生態

猫が寒さに耐えられる気温は何度くらい?対策や注意すること!

夏も終わり秋にかけて徐々に気温
が下がり、冬の訪れを意識する
ようになってくるとそれを一番に
感じ取り、体現してくれるのが
猫ですね!

 

気温の変化は猫を見れば一目瞭然!

笑ってしまうくらい分かりやすい
正直な動物と言えます笑

 

しかも、室内なのに・・
どれだけ寒がりなの・・?
って感じですよね~。

スポンサーリンク


猫と言えば『寒がり』という
イメージが定着してますよね。

 

冬場はまん丸に体を縮めて
寒さから身を守っている・・
コタツで丸くなる・・(実際は長くなる)

などなど。

 

これは猫の祖先のリビアヤマネコ
が暖かい砂漠地帯で生活していた
ためと言われていますね。

 

だから、猫は寒さが苦手、暖かく
してあげないと・・
冬場はどのくらいの室温がいいの?
何度くらいまでの寒さなら耐えられえるの?

 

なんて、特にはじめて猫を飼う方
などは心配になりますよね。
また、日中不在で猫さんだけを
お留守番させる場合なども・・

 

そこでこちらでは猫と寒さ、
気温などについてまとめてみました
ので参考にしてください。

ws000014猫が冬に太る(肥満)のは本能?健康管理や注意すること!

スポンサーリンク


<猫が耐えられる気温とは>

 

これは、その猫さんの生まれた
環境、育ってきた環境にも
よりますが、基本的に野生で生きる
さんたちは、どんな寒さでも
耐え抜く柔軟性は持ち合わせている
動物です。

 

そうでないと野生で生き抜くこと
はできません。

 

氷点下が当たり前の北海道にも
野良猫はいます。
またロシアなどでもそうですね。

 

ただし、これはある程度若くて
健康な子の場合で、子ネコや老猫、
また病気など体調不良がある場合
には、寒さから身を守ることが
できずに、体温を奪われ、低体温症
を起こし、命を奪われることもあります。

猫の低体温症の原因や症状と治療法は?自宅でできる対処法は?

 

また、冬の寒さから身を守るため
猫は冬前にはたくさん食べて脂肪を
蓄えようとします。

 

しかし、野良猫の場合には満足に
食事にありつけないこともあります。

 

さらに強烈な寒さは猫にとっても
ストレスになります。
このストレスが多いほど病気にも
なりやすくなります。

 

これらもあり、野良猫、お外で
暮らす猫たちは寿命が短いと
されています。

 

ですから、猫が耐えられる気温と
しては、氷点下でも大丈夫なわけです。

 

そんな気温の中でも猫は少しでも
暖かく過ごせる居場所を見つけて
そこで休みますので、健康な猫さん
であれば十分生きていくことは
できます。

猫は生命力の強い動物です。

スポンサーリンク


では、室内飼育の猫さんの場合は
どうでしょうか・・

 

夏はクーラー、冬は暖房にコタツ、
室内というだけでも外猫さんより
恵まれた環境なのにさらに文明の力
とも言える家電に囲まれて生活して
いる猫さんたち・・

 

冬の朝はヒーターの点火を目の前で
待ちわびている猫たち・・
コタツから出てこない猫たち・・

 

あなたね~ 野良猫さんたちは
こんな寒い日でも外で生き抜いて
いるんだよ!って言いたくなるような
ぐ~たらっぷり。。w

 

ただ、そんな室内猫さんたちも
祖先は野生のヤマネコです。
そしてその野生の本能を持ち続けています。

 

だから寒さは苦手だけど生きられない
わけじゃない。

ただ・・居心地のいい場所が大好き
なだけ。

家の中にはそんな場所がいっぱい。
だからそんな場所でゆったり寝る
のが好き・・

なのです。

 

お外で暮らす猫もお外なりの
居心地のいい場所・・

室内で暮らす猫もお家なりの
さらに居心地のいい場所・・

猫はそんな場所を見つけるのが
とっても上手ですから。

 

だから、室内飼育の猫さんも留守中
など特に暖房器具がなくてもそれで
どうこうなってしまうということは
ありません。

 

ただ、人と暮らす猫さんの場合は、
室内の暖房が付いている気温に
慣れてしまって、そのように体も
出来上がっちゃってますから、
人がいる時といない時での温度差
が激しいのは良くないですね。

 

ですから、留守中に極端に室温が
低くなるような家の場合には、
弱めにエアコンを付けておくとか
ペット用のヒーターや湯たんぽ
など猫が寄り添えるものを用意して
おくといいです。

 

今は猫用のベッドなども暖かく
て寒さが凌げるものも色々と
ありますのでお家の状況に合わせて
何らかの対策を講じてあげるように
しましょう。

ゲージなどでお留守番の場合
なども何らかの対策はしておく
必要があります。

 

ただし、必ず暖かい場所とそうで
ない場所を作ること。
猫が自分で自由に移動できるように
全面ヒーターとかはやめましょう。

 

また、子猫や老猫、何らかの病気が
あるような子の場合はさらに温度変化
には注意が必要なため、室温自体を
一定に保ってあげた方がいいですね。

猫がこたつで低温やけど?のぼせや脱水症状など注意すること!

 

結論!

猫は、氷点下の寒さにも耐え抜ける
ほどの強さを持っているが、近年の
甘やかされた猫たちにはそれは
厳しい・・

猫は快適に生きるための労は
惜しまないが、寒いのは嫌い。。

だから室内飼育の猫さんは、
寒さがストレスにならないように
快適に過ごしてもらうよう暖かく
してあげるのが飼い主の愛情!

ですね笑

スポンサーリンク







関連記事

  1. ご長寿ペット王国日本に!?犬と猫の平均寿命が過去最高に!
  2. 猫が冬に太る(肥満)のは本能?健康管理や注意すること!
  3. 猫トイレの置き場所!餌の近くは避けた方がいい理由とは?
  4. 猫のエリザベスカラー装着!食事や寝るときにはどうすれば?
  5. 猫を抱っこ好きにしたい!抱っこ嫌いな理由とその対処法は?
  6. ツシマヤマネコ(絶滅危惧種)の生態や特徴!イエネコとの違い!
  7. 猫アレルギーでも猫は飼える?症状を軽減させる対策と対処法!
  8. 猫のオシッコ対策!尿マーキングと粗相・不適切排泄の違いは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP