猫のニュース・エンタメ

優良ペットショップの認定基準や制度とは?殺処分ゼロへ向け!

 

犬を飼うならペットショップや
ブリーダーから・・
というのが一般的ですよね。

 

猫の場合には、純血種が飼いたい場合
にはやはりペットショップやブリーダー
などからですが・・

 

ただ、猫は雑種の方が多いですし、
こだわりがなければ野良を拾ったり
保護したりからそのまま飼い猫に・・
また、知人のところで生まれた子猫を
譲ってもらったり・・などというのも多いですね。

スポンサーリンク


ペットショップとブリーダー・・

基本的に昔は、ブリーダーのところで
生まれた子犬や子猫を市場のような
ところに集められ、そこにペットショップ
が買い付けに行き、それがお店で売られ、
私たち消費者が購入するという流れが
一般的でした。

 

ただ、近年はブリーダーが直接販売を
しているところが多くなってきましたね。

 

間に卸業者やペットショップを通さない
方がブリーダー側も高く売れるし、
消費者にとっては安く購入できる
というメリットもあります。

 

また、不特定多数の子犬子猫が集まり、
病気の蔓延の心配がある環境に身を
おかなくて済むため、子犬子猫も
健康なまま引き取ることができます。

 

実際、ブリーダー→卸市場→ペットショップ
という流通過程で多くの子犬子猫が命を
落としているのが現状です。

 

母犬母猫から早期に引き離され、
ワクチンの効果もほとんど期待できない
生後2ヶ月前後の時期にそのような環境下
に置かれるとさまざまな感染症にかかる
リスクは非常に高いですから。

 

また、今は自家繁殖でペットショップ
を経営するブリーダーも多くなっています。

 

ただ、この犬種、猫種が飼いたい!
と決まっているのであれば、ブリーダー
から直接でもいいですが・・そうで
ない場合には、いろんな種類の犬猫を
見てから決めたい!と思う方も多いですよね。

 

その場合にはやはり、多種を常に
陳列するペットショップを見に行きたく
なりますし、そこで一目惚れして購入
してしまう・・ということもあると思います。

 

ただ、近年は犬猫の殺処分や、悪質な
ブリーダー、パピーミル(子犬工場)、
引取り屋、などの問題からペットショップ
のイメージは悪くなっているのは事実です。

 

ペットショップで買う人がいるから、
次々に子供を生まされる犬猫がいる・・
(劣悪な環境下でゲージに閉じ込められ、
ただ産むだけに飼育)

人気の犬種や猫種は遺伝性疾患も
考慮せず、過剰に繁殖させる。。
(それゆえ、先天性疾患を持った子犬や
子猫が増える)

そして産めなくなったら(繁殖能力が
なくなったら)母親は引取り屋に・・

ペットビジネスの闇!空前の猫ブームの裏ではびこる引き取り屋!

表向きのペットショップだけ見ている
と裏で起きているこれらの事は分かり
ませんよね・・
近年はクローズアップされてきていますが。。

 

その一方で不要になったから・・
飼えなくなったから・・と無責任な飼い主
が捨てたり、保健所に持ち込んだりで
殺処分となる犬猫が年間数万頭・・という現状。。

 

この矛盾をなんとかして殺処分を
無くそう・・という取り組みが拡がって
きているわけです。

 

そして犬や猫を売るペットショップに
ついてさまざまな問題提起がされる
ようになり、法改正や各地域の自治体
などが独自にそれらについて取り組みを
はじめてきています。

 

ペットショップが全て悪いということ
ではありません。
また、ペットショップという商売を
否定する気もありません。
ただ、実際に悪質なペットショップ
も多いのは事実です。

 

そもそも卸市場で仕入れた子犬子猫
には病気のリスクが非常に高く、
また成長過程で分かる先天性疾患も
多いわけですから、それを扱うショップ
側にもリスクは大きく、その責任もあります。

 

しかし、それらについて責任を
取らないショップもいまだ多いようですね。

 

病気の子犬子猫を平気で売る。
保障付きと言いながらも条件によって
治療費を出さない。
飼い主との話し合いで解決しないことも多い。

 

命を扱う責任&販売という点で言うと
ペットショップ側が仕入れる子犬子猫
をしっかりチェック、良質なブリーダー
か?どんな交配が行われたか?健康
状態に問題はないか?など厳しくチェック
して消費者に販売するのが普通ですよね。

 

しかし、そもそもが仕入先である
卸市場では、詳細は分からず値段と
パッと見で人気種を仕入れてくるのが
普通ですから、一番大事なところの
管理はなってないと言えます。

 

また、売ってしまえばその後にその
子犬子猫がどうなろうと関係ない
わけです。
本来であれば、命の売買には売る方にも
買う方にも相応の責任を覚悟が伴わなけ
ればなりません。

 

しかし、通常ペットショップではお金
さえ払えばその日に購入できてしまう
わけです。(カード払いなら尚簡単に。)
ですから、言い方は悪いですが、
思いつきで買ってしまった・・
勢いで買ってしまった・・なんて人もいます。。

