猫の白血病!貧血の治療や輸血、薬(造血剤)や食事について!

猫の白血病はその多くが
Felv(猫白血病ウイルス)への感染
によって発症しますが、ウイルス
が関与しない場合もあります。

 

ウイルス感染があるかないかに
よっても多少治療法は変わりますが、
症状としてはほとんど同じになります。

 

そして、多くの場合、重度の貧血
が見られます。

スポンサーリンク


白血病は『血液のがん』と言われる
病気で白血球が増殖するという
イメージが多いと思いますが、
正しくは『がん化した血球が異常に
増殖』することで、これによって
白血球だけでなく、赤血球や血小板
などにも異常をもたらします。

 

こちらでは、猫の白血病における
貧血の原因、治療や輸血、また
造血剤や食事などの効果について
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<白血病で貧血が起こる原因>

 

白血球や赤血球、血小板などすべて
の血球は骨髄の中造血幹細胞から作られます。

 

造血幹細胞

骨髄系幹細胞・リンパ球系幹細胞に分化

骨髄系幹細胞

赤血球、血小板、一部の白血球

リンパ球系幹細胞

リンパ球

というふうに成熟していきます。

 

そして白血病では骨髄の中で
『がん化した白血球』が異常に
増えるため、他の血球(赤血球、
血小板)をつくるためのスペース
が足りなくなります。

 

そのため、抹消血中に出てくる
赤血球や血小板の数が減少し、
貧血となります。

これが通常の白血病の貧血です。

 

猫の白血病ウイルスは、骨髄の中で
作られる赤芽球(造血幹細胞から
赤血球にいたる分化途中段階の
細胞)を破壊してしまいます。

 

これによって貧血はもちろん、
白血球の造血まで阻害されれば
体の免疫は低下し、さまざまな
感染症にかかってしまうことにも
なります。

 

いずれの場合も、白血球を始めと
するすべての血球が正常には作られ
なくなり、貧血が進んでくる状態
となります。

猫の白血病にインターフェロンの効果や副作用、費用など!

 

<貧血の症状>

 

赤血球にはヘモグロビンが含まれ、
血液が肺を通る時に酸素と結びつき、
全身に酸素を送り届けます

 

また、体内で発生した老廃物
(二酸化炭素)の一部はヘモグロビン
と結合し、肺に行き呼気に混じっ
て排出されます。

 

そして赤血球の不足はそのまま
ヘモグロビンの不足ともなり、
これらの働きが通常通り行えなくなります。

 

そのため、体の酸素が足りない状態
となり、めまい動悸息切れ
起き上がれなくなったり吐き気
起こったりします。

 

そして貧血がさらに進むと生命の
維持は困難になります。

スポンサー リンク


<貧血の治療>

 

白血病の貧血の治療は、ステロイド
シクロスポリンなどの免疫抑制剤
の投与がメインとなります。

 

ステロイドには、エリスロポエチン
(赤血球の産生を促進する造血因子)
の産生促進造血幹細胞の刺激作用
があります。

 

このエリスロポエチンを産生すること
より、赤血球への分化を促進、また
造血幹細胞自体を刺激して造血能力
上昇させることを目的にした治療です。

 

また、シクロスポリンは、
造血幹細胞を傷害しているリンパ球
を抑えて造血を回復させることを
目的とした治療です。

 

通常はまずステロイドを使い、
反応が悪ければシクロスポリン
など他の免疫抑制剤が併用されたりします。

 

これらによって一旦症状が落ち着き
赤血球が増えてくるようであれば、
その後、免疫低下による他の感染症や
副作用などに注意しながら免疫抑制剤
治療を続けていくようになります。

 

ただし、いつかはこれらの薬剤も
効果がなくなるときがきます。

 

また、すでに治療に反応しない、
他の治療法がない場合には輸血
しか方法はありません。

 

ただ、猫の輸血にはリスクが伴いますし
何度も行えるものではありません。

輸血について詳しくはこちらを↓
猫の輸血の方法や効果、副作用などのリスクや料金について!

 

<造血剤・食事について>

 

猫では腎不全による腎性貧血
(非再生性貧血)に造血ホルモン剤
としてエリスロポエチンが使われ
ますが、白血病では免疫抑制剤が
メインとなるため、造血剤は状態に
よって併用されます。

 

また、経口投与の鉄製剤としては
ペット用としてはペットチニック
が評判がいいです。


ただし、白血病による貧血は
非再生性貧血のため、鉄製剤
などの投与はあくまでも対処療法
の一つで、貧血原因の治療では
ありません。

 

同じく食事もなるべく鉄分の多い
ものを・・という思いになると
思いますが、基本的に食欲がある
状態であれば、栄養組成のしっかり
とした食事を与え、それにペット
チニックなどのサプリメントを混ぜる
程度で十分です。

 

食が細くなっているような時
には高カロリーの食事(a/d缶など)で
栄養補給をしてあげて様子を見るしかないです。


 

鉄剤などはあくまでも病気による
貧血の症状を軽減させる可能性を期待
するものであって、少しでもその効果
があれば他の治療の補助的役割にも
なり、また体の不調を軽減して楽にして
あげるという効果を目指すものです。

 

白血病は根治ができない病気ですから
それらを併用しながら、病気と闘って
いくことも大事になりますね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です