猫が下痢を頻繁に繰り返す!考えられる原因や病気と対処法!

愛猫の繰り返す下痢・・

下痢にもさまざまな原因がありますが
根本治療ができれば基本的には完治します。

 

ただし、原因がはっきりしない場合
や根本治療が難しい場合などは、
対処療法で一旦症状が改善したと
しても頻繁に再発してしまうこと
が多いです。

スポンサーリンク


こちらでは、猫の頻繁な下痢、
再発、繰り返す下痢について考えられる
原因や病気などについてまとめてみま
したので参考にしてください。

 

<下痢を繰り返す原因や病気>

 

通常、下痢の原因で多い細菌感染
寄生虫などの場合には、糞便検査
で分かり、治療で完治します。
(ただし、お外に出る子や環境中の
問題で再感染してしまう場合も
あります)

 

ですから、糞便検査では異常が
発見できず、原因究明が難しい場合
などに頻繁な下痢や慢性化の下痢が
続くことが多いのです。

猫の検便でわかることは?採取法や必要量、費用なども!

 

そして下痢の状態や検査、治療の有無
にもよりますが、猫の繰り返す下痢の
場合に考えられるのは、

*大腸炎(炎症性腸疾患)

*ストレスによるもの

*食事によるもの

*腸内細菌の乱れ

*内分泌疾患

*内臓疾患

などです。

 

『大腸炎(炎症性腸疾患)』

 

原因不明の慢性消化器疾患で、
胃腸炎(下痢や嘔吐)などを繰り返します。

 

他に疑わしい原因が見つからない
場合の下痢ではこの疾患とされること
が多いです。

 

体質的なもの?と思われるような
頻繁に下痢をするお腹が弱い子は
この病気のことも多いです。

 

症状もさまざまで、軽症であれば
数日で自然治癒する場合もありますが
重症になると慢性化して治りづらい
ことも多いです。

 

治療としては、ステロイドに良く
反応するため、症状はすぐに治まる
ことがほとんどです。

 

ただし、根本的な原因治療では
ないため、繰り返します。

 

確定診断には、内視鏡検査が必要に
なるため全身麻酔となるので積極的
に行われる検査ではなく、症状が
出たときにだけ対処療法ということ
が多いです。

 

『ストレスによるもの』

 

元の性格や育った環境にもよりますが
本来、猫は神経質なため、ストレスを
受けやすい動物です。

 

排便を促す大腸の蠕動運動は、
自律神経によりコントロールされています。

 

ストレスなどによってこの自律神経
が乱れると蠕動運動が活発になりすぎ、
大腸の通過速度が速くなるため、便の
水分吸収が十分に行われず水分を多く
含んだ便(下痢や軟便)となります。

 

また、脳が感じたストレスを腸の
神経細胞が感じ取り、それによって
下痢を起こすこともあります。

 

症状が軽度で一過性のストレスで
あれば自然治癒することもありますが
長引く場合には治療が必要になります。

猫のストレスによる胃腸炎(胃液を吐く,下痢など)の対処法!

 

『食事によるもの』

 

今はキャットフードもさまざまな
種類があり、バラエティに富んだもの
も多いですよね。
オヤツもすごいです。

 

ただ、その分さまざまな食材が
使われています。
また、質の悪いキャットフード
などは添加物なども多量に入っていたり
栄養バランスの悪いものも多いです。

 

これらによって、消化不良を起こす
ことがあり、体調が悪いときや抵抗力
が落ちているときなどに下痢となって
しまうことがあります。

愛猫を病気にさせない!健康維持や長寿のためのキャットフード!

 

また、食事に含まれる食材に対する
アレルギーの場合もあります。
今は犬も猫も食物アレルギー
増えてきています。
(原因不明の炎症性腸疾患でも
食物アレルギーが関係している場合
も多いです。)

 

食事による下痢が疑われるときには
まずは食事の変更がベストです。
状態によっては療法食などが必要に
なることもあります。

スポンサー リンク


『腸内細菌の乱れ』

 

腸内の細菌叢(善玉菌や悪玉菌)は
一定のバランスを保ちながら共存
することで理想的な腸内環境を
作っています。

 

しかし、何らかの原因によってこの
バランスが崩れ悪玉菌が増加すると
下痢になることがあります。

 

治療が必要な場合と食事やサプリ
(乳酸菌)などで対処できる場合、また
自然治癒する場合もあります。

猫の善玉菌(腸球菌)を増やすには?効果的なサプリなど!

 

『内分泌疾患や内臓疾患』

 

下痢とは直接関係ないと思える
疾患によっても下痢は起こります。

 

猫の場合、

*慢性腎不全
*糖尿病
*甲状腺機能亢進症
*膵炎
*肝炎
*腫瘍

などの病気でも下痢することが
あります。

 

これらは基本的に血液検査
分かりますので、糞便検査しか
行っておらず、下痢を繰り返す
ような場合には検査をするといいですね。

 

<まとめ>

 

原因究明が難しい下痢の場合は、
さまざまな検査を行い、疑わしい
項目を一つずつ排除していく必要
があります。

 

そして確定診断ではなくとも、
一番疑わしいと思われる原因に
対する治療が行われることが多いです。

 

治療に対する反応を見ながらと
いう感じですね。

 

また、原因が一つではないことも
あり、さらに対処が難しくなる
ことも多いです。

 

ただ、ストレス食物アレルギー
腸内細菌の乱れなどによる下痢は、
日常的に腸の健康を維持するように
することで再発を防いだり、症状を
軽減させることはできます。

 

体内の最大の免疫器官である腸を
整えることで免疫バランスを整え
たり、免疫力を上げることは、
ストレスの影響を受けにくい体質にする、
またアレルギーにも効果があります。

 

ですから、それらの体質的なものが
考えられる猫さんの場合には、
良質なキャットフードを与えること
はもちろん、乳酸菌などのサプリ
与えるのもオススメです。

 

下痢も続いたり、頻繁に繰り返すと
脱水を起こしますし、体力低下を
招きます。

 

またその下痢や腹痛がさらにストレス
となり、免疫力が低下し、他の病気に
なってしまうことにもなりかねません。

 

まずはしっかりと検査を受けて、
体調管理腸の健康(腸内環境の改善)
を維持してあげることですね!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です