 

簡単な売買で命のやり取りがされるわけ
で、そこには命の重みは一切感じられず
ある意味モノと一緒です。

 

もちろん、すべてのペットショップが
そうとは言いません。
提携しているブリーダーから直で
仕入れたり、状態の良い子犬子猫の
販売に自信を持ってらっしゃるところも
あります。

 

ただ・・残念ながらそうでないペット
ショップがまだまだ多いのが現状です。

 

そして、各地で広まってきているのが
優良ペットショップの認定制度です。

 

どうせ購入するなら、優良なペットショップ
で買った方が安心ですよね。
店構えや表向きでは分からないのが
ペットショップですから。。

 

でも優良ペットショップってどんなの?
何が違うの?どうやったら分かるの?・・

 

そこでこちらでは『優良ペットショップ』
のその基準や認定制度などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<優良ペットショップとは>

 

一般的に良いペットショップ、信頼
できるペットショップは、

*店内が清潔
(臭いはもちろん、隅々まで掃除が
行き届いている)

*ケージ内の子犬子猫の環境
(ケージ内に汚物がない。すぐに清掃する)

*ケージの大きさや広さ
(狭いケージに複数の子犬子猫を入れて
おらず、ペットの大きさに対して十分
な余裕があるケージで陳列)

*営業時間が長すぎない
(長い時間照明にさらされた環境に子犬子猫
を置いているのは健康上良くありません。)

*子犬、子猫の詳細
(生まれた地域、ブリーダーの名前など
しっかりと記載されていること)

*子犬、子猫にベタベタ触らせない
(子犬、子猫に触るまたは抱っこする際に
手指を消毒させるのが普通です)

*生体保障や販売後のケアについて
(どこでも条件付きで生体保障を付けて
いるのが当たり前ですが、保障条件が
が曖昧などあるためそれらが明確なところ。
生体保障は半年~1年、病気の医療費保証
は1~3ヶ月が理想。ただし、指定した
病院以外では適応とならない場合もある
ため、要確認。)

*スタッフ教育
(生体販売を担当するスタッフが
陳列されているすべての子犬子猫、
1頭1頭に対して、出生から種別の
特徴など理解できていること。
何を質問しても的確に答えられること)

などです。

 

ただ、これらはある意味当たり前のことで
これができているから優良というのも微妙
かもしれませんね。
子犬子猫を購入するならこういうショップ
が安心です・・という基準です。

 

これらができていないペットショップは
悪質と言うか論外とも言えます。
しかし、実は多いのが現状です。

 

そして、これら当たり前のことは
もちろんですが、その他にいくつか条件
を満たした店舗を優良ペットショップ
として認定(犬猫パートナーシップ店制度)
する市区町村が増えてきています。

スポンサー リンク


<優良ペットショップの認定基準>

 

各地域によって多少の違いはあるかも
しれませんが、主な認定基準としては
以下になります。

 

『保護犬猫の譲渡の広報に協力』

市に保護されている犬猫を譲渡している
ことを来店客にアナウンスする。
(つまり、犬猫を飼いたいならペット
ショップで購入するだけでなく保護されて
いる犬猫の里親になるという選択肢も
ありますよと。。)

 

これがある意味、ペットショップにとって
は、ダメージですよね・・
自分のところの生体が売れなくなるかも
しれないわけですから。。

 

普通に考えたら、そんなことしなきゃ
いけないなら優良ペットショップに
認定されなくていい!と思うところ
も多いと思います。。

 

ただ、今は仕入れた子犬子猫を売らない
ペットショップなども増えてきています
から、時代の流れとしてはその方向で
いくのかもしれませんね。。
それが当たり前になる日がくるのかも
しれませんね・・日本も。。

 

『マイクロチップ装着の犬と猫のみ販売』

マイクロチップを装着した犬猫しか
販売しない。

 

近年、犬猫にマイクロチップの装着が
勧められていますが、日本ではその
装着率はまだまだです。
認知度をしても低いと思います。
ただ、海外では当たり前の制度となって
いる国が多いです。

 

こんなところも日本はペット後進国
と言われるゆえんでしょうが。。

 

近年は、日本でも自然災害が多く発生
して、迷子になる犬猫が増えてきています
のでマイクロチップの重要性が叫ばれて
いますね・・

 

もちろん、そんな時のためにもマイクロ
チップは有効となりますが、ある意味、
飼い主さんに責任を持たせるためにも
有効と言えます。

 

勝手に捨てたりしても保護されれば
身元が分かってしまうのですから。。

 

動物愛護法が改正されればマイクロチップ
の装着については厳しく義務化される
のではないかと思います。

 

こちらは猫で書いた記事ですが、犬も
同様です↓
猫のマイクロチップ!安全性(痛みや副作用)と入れる場所や方法!

 

『終生飼育を誓約』

販売時に、飼い主となる人に、

*終生飼育すること

*万が一、飼えなくなった場合には
必ず新しい飼い主を探すこと

*飼育可能な住宅に居住していること

を誓約してもらう。

 

これは当然のことですね。
ペットショップうんぬんの問題ではなく、
犬猫を飼おうとする人間の自覚の問題
ですから。

 

ただ、実際に無責任な飼い主が多いため、
売る側から、それらをもう一度念を押して
ください・・ということですね。。

だから講習もしてくれと。。

 

『販売前に講習実施』

子犬、子猫も販売前に飼い主になる人
に適正飼育や義務についての講習を
実施すること。

 

上記の誓約同様、本来であれば犬猫を
飼おうと思った時点でその人が学ぶべき
ことですが・・
実際にはじめて飼う場合などは、
分からないことも多いかもしれません。
また、あらためて覚悟を持ってもらうと
いう意味でもその指導を売る側がするべきだ・・

ということですね。。

 

今や、保護猫の譲渡(里親募集)でも厳しい
条件が設けられています(厳しすぎるという
意見も・・)ので、安易に犬猫を飼わない
ためにも、しつこいくらいの指導が必要と
いうことでしょう。。

猫の里親募集の条件が厳しいのはなぜ?その背景にある問題は?

 

『生後50日齢となった日を記載』

犬猫の生年月日の表示にプラス
50日齢となった日を併記する。

 

これは、生後50日以降経っていないと
販売していけないという規律を守って
もらうということですね。

 

2013年9月1日から、生後56日を経過
しない子犬子猫の販売や展示は禁止と
なりましたが、販売業者などから異議
が上がったりしたため・・そこはゆっくり
順を追って制定していこうとしたようで、

『平成28年8月いっぱいまでの3年間は
制限月齢を生後45日とし、その後は新たに
法律で定めるまでの間は生後49日とする』

となっています。

 

これは特に犬では社会化の時期も
考えると当然と言えます。
個人的には生後60日という規制に
してもいいとすら思います。

 

猫は犬より社会化の時期は早いので
生後50日でもいいと思いますが。

 

そして、これらの基準を満たした
ペットショップが優良ペットショップ
(犬猫パートナーシップ店)と認定されます。

 

現状(2018年7月時点)では全国でも
福岡市と奈良市がこの制度を実施して
います。

 

認定された店舗の目印はこちらの
ロゴマークです。↓

 

<まとめ>

 

ペットショップにとってはなかなか
ハードルが高いですね。

 

譲渡犬猫を広報することで、自分の
ところの生体の売れ行きが悪くなって
しまう可能性が高いわけですし。

 

マイクロチップを入れる費用もお店負担
ですしね。。

 

講習などの指導は、生体を販売する上で
アフターケアも考えれば必要なことです
が、誓約とかになると面倒臭がるお客様
もいるでしょうし。

 

それがイヤで他店舗で購入・・という
ことになってしまう可能性もあるので。

 

商売的(売り上げ)には最初はマイナス
になる覚悟は必要だと思います。

 

ただ、今の流れとしてこのような
制度は今後確実に浸透してきますし、
それが優良店の証となれば生体販売
だけではなく、さまざまな面で信頼の証
となるでしょう。

 

結果、良いお客様が増えて、トリミング
や商品購入などリピートになってくれる
と、商売としてはプラスになってくる
はずだと思います。

 

売っておしまい・・ではなく、
生体を販売することによって、その犬猫
そして飼った人たちまでが幸せになる
ように努めること。
そして、無責任な人間によって殺処分
されてしまう犬猫がたくさんいること
を常に頭に置いて、それらが少しでも
減るように協力体制を惜しまないこと。

 

それができるペットショップであれば
・・・それが認められ広まれば、信頼
を得て、安心してお客様が利用するお店
になるのは自然の流れなのではないでしょうか。。

 

また、消費者もそれらを見極める目を
持つことが必要ですね。
それが不幸な犬猫たちを減らすことに
つながります。

 

生き物はモノではありません。
命を扱う責任、命を預かる責任は
売る側、飼う側どちらもが負わないと
いけないということです。

 

優良ペットショップの認定制度は、
人間の都合で殺される罪のない犬猫たち
をなくすための小さな一歩です。

 

今後、日本中に広まっていくことを
期待したいです。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. Y!mobileのCMで人気のふてニャンの写真集「ふてやすみ」発…
  2. 長寿猫!ギネスに登録された世界最高齢のシャム猫が死亡!
  3. 嘉例川駅のアイドル!観光大使に就任の看板猫の仕事っぷりは?
  4. 岩合光昭氏のスゴイ経歴や名言まとめ!猫とのエピソードも♪
  5. スペインバルセロナにも猫カフェ!海外でも盛んな保護猫活動!
  6. 4つの耳を持つ奇跡の黒猫「バットマン」がスーパーヒーロー!
  7. 伝説の小笠原ネコ!凶暴な野生猫だったマイケルの軌跡とは?
  8. 船に乗れないネコ船長みーちゃんは但馬海岸遊覧船の招き猫!
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

猫の島

ピックアップ記事

症状から見る猫の病気

わが家の女王猫たち

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫の体のしくみ

猫専門病院

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP