猫の種類・ネコ科

猫のバーマンは大型種?大きさや体重と毛色や寿命などまとめ!

長毛種の猫さんは、とても
ゴージャスで美しく気品が高い
イメージがありますよね。

 

毛の手入れは大変そうだけど
一度は飼ってみたいな~
なんて思われる方も多いのでは
ないでしょうか。。

 

ま~性格の違いはあれど
中身は短毛でも長毛でも同じ猫
ですけどね笑

スポンサーリンク


長毛の猫さんも種類はさまざま
ですが、メインクーンやラグドール
をはじめ、一般的に体が大きめの
種類が多いですね。

 

近年は大型の猫の人気も
高まってきているようですし。

 

こちらでは『ビルマの聖なる猫』
とも呼ばれる人気の長毛猫
『バーマン』についてまとめて
みました。

 

<バーマンってどんな猫?>

 

バーマンはビルマ(現ミャンマー)
原産の長毛種です。

 

パッと見はラグドールと同じよう
に見えて区別が分かりづらいとも
言われています。

 

確かにソックリですが、もともと
ラグドールは繁殖の過程で交配
にバーマンも入っていますので
似ていても全く不思議はないわけ
ですが。

 

はっきりとした違いとしては、
足先の被毛のカラー(色)の
入り具合です。

 

バーマンはスタンダードでは
4本の足先すべてが白くなっています

白い靴下を履いているような
感じです。

スポンサーリンク



出展:https://petippai.com/


出展:http://www.shwetsun.com/

この白いポイントがバーマンの
最大の特徴で子猫の時から見られ
ますが、個体差もあるため、この
ポイントが出ていない子もいます。

 

ラグドールでも前足の先は白い子
がいますが、四足(後ろ足も全部)
が全部という個体はほぼ見られない
ようです。

 

その他の見かけはほとんど
ラグドールと変わらないと言えます。
ただし大きさが少し違います。

 

また、被毛の色によっては、
ヒマラヤンにも似ていますが、
ヒマラヤンでは足先が白い個体
はいません。
またヒマラヤンは鼻が潰れた
ぺチャ顔です。

ラグドールはどんな猫?動くぬいぐるみ♪の特徴や性格と値段!

 

<バーマンの大きさ>

 

バーマンはがっしりとした体つき
と長毛ということもあり、大きく
見えますが、やや大きめ(中型~
大型の間くらい)の大きさです。

 

大型種に分類されることも
ありますがラグドールよりは
小さめです。
一般的な日本猫より少し大きめです。

体重 4.2kg~7.0kg ♂
3.0kg~4.5kg ♀

体高 20~25cm
体長 30~40cm

 

ただ、足も太く、ボディも筋肉質
でガッシリとしているため重厚感
がある感じがします。

 

あまり大きすぎず、もふもふ
のぬいぐるみの様な長毛の猫さん
がお好みの方にはちょうどいい
サイズ感だと思います。

スポンサーリンク


<バーマンの毛色や性格>

 

バーマンの毛色は、顔や耳、
足先や尻尾に現れるカラー
(ポイント)の色によって呼び方
が決まっています。

*シールポイント
(ヒマラヤンのような濃い茶色)

*ブルーポイント
(ラグドールに多いグレーっぽい色)

その他、

*ライラックポイント

*チョコレートポイント

*レッドポイント

*クリームポイント

*トーティポイント

などがあります。

 

またポイントカラーに縞模様
(タビー)が入っている場合には、

*シールリンクスポイント

*ブルーリンクスポイント

などと呼ばれます。

 

そして瞳の色は、ラグドールと
同じでキレイなサファイアブルーです。

性格は、とても穏やかで飼い主
に対して従順で甘えん坊、
『犬のよう』とも表現される猫です。

 

また好奇心旺盛で、社交的な面も
あり、多頭飼育や他の動物種とも
同居もしやすい猫です。

 

抱っこも嫌がらない子が多い
のでまさにぬいぐるみのように
抱いていたい方にはいいですね。

 youtube pontamikannyanko

 

<バーマンの寿命やかかりやすい病気など>

 

バーマンは寿命は一般的な猫と
ほぼ同じで13~15年とされています。

 

ただし、遺伝性疾患として
肥大型心筋症がある場合があります。

猫の心筋症!遺伝,先天性に多い猫種と兆候や早期発見の方法!

 

その他、

・先天性白内障(眼の水晶体が濁る)

・股関節形成不全(歩行障害)

・膝蓋骨脱臼(膝のお皿が外れる)

・尾端壊死(しっぽの先が壊死)

などが見られることがあります。

 

また、長毛種なのでブラッシング
など毛の手入れは、こまめに
行ってあげないと『毛球症』
なども起こしやすくなります。

 

遺伝性の病気などは、血統に
よっても起こりやすいなどが
分かりますので、ちゃんとした
管理をされているブリーダーから
購入すればリスクを減らすことが
できると思います。

スポンサーリンク







関連記事

  1. オシキャットはどんな猫?犬の魂を持つ猫の特徴と性格や値段!
  2. デカイが甘えん坊で賢い!メインクーンの相場や食費はいくら?
  3. マーゲイ!激レア猫の生態や性格,特徴と超絶可愛い子猫動画!
  4. 猫のスコティッシュフォールドに多い遺伝病,先天性疾患とは?
  5. ジャパニーズボブテイルと日本猫の違いや血統書申請など!
  6. オセロット(ネコ科)の生態や性格,価格は?ペットで飼うには?
  7. アビシニアンってどんな猫?野性的な外見の特徴と性格や値段!
  8. 犬みたいな猫はメインクーン以外にも!犬の魂を持つ猫たち!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP