
パルボに感染したとすれば、ワクチン
が効いていなかったことになります。

 

ただ、子猫のうちは母猫からの免疫を
もらっていて、病気にならないように
なっています。
この免疫が切れてくるのが生後2~3ヶ月
ですのでその時にワクチンを打つのですが・・

 

この母猫からの免疫がなくなるのには
個体差があります。
一般的に8~9週とは言われていますが
もっと長い子もいる可能性は否定できません。

 

免疫が残っているときにワクチンを
接種してもワクチンの効果はありません。
そのために子猫のときには2回打つの
ですが・・

 

もしかしたら、ワクチンを打った時点で
まだ免疫が残っている猫さんだった
可能性が考えられます。
ワクチンが効いておらず、その後免疫も
切れて無防備な状態だった・・

 

もしくは、2回接種していたとしても
1回目は免疫が残っている状態で
実質、ワクチンは1回分しか効いて
おらず、パルボに対する十分な免疫を
付けることができなかった・・

 

特に、子猫の流通ルートにおいて
ブリーダーなどは早めにワクチンを
売って出荷(販売)する傾向にあります。
しかし、早い時期だと免疫が残っていて
効いていないわけで・・
その直後に切れた場合には次のワクチン
接種(3~4週後)まで無防備な状態に
なるのです。

 

ここで感染してしまうというのが
非常に多いです。
そして、この時期はちょうど
ペットショップなどにやってきて販売
される時期です。

 

そこで発症、同じく無防備な状態の
子猫に一斉に感染・・
という恐ろしい状況が起こるわけです。

スポンサー リンク


『MOCHA(モカ)』さんで最初に感染した
猫さんたちの年齢が分かりませんが、
もしかしたら生後1年未満の幼猫だった
のかな~?という気がします。

 

お店に入ってきて日も浅く、
入荷先からパルボを持ってやってきて
お店で発症・・
(潜伏期間1週間前後)

 

もしくは、
子猫のときのワクチンで免疫が付いて
おらず、年に1回の追加接種までの
間であり、無防備な状態。
ウイルスは外部から入ってきて感染。

 

そんな感じかなと。
ま~そう考えると絶対にありえない
話でもなく、徹底管理していたつもり
でも防ぎきれなかったというのは
分からなくはないです。

 

ただ、問題なのは、他猫に感染が
拡がったということです。
要は他猫もワクチンが効いていない
状況の猫さんたちが居たってことですよね・・

 

これは、ワクチンは100%の効果という
ものでもなく、ワクチンの効果について
も個体差もあるため、ちゃんと1年に1回
ワクチン接種をしていたとしても絶対に
感染しないとは言い切れません。

 

また、多頭飼育の猫さんたちは、
ストレスも多いため、免疫力が落ちやすい
傾向にあり、病気への感染のリスクも
高いと言えます。

 

ですから、ワクチン接種済みの成猫で
あっても、同空間でパルボが発生した
とすれば、隔離して徹底的な管理を行う
必要があります。

 

潜伏期間があるため、もし感染したと
しても早い段階でインターフェロンなど
の抗ウイルス剤を接種すれば発症を
防げる可能性も高いです。

 

また、パルボを発症した猫さんが
いたその店舗全空間にウイルスが
巻き散らかされていると考えるのが
普通であり、それを完全に消毒するの
には、時間も日数もかかります。

 

パルボは一般的なエタノールなどの
消毒薬では効きませんので、特に布製品
などの場合には、最悪捨てるくらいの
覚悟が必要です。

 

ですから、1頭でもパルボ感染が
分かった時点で、残りの猫1頭1頭の
感染予防、完全隔離、そしてその空間の
徹底消毒、封鎖が必要になります。
そのくらい怖い病気ですパルボは。

 

即座にこれをせずに、通常通り営業を
していたというところがまず猫を
扱う業者として失格ですね。

多数の猫さんを飼育する上で
一番あってはならないのがそこです!
甘い!としか言いようがない。

 

そのせいで被害に遭うのは、
何の罪もない猫さんたちです。

猫のパルボウイルス感染症の原因や症状,治療にかかる費用は?

ま~、その後、関東全店を臨時休業、
事態の収束に尽力されておられるよう
ですので、一刻も早く猫さんたちが
安全な飼育環境で暮らせるようになって
ほしいですね。

 

また、これは他の猫カフェをはじめ、
多数の猫を飼育する施設などでも良い
教訓になると思いますが、そのような
施設の場合、

*子猫のワクチン接種を3回に徹底する
(生後4ヶ月で最終接種後、ワクチン効果が
出るまで2週間経つまで他猫とは隔離)

*成猫のワクチン接種を1年待たずに
追加する(ストレスによる免疫低下を
考慮に)

などの対策を考える必要があるのではと思います。

 

また、猫カフェに遊びに行くお客さま
たちも自宅で猫を飼育している場合には、
ワクチン接種を徹底しましょう。
完全室内飼育のネコさんでは、ワクチン
接種されてない方も多いようですが、
ウイルスはどこから入ってくるか分かりません。

 

もし、ワクチン接種していてパルボに
感染したとしても、ワクチンの効果が
あるため、重症にはならないことが
ほとんどです。
必ず年に1回の接種を心がけましょう。

 

外出先で他猫に触れた場合、手洗いや
消毒が推奨されますが、今回の猫カフェ
のような状況では、衣服などすべてに
ウイルスが付着していると考えてくださいね。

ちなみに今回パルボが発生した
『MOCHA(モカ)』立川店では、

”立川店にご来店いただきましたお客様
の飼われている猫が猫パルボウィルス
に感染していた場合には、当社が責任
をもって治療費を負担させていただきます”

とのことです。

 

パルボウイルスの発生もその時その時で
非常に威力の強いウイルスの時と少し
弱い場合があります。
今回は感染が分かってから6日ほどで
ワクチン接種済の成猫を含むと思われる
5頭がすでに亡くなっているため、非常に
強いウイルスなのではないかと予想します。

 

*追記:
『MOCHA(モカ)』立川店さんの猫たちは
全頭生後1年未満の子猫だったようですね。
なおさら、1頭1頭の徹底した管理が必要
な状況だったわけですから、管理体制の
甘さを指摘されても当然ですね。
生き物を扱うという責任が全く分かってない・・

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 猫目線の動画ストリートビュー!国際的な広告賞ブロンズ受賞!
  2. 奄美のノネコ殺処分減少に?不妊手術を無料で行う専門病院が!
  3. 小笠原で捕獲される野生化した猫の大多数が黒ネコなのはなぜ?
  4. 岩合光昭写真展2019開催日程や場所まとめ!世界ネコ歩きなど!
  5. 猫の日は谷中で!カフェやグルメ,グッズに人力車まで猫付き!
  6. 佐賀の猫カフェ・保護猫カフェ!コロンや鳥栖の結cafeの詳細!
  7. 猫と一緒にヨガ!?保護猫カフェ「猫式」の猫ヨガが話題♪
  8. 猫カフェ山形・新庄!もふもふの可愛いねこ達に癒される♪
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

わが家の女王猫たち

猫の島

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP