飼育について

猫のマイクロチップ!安全性(痛みや副作用)と入れる場所や方法!

動物愛護管理法では、犬や猫などの
飼い主は、自分の所有であることを
明らかにするためにマイクロチップ
の装着を行うよう定められています。

 

マイクロチップは、そのペットの
身分証のようなもので、何か
あった際に身元証明になります。

 

海外ではマイクロチップの装着が
完全に義務化されているところも
多いですが日本ではまだあまり
一般化していませんね。

スポンサーリンク


しかし、近年は飼い主の分からない
(いない)身元不明の犬猫などの
保護、殺処分の現状から日本でも
マイクロチップの装着が推進されています。

 

また、自然災害なども多く、迷子に
なってしまった犬や猫が飼い主さん
が見つからないケースも多いため、
マイクロチップ装着の必要性が
叫ばれています。

 

今後もいつ何があるか分からない
ですから、愛犬、愛猫を守るため
にもマイクロチップの装着は大事に
なってきます。

 

しかし、そんな電子器具を体に
埋め込む・・とか言われると

*大丈夫なの?
*体に害はないの?
*痛くないの?

などなど不安になる方も多いと思います。

 

そこでこちらでは、猫さんへの
マイクロチップ装着の方法や安全性
などについてまとめてみましたので
参考にしてください。
(基本的に犬も同じです。)

 

<マイクロチップとは>

 

マイクロチップは製造している
メーカーによっても多少異なりますが
おおよそ直径2mm長さ8~12mm
ほどの円筒形の電子標識器具です。

 

内部はIC、コンデンサ、電極コイル
でその外側が生体適合ガラスで覆われています。

スポンサーリンク



出展:https://bicaz.wordpress.com/


出展:http://www.pref.nagano.lg.jp/

そして、各マイクロチップには、
15桁の数字が記録されていてこの
番号を専用の読み取り器(リーダー)で
読み取ることができるようになっています。

 

リーダーから発信される電波を利用
してデータ電波を発信するため、電池は
不要で半永久的に使用することが可能です。

 

マイクロチップの寿命(耐久性)は
約30年ほどとされています。

 

一度、体内に埋め込むと脱落したり
破損したりすることはほとんどなく、
データが書き換えられることもないため
一生涯の身元証明となります。

 

<マイクロチップを入れる方法>

 

マイクロチップの埋め込みは、
通常の皮下注射の要領と同じで
麻酔や切開の必要もなく、数秒で
終わります。(病院によっては
局所麻酔をすることも)

 

ただ、普通の注射針よりは3~4倍
は太い針となります。
(針の中にマイクロチップを仕込む
ため)

 

マイクロチップ専用の挿入器(注射器)で、
注射をするように皮下に注入していきます。

出展:http://narabu-vet.com/

皮下に針を刺し、中のチップを
押し出すような感じで挿入します。


http://www.yuasabio.co.jp/

皮下組織に定着するため、挿入後に
場所が動いたりすることは基本的に
ありません。(まれに移動することが
ありますが体に影響はないですし、
リーダーで読み取れなくなることも
ありません。)

 

場所は首の後ろ側から背中の間くらい、
猫つかみをする場所あたりの真ん中
もしくは左右どちらかに少しずらして
入れます。

 

皮膚が一番伸びる場所なので
装着による違和感などはほとんど
感じることのない場所です。

 

装着後に、リーダーで読み取りが
可能か確認して終了となります。

スポンサーリンク


<痛みや副作用、安全性について>

 

どうしても、注射針が太いため、
通常の注射よりは少し痛みは
感じるかと思います。

 

ただ、首の後ろは痛みを感じにくい
場所ですし、一瞬で終わるため、
そこまで神経質に考える必要は
ないと思われます。

 

挿入後、少しその部位を気にする
素振りが見られることもありますが
少し時間が経てば全く気にならなく
なります。

youtube megumi inoue

 

副作用や安全性については、
さまざまな情報が流れているよう
ですが、日本ではマイクロチップ
による副作用などの報告は上がって
いません。

 

考えられる副作用としては、
体内に入った異物に対するアレルギー
などですが、その防止のためにも
マイクロチップは生物的適合性物質
で作られているため、アレルギー
反応が起きることは非常に稀とされて
います。

 

ワクチンや他の注射剤でも
アレルギーなどの副作用の可能性は
ありますのでそれらと比べても
マイクロチップは安全性が高いと
考えられます。

 

猫では生後4週齢(犬では2週)から
埋め込みが可能とされていますので
それらを考えても安全性については
十分な配慮がなされていると思います。

 

埋め込み後、1週間程度(針穴が
完全に塞がるまで)は、シャンプー
などは避け、ブラッシングもその部位
周辺は触らないように行ってください。

法獣医学とは?動物虐待の解明と立証、法制度厳罰化のために!

 

<マイクロチップ装着費用や登録など>

 

マイクロチップの埋め込みは
獣医療行為ですので獣医師による
施術となります。

 

費用は動物病院によっても異なります
が、5,000円程度が平均的な金額です。
(局所麻酔など必要な場合には別途
費用がかかる場合も)

 

埋め込みが終わったら、
マイクロチップの番号と飼い主さん
の名前や住所などのデータをAIPO
(動物ID普及推進会議)のデータベース
に登録します。
(登録料に1,000円必要です)

『登録できる内容』

*飼い主情報
・名前・住所・電話番号・携帯番号
・FAX番号・メールアドレス

*ペット情報
・名前・動物種・品種と毛色・性別
・避妊去勢の有無

 

登録申込書は動物病院で準備
されていますのでそれをもらって
記入し、郵便局で登録料を支払い、
払い込み証明書を貼って送付するようになります。

 

約3週間で登録完了通知書
届きますので、これでデータ登録
も完了、もし迷子になっても
データ読み取りで飼い主さん情報
が分かります。

 

<まとめ>

 

日本では、マイクロチップの普及率
は、年々増加傾向にありますが、
それでもまだ全頭数の10%にも
満たない状況です。

 

しかし、マイクロチップ義務化の
検討もされていることから今後
さらに普及の促進に力が入れられて
きます。

 

猫の場合、完全室内飼育も多く
必要性を感じないこともあるかと
思いますが、何かあったとき、
万が一のことを考えると装着して
おくにこしたことはありません。

 

一度、動物病院で相談してみると
いいですよ。

 

また、避妊去勢などの予定がある
方はそのついでにマイクロチップ
埋め込みをすると、注射の痛みも
感じないため楽だと思います。

 

猫は一度迷子(行方不明)になると
見つかる(飼い主さんのところに
戻ってくる)可能性は限りなく低い
です。

 

もしもの時に愛猫を守れるよう、
万全の体制を整えておいてあげる
のが飼い主さんの役目であり、愛情
だと思います。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の粗相の原因!トイレ環境を改善しても治らない場合は?
  2. 保護猫の慣らし方は?夜鳴きや外に出たがる,なつかない時など!
  3. 猫の出産後の発情はいつくる?避妊手術はいつから可能?
  4. 猫の歯の生え変わりの時期や順番は?口臭や出血もある?
  5. 猫に生肉は寄生虫や食中毒の危険も?量や与え方,注意点など!
  6. 猫が毛玉の部分を痛がる,触ると怒る!お手入れや対策法は?
  7. 猫のエリザベスカラー装着!食事や寝るときにはどうすれば?
  8. 猫の妊娠!与える食事の量や回数,必要な栄養素とカロリー量は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP