猫の関節炎の対策や予防に!おすすめサプリと成分や効果など!

しなやかな身のこなし、抜群の身体能力
を誇るのが猫です。

 

うらやましいくらいの柔軟性を持つ
猫がまさかの関節炎を抱えているなんて!

 

ある程度の高齢になればそんな可能性
も出てくるでしょうけど・・
まさか若いうちから!?
なんて驚いてしまいますよね・・

スポンサーリンク


日大の研究によると、関節炎に罹患して
いる猫は、

*1~4歳=30%

*5~10歳=56.5%

*11歳以上=90.6%

と報告されています。

 

4歳以下のまだ十分元気な猫たちの
おおよそ3頭に1頭が関節炎・・
また11歳以上では90%を超えるって
もはやほぼすべての高齢猫さんが関節炎
ってことですよね。

 

加齢に伴い、寝ている時間がさらに増え、
遊んだり走り回ったりしなくなるのは
ある意味普通ですが、それはただ単に歳だから・・

ではなく、関節炎による痛みで動かなく
なっている可能性も高いということです。

 

猫は人のように痛い痛いと訴えることは
しませんし、体調の悪さを隠す動物です
から、痛みがあるときはじっと大人しく
して耐えるわけです。

 

もしや、大人しくなったのは関節炎が
痛いのかしら?と思うとなんだか
可哀想になりますよね。。

 

特に猫は、高い所が大好きで三次元の
生活空間が必要な動物です。
しかし、関節炎の痛みによって登りたい
場所に上がれなかったりで行動範囲が制限
されてしまうのも気の毒ですよね。。

 

関節炎というと命に関わる病気のイメージ
はなく、お年寄りだからね・・と軽く
思われてしまうかもしれませんが、痛み
をずっと抱えているというのはストレス
以外のなにものでもありません。

 

そして、ストレスは体の抵抗力(免疫力)
を下げ、他にもさまざまな体の不調を
もたらしたり、病気の元になります。

 

早めに対処して関節炎の痛みを軽減して
なるべくストレスなく生活させてあげられる
よう、できることをやってあげましょう。

 

症状や進行度にもよりますが、痛みの改善
や消失のためには、薬剤による治療が一番
効果的です。

 

ただし、関節炎は根治できる病気ではなく、
あくまでも痛みを軽減させながら、進行を
防ぐという対処療法が基本となります。

 

そのため、状況にもよりますが長期的な
治療や投薬が必要になりますので、お薬の
副作用などの心配も出てきます。

猫の関節炎の治療!痛み止め薬(ステロイド他)やレーザーの効果など!

ですから、なるべくお薬の量を減らしたり、
飲まなくても大丈夫な状態を長続きさせる
ためには、サプリメントの摂取や日常生活
におけるさまざまな対策を併用することが
大事になってきます。

 

こちらでは、猫の関節炎にオススメの
サプリや、自宅でできる対策などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<猫の関節炎に有効な栄養素>

 

関節と言えば、人でもそうですが、
王道なのは、

*グルコサミン
*コンドロイチン

ですね。

 

【グルコサミン=軟骨を構成するアミノ糖】
*軟骨を再生、修復(軟骨の柔軟性を向上)

コンドロイチン=軟骨成分を構成するムコ多糖類
*軟骨の分解を抑制、軟骨に水分を保つ役割

 

この2つの同時摂取で相乗効果があり、
関節系のサプリには必ずと言っていいほど
どちらも入っています。

 

そして、もう一つ、注目したいのが
『筋肉成分』です。

 

老化や関節炎が進むと、動かなくなって
くるため、骨や関節を支える筋肉(筋力)
が低下していきます。

 

筋力が低下すると、さらに動かなくなる
ことで、関節の動きが悪くなります。
また、運動不足によって体重増加を招き、
関節への負担が増加、さらに痛みが悪化する
という悪循環に陥ってしまいます。

 

関節炎には、安静ではなく適度な運動が
必要なのです。

 

