泌尿器の病気

猫の膀胱炎!再発を繰り返す原因や対処法について!

スポンサーリンク


猫の膀胱炎や尿石症などの泌尿器
トラブルは再発を繰り返すことが
とても多い病気です。

 

頻尿、血尿、痛みなどがあると
猫さんもツラく可哀想ですし、
お漏らしをしたりトイレ以外の場所
での粗相も増えたりと飼い主さんも
大変になります。

スポンサーリンク


ですから、泌尿器疾患を起こして
しまった場合、しっかりと完治させ、
その後は再発しないように注意する
ことが大事です。

 

そして、多くの場合、飼い主さんが
ちゃんと管理してあげれば再発を防ぐ
ことは十分可能なのです。

 

こちらでは、猫が泌尿器トラブルを
繰り返す原因や対処法についてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<猫が膀胱炎(尿石症)を繰り返す原因>

 

猫の膀胱炎の原因はさまざまですが、
その多くは細菌性や尿結石
(ストルバイトが多い)によるもの、
もしくは原因が特定できない
『特発性膀胱炎』です。

 

猫の理想の尿phは6,0~6,5ですが、
これがアルカリ性(7,0~)に傾くと細菌が
繁殖しやすく、またストルバイト結晶が
できやすい環境になります。
(シュウ酸カルシウムは酸性)

 

ただし、尿phは1日の中でも変動して
いますので要は膀胱内の環境がアルカリ
性に傾いている時間が長く続く状態だと
尿トラブルの発生の可能性が高くなると言えます。

 

つまり、再発を繰り返すほとんどの
場合、膀胱内の尿phが高い(アルカリ)
状況を作り出しているということです。

 

そしてこの原因で考えられるものには
さまざまありますし、膀胱炎と尿石症に
よっても多少変わりますが、主なものとして

*食事によるもの

*水分摂取量

*トイレ回数

*ストレス

*肥満(運動量など)

などが挙げられます。

 

『食事』

食事中にマグネシウムやカルシウム、
リンなどが過剰に含まれていると結晶
ができやすくなります。

 

また、食事の成分組成によっては
尿phのバランスを崩します。

 

もし、尿石症の療法食を与えている
場合は、これらの心配はないことが
普通ですが多いのは、

・療法食以外にもオヤツなどを食べている

・他猫のフードを盗み食いしている(多頭飼育など)

・置き餌をしていて常に食事が食べられる状態

などです。

 

ちょっとぐらいなら・・とオヤツ
与えている飼い主さんは意外に多いです。
(食事療法は療法食と水だけ!でないと
効果がない)

 

また猫は多頭飼育のご家庭も多いです
が、その場合なかなか食事管理は難しく
気をつけているつもりでも療法食以外
を食べちゃっていることが多いです。

 

そして一度に食事を食べきらない場合、
そのまま置き餌をしてしまっている状況
も多く、常にダラダラと食べていると
尿phが高い状態が続くことになります。
(食後は尿phが上がる)

 

また、症状が良くなり、療法食から
一般職に戻したものの、また元の
フード(尿石症の原因)に戻していたり、
同じような質の悪いフードを与えて
いて、また再発ということも非常に多いです。

 

『水分摂取量』

もともと水分摂取量の少ない猫ですが
特に行動量の少ない猫さんや、季節
によっても極端に水分摂取が少なく
なることがあり、そのような猫さんの
場合、膀胱内のおしっこが濃くなり、
細菌感染を起こしやすくなってしまいます。

 

『トイレ回数』

水分摂取量にもよりますが、猫は
寒かったり、動くのが面倒くさかったり、
またトイレが汚れている、トイレ環境が
気に入らない場合などギリギリまでトイレ
を我慢する傾向にあります。

 

そうなると膀胱内にオシッコが長く
溜まっていることになり、膀胱炎や
尿結石などを起こしやすくなってしまいます。

 

『ストレス』

ストレスの感じ方は性格や家庭環境
にもよりますので個体差はありますが
猫は本来、神経質でストレスを溜めやすい
動物です。

 

ストレスは免疫機能を低下させるため
膀胱炎などを発症しやすくなります。

猫の免疫力アップにアガリクスは有効?選び方や注意点なども!

スポンサーリンク


 

『肥満』

室内飼育の猫さんは一般的に運動量が
少なく、肥満傾向にある子が多いです。

猫はポッチャリくらいが可愛いとも
言われますが、体重過剰の猫は、
泌尿器疾患を発生しやすくなります。

 

特に決定的原因が見つからず
原因不明とされる特発性膀胱炎
ストレスや肥満の関連性が高いと
されています。

猫の膀胱炎(特発性膀胱炎)の原因と症状は?治療や治療費は?

これらの要因から当てはまるものを
考えてみれば、泌尿器トラブルを繰り
返す原因が見えてくるのではないで
しょうか・・
では具体的に対処法をみていきましょう。

スポンサーリンク


<再発を繰り返す場合の対処法>

 

まず一番大事なのはやはり食事です。
もし、食事については問題ない場合には
飛ばしてください。

 

『食事管理をしっかりと』

もし、上記に挙げたように食事管理に
対して思い当たることがあるのであれば
まずはそこを徹底することです。

 

基本的に一度でも膀胱炎や尿石症など
になって食事療法を推奨された猫さん
の場合、一般食に戻せたとしても市販
で売っている日本のメーカーのものでは、
高い確率で再発します。

 

ですから、一般食に戻して大丈夫と
なった場合でも栄養組成のしっかりと
した良質のフードを与える必要があります。

 

いわゆるプレミアムフードと呼ばれる
ものです。

愛猫を病気にさせない!健康で長生きできるキャットフード!

良く、市販のキャットフードに
尿石対応や尿ケアなどと書かれている
商品がありますが、これらの効果は
ないと思っていいです。
少なくとも再発を繰り返す猫さん
には無意味です。

 

また、状態によっては一般食には
戻せない子もいますが、療法食も今は
さまざまなタイプが出ていますから
ずっと続けて問題ない種類のものも
あります。

猫の尿路結石の治療,ケアにおすすめのキャットフードまとめ!

ただ、多くの場合、水分摂取や
ストレスなど全般をケアすることで
一般食(品質のしっかりしたもの)に
戻しても大丈夫なことも多いです。

 

また、今はさまざまなオヤツが
販売されていますが、基本的に
それら猫のオヤツは尿phのバランス
を崩す、泌尿器トラブルの元だと
理解しましょう。
(かつおぶしやかまぼこなど人の
食べ物も同様です。)

 

少しだったら・・という甘い考えを
捨てない限り、いつまでも再発を
繰り返すことになります。

 

また、家庭環境によりますが、
留守が多いご家庭では食事を多めに
入れて外出・・なんてことも多いですね。

 

もともと猫は一気に食事を食べない
ことも多く、ちょい食べが基本の子
もいます。

 

ただ、尿phの問題を考えると
だらだらと食べるのは良くありません。

 

ですから、一度に食べきれる量を
決まった時間に回数を分けて与えるのが
理想です。(1日3~4回)

 

留守などで物理的な無理な場合は
自動給餌器などを活用しましょう。

猫の自動給餌器おすすめ!ドライ&缶詰OKや分単位設定も!

 

『水分摂取を増やす工夫』

お水いっぱい飲みなさい!と言っても
猫は飲んでくれませんよね。

ですから猫さんがなるべく多めに
水分摂取できるようにしましょう。

*水飲み場を増やす

*給水器(循環、流れる水など)

*お水を温める(特に冬場)

*お水にまたたびの粉を少量入れる

*ウェットフードにする

などなど。

 

猫はあまり動きたがらないですので
水飲み場が遠くにあると面倒くさがって
行きません。

 

ですから、普段良く寝ている場所の
近くなど、生活環境の数ヶ所にお水
を設置しましょう。

 

また、猫は蛇口から流れるお水などを
好む子も多いですので循環式の給水器
はオススメです。

猫の自動給水器おすすめ!たくさんお水を飲んで健康増進にゃっ

そして季節にもよりますが、本来寒がり
な猫は、冷たいお水を飲むことに
よって体が冷えるのを嫌い、お水を
飲みたがらないことも多いです。

 

食後などお水を飲むタイミングで
ぬるま湯を入れてあげるのも
おすすめです。

 

また、マタタビの匂い付けをして
あげるとお水を好んで飲む子もいます。

 

その他、食事の水分摂取量を増やす
ためにはドライフードよりウェット
フードです。

 

ただ、ウェットだと歯垢がたまりやす
かったり歯石が付きやすかったり、
また口の周りの汚れから顎下に
座瘡(ニキビ)ができやすかったりなど
もありますので、どうしても水を飲んで
くれない場合など状況に応じて検討して
みましょう。

 

『トイレ環境の改善』

猫にとってトイレは非常に重要な
ものです。

 

トイレが気に入らないとオシッコを
我慢するだけでなく、不適切排尿など
の問題行動を起こすこともあります。

*トイレの数

*トイレの設置場所

*猫砂

*清潔

などを注意しましょう。

 

トイレの数は猫の頭数プラス1が理想
です。
特に多頭飼育の場合にはトイレが
足りていないことが多いです。

 

また、トイレが寒い場所や遠くにあると
猫は行くのを我慢してしまいます。

 

ですから、猫が日常的に寝たり遊んだり
している環境に必ず1つは設置しましょう。
さらに人の出入りが多かったり、騒がし
かったりでは落ち着いて用を足せず、
我慢してしまうこともありますので
設置場所にも注意が必要です。

 

また、トイレ砂にも好みがうるさい子
がいます。
そして排泄物がそのまま残されている
トイレは使いたがらない子も多いです。

猫の粗相はトイレが原因かも?猫目線で考えて解決してみよう!

 

『ストレスへの対処』

猫の感じているストレスを人が
理解するのは難しいとは言えます。

 

ただ、上記に挙げたトイレの問題も
ストレス対策には重要ですし、その他、

*落ち着ける環境

*適度な運動や遊び、コミュニケーション

*規則正しい生活

などなど、注意できることを改善して
あげるだけでも変わります。

 

猫は安全で落ち着ける寝場所、
十分な食事、規則正しい生活、これが
一番安心して暮らせる条件です。

 

毎日同じ時間に食事をし、寝て、
室内のパトロールをして・・という
ルーティンがあります。
これに狂いが生じると猫にとっては
安心できない環境となってしまい、
それがストレスになります。

 

飼い主さんができる範囲で猫の平穏な
生活を守ってあげるよう努力しましょう。

 

また、適度な運動や飼い主さんとの
コミュニケーションも大事です。
猫はちゃんと社会性のある動物ですから
同じ縄張り(家庭内)で暮らす人間とは
しっかりとコミュニケーションを
取ろうとします。
特に近年は飼い主さんへの依存度が
高い猫さんも増えてきていますしね。

 

その他、猫が一番ストレスを感じるのは
多頭飼育の環境だと言われています。

 

多頭飼育についてはどうしようもない
問題も多いと思いますが、トイレの
数や、1匹1匹が安心してくつろげる
場所などの環境を整えてあげること。

 

また『フェリウェイ(フェイシャル
フェロモン化合物)』などを活用する
ことで猫のストレスを軽減させて
あげるなどの対処を行うのもおすすめです。

フェリウェイの使い方!多頭飼育や喧嘩、粗相や爪とぎにも!

 

『肥満に注意』

近年、急激に肥満傾向のある猫が
増えてきています。

 

猫では早期に避妊、去勢手術を行うこと
が当たり前になってきていますので、
どうしても太りやすくなってしまうと
いうのはしょうがないです。

 

また、さまざまなオヤツなどを
与える飼い主さんも多いですし。

 

しかし、食事の栄養バランスなど
食事管理を飼い主さんがしてあげる
ことで肥満は防げることです。

 

肥満はさまざまな病気や体の弊害を
もたらします。
特に年齢を重ねると病気になる可能性
が高くなりますので、なるべく若い
うちから体重管理に注意しましょう。

 

また、猫の肥満は食事の与えすぎと
運動不足だと言われますが、猫の
食性に合った中身のしっかりした
フードを与えていれば多少食べ過ぎた
くらいで肥満にはなりにくいです。
(多少、ポッチャリにはなりますが)

 

ですから猫の肥満の多くは、品質の
悪いキャットフードとおやつが原因
となっています。
(もちろん適度な運動は大事ですが)

 

<まとめ>

 

猫の膀胱炎など泌尿器トラブルを
繰り返すのには上記に挙げたように
さまざまな原因があります。

 

原因は一つではないことも多いです。
その分、対処法は難しいとも言えます
が。

 

しかし、必ず何らかの原因が思い当たる
飼い主さんがほとんどだと思います。

 

特に重要なのは『食事』『ストレス回避』です。

 

まずは頻尿・血尿などが見られたら
ちゃんと受診して検査をし、それが
細菌性のものなのか尿結石によるもの
なのか原因不明のものなのか・・という
診断を受けてしっかり治療しましょう。

 

その後は、上記に挙げたようなことを
一つずつ注意していけば、再発は
高い確率で防げるはずです。

 

ただ、室内環境やもとの性格、体質など
なかなか対処が難しい場合もあると
思います。

 

その場合にはサプリメントなどを
活用するのもいいかもしれません。

猫の膀胱炎に効果的なサプリメントおすすめ!予防にも!

 

猫の泌尿器疾患はある意味『宿命』
とも言われますが、しっかりとした
食事を与えていれば防げる病気です。
(それだけ、猫の泌尿器トラブルを
引き起こす質の悪いフードが出回って
いるということですが)

 

ちなみにうちの愛猫2匹は一度も
泌尿器トラブルを起こしたことは
ありませんし、そのような心配をした
ことも一切ありません。

 

私が守っているのは、

猫の食性にあった品質の良い食事。
(当然、無添加)

余計なおやつはあげない。

これだけです。

 

ストレスについては注意している
つもりですが、なかなか猫の望む
すべてをしてあげられているかと
いうとそれは自信ないです^^;

 

自宅も広くはないため、なかなか猫に
とって快適な環境を整えられるかと
いうと難しいです。

しかも2匹はあまり仲が良くないです。
そして1匹はちょっとポッチャリです^^;

 

ですが、食事だけは金に糸目は付けずw
一番大事にしています。
食事代を節約して結局、病気になって
病院代に莫大なお金がかかるパターンを
イヤというほど見てきていますので^^;

健康の基本は『食』からです!

スポンサードリンク


スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の尿路結石の治療,ケアにおすすめのキャットフードまとめ!
  2. 猫が去勢手術後に尿結石になりやすいと言われる理由とは!?
  3. 猫の尿結石は体質や遺伝も関係ある?予防や再発の対策とは?
  4. 猫の膀胱炎(特発性膀胱炎)の原因と症状は?治療や治療費は?
  5. 猫がトイレ以外の場所でオシッコをするのは病気のサインかも?
  6. 猫の尿石症の治療!手術が必要な症状とその場合の費用は?
  7. 猫の尿石症・尿毒症は命にかかわる?原因や治療は?(前編)
  8. 猫のトイレの回数が多い?オシッコが出ない・しないのになぜ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP