猫の病気

猫のうつ病って?原因や症状と治療法について!

スポンサーリンク


猫も『鬱(うつ)』になる?

近年、犬猫などのペット(愛玩動物)
の精神疾患が取り上げられることが
多くなってきています。

 

人では鬱などはとても多い時代に
なってますよね・・

 

人を含めた哺乳類は、脳内の感情を
司る回路の構造が共通しているとも
考えられていますから、猫が人と同じ
ように『鬱』にならないとは言えないでしょう。

スポンサーリンク


ただ、猫の場合は基本的に単独行動
で生きる動物ですし、野生で生きる
上で、『鬱』などの行動障害を起こして
いたらそれは即、生死につながる問題と
なり、生きていけないですよね・・
自然界では病気など弱ったものから
狙われていきますので。

 

しかし、今や家族の一員として人間と
同じ環境で生活し、安全な寝場所も満足
な食事も与えられ、ある意味人に依存して
生きるのが当たり前になってきている猫たち
にとって、もしその生活が脅かされる事態
など起きれば・・人と同じように何らかの
精神異常が起きたとしても不思議ではない
のかもしれませんね。

 

ただ・・そもそも猫のうつ病ってどんな?
診断はできるのか?などなど分からない
こともいっぱいです。

 

そこでこちらでは現代の獣医学領域に
おいて考えられている猫のうつ病
ついてまとめてみましたので参考にしてください。

 

<猫のうつ病とは?症状は?>

 

人のうつ病の場合、診断基準があり、

・眠れない
・死について考える
・罪悪感がある
・喜びを失う

などなど・・
自分でその状態を言葉にしたり、
表現したりと他者に伝えたりすることが
できるため、うつ病の診断ができます。

 

また、さまざまな動物の中でも
場合は人間と感情表現の方法が、似て
いるため、専門家が行動を観察すれば
うつ状態は見分けられると言われています。

 

しかし、その他の動物はその種の経験や
感情があったとしてもそれを表現する
ことができないため、正確な診断は困難
とされています。

 

さらに猫のような群れを作らず単独
で行動する肉食動物はそれでなくても
感情が分かりにくい上、また古くから
人の近くで暮らしているにも関わらず、
その生態や行動はまだ解明されていない
ことも多いわけです。

 

病気や行動に関しての研究も犬と比べると
格段に遅く、やっと近年増えてきたところです。

 

そのため、ある程度の主観的な症状から
判断することしかできず、現状では

*行動の変化
*食に対する興味
*繁殖(性)行為に対する関心度
*睡眠パターン

などの観察から判断されます。

 

しかし、一般的に室内飼育下にある
猫の場合、各家庭による環境や生活
パターンの違い、多頭飼育か否か、また
ほとんどが去勢、避妊など性的欲求を取り
除かれてしまっていることもあり、これら
の判断は難しいのです。
(また、専門家がそれら行動をずっと観察
することもできないため)

 

ですから、現在の獣医療では、
いわゆる猫の異常行動と言われる

*ハゲるまで体を舐める(過剰グルーミング)

*逆にグルーミングしなくなる

*食欲がなくなる

*無関心(オモチャなどで遊ばなくなる)

*食事以外のものを食べる(異食症)

*壁やドアなど引っ掻いたり破壊する

*攻撃的になる

*暗いところから出てこない

など、他に病気など原因が見当たらない
場合でこのような行動が見られる状態
精神的な疾患の可能性(うつ病)と診断
されます。

 

いわゆる、ストレスによる問題行動と
捉えられている状態のことです。

スポンサーリンク


<猫のうつ病の原因とは?>

 

猫が精神的に不安定になり、うつ病の
ような状態、症状が出る原因というのは
はっきり言って猫にしか分かりません。

 

何らかのストレスと考えられるのは
確かですが、それが何のストレスなのか?
というのは個体差があります。

 

もともと神経質な動物ですし、その
性格によってもストレスと感じる事柄は
異なります。

 

ですから、あくまでも現状で分かっている
猫の生態や行動から考えてストレスに
なりやすい原因として挙げられるのが、

*多頭飼育

*トイレ環境

*刺激不足

*飼い主との関係

などです。

 

『多頭飼育』

猫は多頭飼育のご家庭が多いですが、
これが一番ストレスがかかると言われています。

 

やはり、これはもともと猫が単独生活
をする動物だからですが、その環境にも
よります。

 

それなりの頭数がいても1頭1頭が
しっかりと自分の安心できる場所を
確保できているのか?ということが
重要です。

 

また、猫同士やはり力関係もあります
ので、どうしても弱者にとっては、
非常にストレスがかかる環境の中での
生活を強いられるわけです。

 

それと共に、多頭飼育の場合は特に
トイレの数が足りていないことが非常に
多いです。

 

『トイレ環境』

猫にとって排泄場所というのは
非常に重要です。
猫は犬と違い、他者の排泄物の上に
自分が排泄を行うことはまずありません。
それどころか避けると言われています。

 

猫にとって排泄中は最も危険(天敵に
狙われやすい)な時間であり、神経を
使う行為です。
つまり、他者の排泄物はライバルが近く
にいる可能性を示すものであり、そこで
排泄をするということは自然界ではありえないのです。

 

ですから、キレイ好きだからという
理由だけでなく、猫にとってトイレ環境
は非常に重要であり、他者の排泄物が
たくさんある所、また他猫が近くにいる
場所での排泄はとてもストレスなのです。

 

その他、猫も人の社会での家庭という
環境の中で暮らしていると人や他動物
と社会性を築くことができます。

 

つまり、それなりの交流、遊びや刺激
などを求めるようになります。
特に若い子の場合は好奇心も旺盛です。

 

ですから、その猫さんの興味や好奇心を
満たしてあげないと、ストレスが溜まって
いきます。

 

また飼育環境によっても野良猫が
庭に来たりだとか、自分の縄張りが
脅かされるような状態はストレスと
なります。

 

特に室内飼育の猫の場合、
自分が外に出て戦ったり、その環境が
イヤになったら居場所を変えるなどの
自由がありません。選べないのです。
その分、快適な環境で生活できていない
場合、溜め込むストレスは外猫よりも
多いと言えますね。

 

猫が感じる不安やストレスは実に色々な
原因が考えられるのですが、それらが日常的
に続くことによって徐々に精神的に追い詰め
られていくことになってしまうと考えられます。

 

ですから、本来であれば早い段階で
それに気付いて対処してあげることが
できれば、うつ病のような状態にまで
なることは回避できる可能性もあるのです。

猫の不安行動やそのサインとは?原因や対処法について!

スポンサーリンク


 

<猫のうつ病の治療法>

 

基本的に、猫がそのような状態になった
原因が分かればそれを回避するなどの
環境改善を行うことが大事です。

 

また、猫のリラックスを誘うフェロモン
(フェリウェイなど)やサプリなどを使用
すると効果的なこともあります。

猫をリラックスさせるサプリやフェロモンなどのおすすめ!

 

ただ、原因が分からない場合や改善が
難しい場合、また猫さんの症状によっては
薬物による治療が必要になることもあります。

 

いわゆる『抗うつ剤』の一種で、
脳内の伝達物質(セロトニン)の乱れを
調整し、不安などを和らげる効果がある
お薬が使われます。

 

犬(猫も)の分離不安症などで良く使われる
のと同じ薬剤で、

・クロミカルム錠(クロミプラミン)

・クロフラニール錠(アナフラニール)

などです。

 

ただ、猫の精神疾患において薬剤は
あくまでも補助的な役割ですので
むやみやたらにお薬を飲ませることは
治療にはなりませんし、逆効果になる
こともあります。

 

ですからまずはしっかりと診察を受け、
身体的に何らかの疾患がないか?など
を検査した上で飼育環境や行動(症状)
を詳しく説明して、改善できることの
アドバイスをもらうなど最善の方法で
治療を行っていくことが大事です。

スポンサードリンク


スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫のしつけについて!どんな怒り方をすればいいの?
  2. 猫の心筋症!遺伝,先天性に多い猫種と兆候や早期発見の方法!
  3. 猫のオシッコ対策!尿マーキングと粗相・不適切排泄の違いは?
  4. 猫の飼い方!夏の室内での注意点!外出時や留守中などは?
  5. キャットフードが猫を病気にする?尿石症や腎不全などの関連は?
  6. 猫の粗相はトイレが原因かも?猫目線で考えて解決してみよう!
  7. 猫が中毒になる食べ物と植物や花(菊やユリ)の種類や症状は?
  8. 猫の花粉症が急増中!くしゃみや目やにの治療と予防対策は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP