猫にちくわを食べさせても大丈夫?塩分や添加物などの問題は?

日本では猫と言えば
『お魚くわえた野良猫(?)』と
いった感じで、

猫のエサ=魚 というイメージが
強いですよね。

 

だからキャットフードでも
鯛やらヒラメ、まぐろ・・なんて
のが多いですし。

 

そのせいか?・・
ちくわなどの魚肉加工品を猫に
与えるというご家庭も多いようですね。

スポンサーリンク


特に人の食べ物を猫さんにも
与えておられるご家庭では、
オヤツ的な感じでちくわやかまぼこ
などが登場することが多いようです。

 

ちくわとかかまぼこってほとんどの
ご家庭の冷蔵庫にある感じですし、
価格もお手頃ですしね。。

 

また、猫も喜んで食べる子が
多いです。
好物とも言えるくらい。。

 

ただし、ちくわなどの魚肉加工品を
猫に日常的に与えるのはデメリット
が大きすぎます。
そしてメリットが何もないのです。

 

そこでこちらでは猫にちくわの
安全性や猫の健康にとっての
リスクなどをまとめてみましたので
参考にしてくださいにゃっ!

 

<猫にちくわの問題点>

 

まず、猫に人用の食べ物を与えること
には個人的に私は反対ですが、今回
はそれをさておいたとしても・・

 

人用の食べ物を与えるのであれば
少なくとも加工(味付け)されていない
ものです。

 

ちくわは、加工品中の加工品とも
言える代物です。
ソーセージなど食肉の加工品もそう
ですが魚肉加工品も配合されている
添加物からすると人でもハイリスクな
食品とされています。

 

ちくわは魚のすり身がメインの原料
ですがそれ以外はすべて加工品
化学物質です。

 

これらの問題が指摘され、近年は
極力添加物を減らしたものが製造
されるようになってきいていますが、
それでもかなりの量が入っています。

 

そう、ちくわの大きな問題点は、

*添加物の多さ

*塩分の多さ

です。

 

ちくわに含まれる添加物:

・ソルビン酸
・リン酸塩
・調味料
・着色料
・結着剤
・保存料(防腐剤)

などなど(商品によっても異なります)

 

ちくわに含まれる塩分:

0.8g~1.2g/1本あたり(2.0~2.5%)

ちなみにキャットフードもピンキリ
ですが良質なキャットフードの
場合、塩分量は0.3~0.5%です。

つまりちくわは7倍~の塩分量
なのです。
オヤツにちょっとだからいいか・・
の問題ではない量が入っています。

スポンサー リンク


<塩分過多・大量の添加物が猫に与える影響>

 

ナトリウムが影響する猫の病気で
一番ポピュラーなのが『尿石症』ですね。

 

そもそもほとんどの場合、猫の
尿路結石は、質の悪い食事が影響
しています。

 

質の悪いキャットフードには
多すぎる塩分が入っています。
(また、当然添加物も大量です)

 

そして、ナトリウムはもちろん、
添加物など体にとって有害な物質が
影響を与えるのは『腎臓』です。

 

体に取り入れた毒素を排出する
ために腎臓はフル稼働・・
そして腎臓は負担過多で機能が衰えて
きて『慢性腎不全』を発症。

 

また、塩分の摂り過ぎは、
高血圧をもたらします。
高血圧はさらに腎臓に負担をかけます。

キャットフードが猫を病気にする?尿石症や腎不全などの関連は?

 

さらに、ほとんどの添加物には、
発がん性、免疫障害、内臓異常、
ホルモン異常、
などのリスクが指摘されています。

 

もうお分かりですよね・・?

もうこれ以上は説明の必要もないと
思います。

 

もともと猫は、腎臓の負担が多いと
いう宿命を背負った動物です。
そこにさらに過度の負担を強いる
ような食べ物を与えるのはやめましょう。

 

また、近年は人間同様、猫にも
『癌』が増加してきています。
もちろん、これには食事だけではない
理由も考えられます。

しかし、食事など注意することで
リスクを減らすことは可能です。

 

ちくわ(かまぼこなど他の練り製品も
同様)を猫に与えるのはデメリット
しかありません。

 

どうか、人の食べ物を与えるなら
せめて一切、味付け、加工されて
いないものにしてくださいね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です