そして、この悪循環を助けるのが筋肉成分です。

 

筋肉成分の中でも特に最強と言われる
のが『イミダゾールジペプチド』です。

 

『イミダゾールペプチド』とは、長距離を
飛ぶ渡り鳥の翼の付け根に豊富に含まれる
成分で、マグロやカツオなどの回遊魚にも
多く含まれています。

疲労しにくく、持久力を保つ働きがあり、
筋力を
維持させるという効果がある成分です。

 

人間用の関節ケア系のサプリでは、
イミダゾールペプチドをはじめ、バリン
やロイシン、イソロイシンなどの筋肉成分
が配合されているものが多く、注目、評価
されている成分です。

でもペット用で筋肉成分が配合されて
いる関節サプリはまだほとんどありません。

スポンサー リンク


<猫の関節炎にオススメのサプリ>

 

関節炎のケアにサプリを摂取するので
あれば、前述した軟骨、関節成分と筋肉成分
を同時に摂取するのがオススメです。
(人では同時摂取での有効性が証明されています。)

 

そして、グルコサミンとコンドロイチン
の軟骨・関節成分とイミダゾールペプチド
の筋肉成分が一緒に配合されている猫用
関節ケアのサプリメントが『毎日散歩』です。

『毎日散歩』は、グルコサミンと
コンドロイチン、イミダゾールペプチド
の他、

*プロテオグリカン(軟骨成分、保水効果)

*Ⅱ型コラーゲン(軟骨成分、保水効果)

*ビタミンD(抗炎症作用)

が配合されています。

 

これらによって、
健康な関節と軟骨の維持、そして適度な
運動をサポートするができ、肥満防止
にもつながります。

錠剤サイズは「直径8mm」でカツオ味
になっているのでおやつ感覚で続けられます。

 

そして何と言っても大事なのは、
無添加!ということです。

 

毎日散歩は、
無香料・無着色・保存料なし・化学調味なし
で製造されています。

 

猫用の関節疾患用のサプリはさまざま
ありますが、そのほとんどに添加物
(保存料や着色料など)が入っています。

 

毎日、長く続けるものだから極力
化学薬品や添加物などは控えたいものですよね。

 

良いものだけを配合した商品を選ぶように
した方が安心して与えることができ、続ける
ことができます。

 

また、GMP認定国内工場生産で品質も
しっかりとしていますので安心です。

嗜好性は高い商品ですが、食べるか心配な
場合には、1ヶ月分だけ半額でお試し購入
できます。

毎日散歩の詳細や価格はこちら>

 

基本的にサプリメントは食品ですから、
薬剤と併用して問題ありませんが、
動物病院にて同様のものが処方されて
いる可能性もありますので、お薬など
服用されている場合は、一応確認してくださいね。

 

サプリメントもさまざまなものが
あり、それ必要?と思うものも多く
ありますが・・
関節炎については積極的な摂取が推奨されます。

 

特に、遺伝性の骨の病気が心配される
スコティッシュフォールドマンチカン
などの猫さん、もしくはそれらの血が
混ざっている猫さんなどは、若いうちから
摂取しておくといいですね。

 

また、捨て猫など子猫のうちから
適切な栄養が摂取できていなかったと
思われる子なども骨や関節がもろかったり
形成不全がある可能性もありますので心配
な場合には摂取しておいて損はないと思います。

 

そして、グルコサミンは関節以外にも
血流改善効果や消化機能の改善効果
ありますので、さまざまな病気の予防や
下痢しやすい子などにも良い効果が期待
できます。

 

さらに、イミダゾールペプチド
非常に優れた抗酸化剤でもあります。
体内の活性酸素が引き起こす病気や
老化などを抑制する効果もあり、人では
認知症の予防にも有効とされています。

 

関節炎はもちろんですが、
元気で健康で長生きを・・という
願いにも期待できると思いますよ。

 

いつまでも元気に飛び回ってほしい
ですよね。。
痛みなく、のほほんと幸せに暮らして
もらいたいものです。。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です