猫のニュース・エンタメ

映画ねことじいちゃん~猫キャストやあらすじなど~岩合氏監督!

 

猫界のカリスマ写真家!
岩合光昭氏がとうとう映画監督に
なってしまわれましたよ~っ!

 

猫と言えば岩合さん!
というのはもはや常識で岩合氏の
猫写真展は日本全国で開催され大盛況です。

 

そして、世界ネコ歩きなどテレビでの
活躍もそうですし、世界ネコ歩きは
2017年に映画化もされましたね!

スポンサーリンク


猫人気は健在でこれまでにも多くの
ネコ映画が製作され話題となってきました
が、新たなネコ映画『ねことじいちゃん』
2019年2月22日『猫の日』に公開されます!

 

『ねことじいちゃん』と言えば
ねこまきさんのほのぼの人気コミック♪

 

クスッと笑え、優し~いほんわかした
気持ちになれるネコとじいちゃんの暮らし
を描いたコミック漫画の実写映画化です~!

 

そしてこの映画『ねことじいちゃん』
の監督に大抜擢されたのが岩合光昭氏です!

 

にゃんと素晴らしい!
ネコを知り尽くした岩合氏が監督を
努めるなんてまさに『ネコ映画の真骨頂』
とも言えるのではないでしょうか!?!?

 

っというわけで岩合氏の大ファンである
猫好きな私が映画『ねことじいちゃん』
の出演ネコたちについてやあらすじなど
など調べてみました~♪

 

<ねことじいちゃんコミック>

 

『ねことじいちゃん』は、
メディアファクトリーのコミックエッセイ
で単行本として2015年8月に発売されました。

その人気ぶりからシリーズ化され
2018年2月までに4巻まで発行されています。

 

 

『内容』

おばあさんに先立たれてしまい、猫の
タマと二人暮らしになった大吉じいちゃん。

 

人の一生も 猫の一生も いつかは終わる。
だから今日も一緒にいよう。

ともに白髪の生えるまで、きっと一緒で
ずっと一緒。

 

じいちゃんやばあちゃんなどご高齢の
方と猫ばかりが住む小さな島で
一人と一匹が繰り広げるハートフルな
毎日、静かに流れる時間の中、とても
ほっこりと愛おしくなる物語が描かれています。

 

島から出ていく昔なじみがいれば、
新たに島で暮らし始める若者もいる・・
少しずつ変わっていく島の風景・・
そして変わらない一人と一匹。

年代を問わず、幅広い年齢層に指示される
心温かくなる猫コミックです♪

youtube KADOKAWAanime

 

特に猫を飼っておられる方なら思わず
笑ってしまう『猫あるある』やなんとも
言えない脱力感満載の日常が優し~い
タッチで描かれていて、じいちゃんとの
ほのぼのやりとりにニヤニヤが止まらなく
なっちゃいますよ♪

 

犬と違って物静かなイメージで手が
かからないと言われ、高齢の方でも
飼いやすいと言われる猫ですから、
確かにゆるりと流れるじいちゃんとの
暮らしぶりがツボにはまるんですねきっと^^

 

『著者』

著者は名古屋を拠点に活躍する
イラストレーターの『ねこまき』さん。

『まめねこ』シリーズ(さくら舎)や
『ちびネコ どんぐり』(ホーム社)など
猫を題材とした著書も出版されてますが、
コミックエッセイや広告イラスト、アニメ
なども手掛けてらっしゃいます。

ねこまきさんの公式ブログはこちら↓
https://ameblo.jp/nekomaki/

 

<ねことじいちゃん実写化>

 

とある島で暮らす大吉じいちゃんとタマ、
そしてその島で暮らす人々の物語。

 

この島で生まれ育った大吉じいちゃんは
元校長先生という役柄。
2年前に妻のよしえさんを亡くしタマと
二人暮らし。

 

隣に住む幼馴染や多くの友人や猫たちが
いる島で穏やかに流れるときを過ごして
います。

 

東京に住む息子の心配をよそにタマと
一緒に自由気ままに過ごす大吉じいちゃん。

 

しかし、親しい友人の死や大吉じいちゃん
自身の体の不調などなど・・
このまま穏やかに続くと思っていた一人と
一匹の毎日に変化が訪れはじめて・・

 

そして当然、人間だけのストーリーでは
なく猫のストーリーも作り上げられて
います。タマの恋や友情などなど・・

岩合氏は、脚本に猫のストーリーにもっと重点
おくことを提案し、初めての映画監督に挑戦
することを決意したと仰っておられるだけ
あって、そこはまさに岩合氏の得意分野ですよね^^

 

「単にネコが出ている映画ではなく、猫の世界
を主役として描いた、本当の意味での猫映画が
できないものか・・
ヒトの物語とともに、ネコの物語が軸になった
僕にしかつくれないようなネコ映画に挑戦したい」

との思いから監督を引き受けたそうです。

 

もともと岩合氏は『ねことじいちゃん』
を偶然読んだことがあり、ねこまき
さんが描くほのぼのとしたタッチが
好きで、ネコ番組のガイドブックの
イラストをお願いしたこともあったそうですよ。

 

『人のストーリーとともに、猫のストーリー
も作り上げていく』

『今までに見たことがない猫の映画になる』
と自信満々のようです!

 

さすが我らが岩合氏です!
期待値高いですね^^


出展:https://beauty.yahoo.co.jp/

映画は愛知県の佐久島を中心に
撮影されました。

 

佐久島は知多半島と渥美半島の間の
三河湾のほぼ真ん中に位置する離島で
西尾市の一色港から船で20分の場所
に位置します。

 

面積は173ヘクタール。ディズニーランド
の約3.5倍の広さで信号機もコンビニも
ないですが宿泊施設や食事処はあります。

 

人口は約250人(うち65歳以上が6割を
占める)、島の80%以上や里山という
過疎化が進む島ですが、アートの島として
島おこしにも取り組んでいて、また自然や
グルメも楽しめる島として年間10万人超の
観光客が訪れている人気の離島です。

 

『ねことじいちゃん』の映画の舞台
(撮影地)になったとなればさらに観光客
が増えて島おこしになりそうですね♪



出展:http://imagic.qee.jp/

佐久島は日本にたくさんある『猫島
(猫が多く住む島)』の中ではあまり
有名な島ではありませんが、れっきと
した猫島で岩合氏の写真集にも登場
しています。

 

やはり猫と島というのはセットに
なっているようです^^
どうしても島は漁業などが盛んですし、
日本では魚と言えば猫ですし。

 

猫を大事にする住民が多いイメージも
ありますしね。

 

また、のんびりとした島では猫たちも
過ごしやすいのかもしれませんね・・

 

ただ、全国的に見ると佐久島は猫島として
の知名度はあまり高くないですので
猫目当ての観光客はあまり多くないようです。

 

でも至るところで猫を見かける猫島で
あるのは確かです♪

 

そんな自然とアートと猫の島を舞台に
ねことじいちゃんは撮影されました。

佐久島へのアクセスや観光まとめ!日帰りでも楽しめる猫の島!

スポンサー リンク


<出演キャスト>

 

大吉じいさん役は映画初主演で
落語家の『立川志の輔』さん。

役者さんではないですが落語って猫が
登場する話も多いですし、落語家と猫って
個人的には相性がいいと思っていますので
役柄としてピッタリなのでは^^


出展:https://www.nikkansports.com/

そしてタマ役の猫さんですが、
原作のコミックでは白茶の猫さんなの
ですが、映画ではキジトラ柄の猫さん
(ベーコンくん)が抜擢されています!

 

監督で猫のプロフェッショナルである
岩合氏がたくさんの猫さんに会ってこの子
だ!と決めたのは何と言ってもじいちゃん
役の『立川志の輔』さんとの相性、そして
いい顔してるな(猫が)・・と思ったそう。。

 

また、面接会場でも堂々として歩き
回ってスリスリしていたとのことです!

 

どんな場所でも物怖じせず堂々と!
タレント猫には必要な要素ですが、
猫という性質上、これまたなかなか難しい
のですが・・ベーコンくんの動きを見た
岩合氏が『この子しかいない!』と!

 

可愛い猫やキレイな猫は他にもいたけど
ちゃんと動き(演技)ができそうなベーコン
くんに賭けることにした!そうです^^

 

そんな岩合氏に認められたタマ役の主演猫さん
ですが、動物プロダクションの
『グローバル・アニマルアクト』に所属する
タレント猫さんですね。

 

映画『ねこあつめの家』や
ドラマ『ようこそわが家へ』にも出演して
いて、写真集などにも登場しています。

『ねこあつめの家』ではさばとらさん役
で登場。


出展:http://nekoatsume-movie.com/

このプロフィール写真では少し雰囲気や色
が違って見えますが、写真写りの問題も
ありますし、じゃっかんペチャ顔の口周り
や目の感じは同じですね。

 

また、この写真の画像はおそらくまだ若い
(幼猫)ときのだと思います。

こちらが『ねこあつめの家』での
ワンショット↓

出展:https://sippolife.jp/

後ろ側にいるのがベーコンさんです。
まさにタマ役のベーコンさんですよね。

少し太って貫禄が出た感じですね^^

 

『ベーコンさんのプロフィール』

種類:アメリカンショートヘアー
性別:オス
年齢:2015年生まれ
特徴:味のある顔・食べるのが得意

とのことです♪

現在のベーコンさんがこちら↓
すっかり貫禄出てますね^^

出展:http://s-ap.net/page-cat/

顔や外見はあんまりアメショーっぽくないですよね。

でもウチのアメショーもペチャ顔で
アメショーのスタンダードからは
かけ離れていますので^^

 

ベーコンさんは色柄もアメショーの有名な
定番カラーではないですが実はアメショーは
非常に多くのカラーがあり、基本的にすべて
のカラーが認められています。
ベーコンさんはブラウンタビーかな・・?
あまり見ないタイプのカラーのアメショーさん
だと思います。
とっても可愛いですね♪

撮影中、グリーンピースに悶える
タマさん役ベーコンさん↓

出展:https://twitter.com/nekojii_movie

その他、同じプロダクションから
白茶の日本猫『ぽんず』さんなども
出演しているようです♪

 

岩合監督の初映画!
2019年のにゃんにゃんにゃん!
猫の日が楽しみですね~♪

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. イギリスの首相官邸に勤務する猫のラリー!首相交代後も続投!
  2. 里親募集コーナーも!まるで猫カフェのような猫専門病院って?
  3. 英官邸の新入り猫グラッドストーンは凄腕のハンターだった?
  4. またたびの人への効果とは?成分や作用とおすすめの摂取法!
  5. 猫ブームで心臓病患者が減少?猫好きは長生きするって本当?
  6. 多治見警察署の猫のお巡りさん達のお仕事とは?名前や年齢は?
  7. 熱海は猫の町!?商店街の看板ネコ達や漁港でお魚待ちの猫まで!
  8. 長崎で大人気の尾曲まがり猫モチーフのグッズやスイーツとは?
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

猫の島

ピックアップ記事

症状から見る猫の病気

わが家の女王猫たち

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫の体のしくみ

猫専門病院

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP