猫のニュース・エンタメ

奄美のノネコ殺処分減少に?不妊手術を無料で行う専門病院が!

 

アマミノクロウサギなどの希少動物を
襲うとしてノネコの一斉捕獲が始まった
奄美大島。

 

世界自然遺産登録を目指す奄美大島に
とっては、そこにしか生息しない希少種
を守ることは急務のようですね。

スポンサーリンク


しかし、その希少種たちが減少している
のはノネコ(野生化した野良猫)だけが
原因ではないはずですが・・

 

ノネコに捕食されるアマミノクロウサギ
などの映像が捉えられていることから、
まずは増えすぎたノネコを何とかしなくては・・

 

っということで、環境省が県や地元の
市町村と作った『ノネコ管理計画』に
基づき7月17日からノネコの捕獲を
はじめたわけです。

 

<始まった『ノネコ管理計画』>

 

捕獲されたノネコは、1週間を目処に
譲渡先(引き取り手)が見つからない場合
には殺処分となります。

 

つまり、はじめから殺処分ありきの
計画ですね。

 

一般的な野良猫でさえ、人に馴らすのに
数週間~数ヶ月の馴化期間が必要に
なります。
今はテレビ番組などでも保護猫の件が
よく取り上げられていますが、いずれも
人馴れしていない猫を馴らすにはかなり
の時間を要してますよね。

 

それをさらに野生化したノネコが1週間
やそこら保護したところで馴れるわけがない。

 

そんな猫を一般家庭で引き取ろう
なんて思う人は皆無でしょう。。

 

保護猫団体などであれば、そのような猫
たちでも時間をかけて馴らすように飼育
していくことは可能でしょうが、どこも
もう手一杯のようです。

 

つまり、99%は殺処分になる可能性が
大だと思われます。
現状でノネコの生息数は600~1000頭
とされています。ある意味大量殺生ですね。

 

っとま~これに関しては、賛否両論が
あるのは分かっていますし、この計画が
持ち上がった時点で反対の署名などの
活動もありましたし・・
しかし計画は進み、始まったわけですから
もうそれは仕方のないことなのでしょう。

 

この件を考えると何ともやりきれない
気持ちになるのでその後は触れない
ようにしてきましたが・・
殺処分減少のために、奄美大島に
猫の不妊手術を無料で行う専門病院が
できるということで少し救われた気持ち
になりました。。


出展:https://prtimes.jp/

要は、ノネコの発生源である野良猫
の不妊手術を徹底することで、ノネコの
数を減らしていこうということです。

 

ノネコを捕獲して駆除という計画は、
10年間で計画されています。
年間300頭を目指すということですが、
当然、一度に全頭捕獲できるわけでは
ないので、猫の繁殖力を考えれば、捕獲
しても捕獲しても残りが繁殖を繰り返す
わけで、減らないですよね。

 

だから、『ノネコ管理計画』でも10年間
3,000頭のノネコを捕獲、殺処分する
計画となっています。
現状で600~1,000頭なわけですから、
10年間で増える分もしっかり頭数に
入れられているわけです。

 

ノネコは元は人に飼われていた猫や
民家近くで暮らす野良猫が完全に野生化
したものです。

 

ですから、ノネコをいくら駆除しようと
人の生活環境で暮らす野良猫、また
外出する飼い猫が子猫を産んでしまうと
ノネコが減ることはないわけです。

 

つまり、殺処分は10年どころではなく、
ず~っと続く可能性があるわけです。

 

今は、完全室内飼育の猫が多くなって
きていますが、やはり田舎の方や自然が
多く残る場所などでは、猫は自由に外に
出て・・という飼いかたをされている方
も多いですよね。

 

それでもしっかりと不妊手術を施して
いれば良いのですが・・
そうではない場合が多いから、このような
問題が起こっているわけですからね。。

 

これを食い止めるために、野良猫の
徹底したTNR(捕獲、不妊手術、戻す)を
行うべく、公益財団法人のどうぶつ基金
が奄美大島に作ったのが
『あまみのさくらねこ病院』
2018年8月15日オープンです。

スポンサー リンク


<『あまみのさくらねこ病院』とは?>

 

あまみのさくらねこ病院は、通常の
動物病院とは異なり、猫の不妊手術
(オスは去勢、メスは避妊)、ワクチン、
ノミダニ駆除を無料で行うボランティアの
専門病院です。

 

そのため、一般的な病気の診療などは
ありません。

 

~不妊手術の流れ~

基本的には、まず前日までに電話で予約です!

ただし、野良猫の捕獲の場合は予定通り
には行かないこともあるため、当日の朝
でも可能であれば受け付けてもらえます。
(予約が優先なため、無理な場合は他の日
になるため、一旦持ち帰るか入院となる場合も)

 

手術当日は、受付9:00~11:00に
連れて行きます。(手術前日の22:00以降
は食事を与えない)
必ずケージやキャリーに入れて連れて
いきます。

*段ボール箱は不可。
*捕獲器の貸し出しもあり(無料)
*キャリーの場合は、洗濯ネットに入れてから

手術とワクチン接種、ノミダニ駆除薬
の塗付が行われます。

 

退院(お迎え)は、翌日(9:00~11:00)と
なります。(基本的に1泊入院)

 

無料対象の猫は、費用は一切かかりません。

『無料対象の猫』

*野良猫
*保護猫(里親探し目的で一時保護)
*飼い猫(多頭飼育など事情がある場合)

 

『その他』

*手術可能な最少体重は700g。

*手術を行うすべての猫に耳にV字の
切れ込み(さくらねこ=手術済みの証)
が入れられます。

*妊娠している場合は、堕胎となります。
(子猫ごと子宮を取り出す)

*預かり中に出産した場合、母猫、子猫
ともに手術依頼者の引き取りとなります。

*身分証明書の提示が必要です。

 

その他、詳細は以下にお問い合わせください。

『あまみのさくらねこ病院』

鹿児島県奄美市名瀬港町24-25
0797-57-1215

手術予約、お問い合わせは電話にて。

 

少しでも殺処分される猫が減ることを
願うばかりです。。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 長崎のネコ駅長は地域猫のネルくん!利用客を和ませ人気者に!
  2. ツシマヤマネコ(絶滅危惧種)の生態や特徴!イエネコとの違い!
  3. 口ドン&激萌え&衝撃など話題の面白い猫動画で…
  4. 世界37ヶ国を旅したクロネコとは?飼い主といつも一緒♪
  5. 猫のテーマパークin関東,東海!施設情報やオススメなど紹介!
  6. 長寿猫!ギネスに登録された世界最高齢のシャム猫が死亡!
  7. マヌルネコが人気!ブサかわ代表の希少ヤマネコの生態や特徴!
  8. 猫の日2019キャンペーンいろいろ!グッズやスイーツなど登場!
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

わが家の女王猫たち

猫の島

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP