猫のバーマンは大型種?大きさや体重と毛色や寿命などまとめ!

長毛種の猫さんは、とても
ゴージャスで美しく気品が高い
イメージがありますよね。

 

毛の手入れは大変そうだけど
一度は飼ってみたいな~
なんて思われる方も多いのでは
ないでしょうか。。

 

ま~性格の違いはあれど
中身は短毛でも長毛でも同じ猫
ですけどね笑

スポンサーリンク


長毛の猫さんも種類はさまざま
ですが、メインクーンやラグドール
をはじめ、一般的に体が大きめの
種類が多いですね。

 

近年は大型の猫の人気も
高まってきているようですし。

 

こちらでは『ビルマの聖なる猫』
とも呼ばれる人気の長毛猫
『バーマン』についてまとめて
みました。

 

<バーマンってどんな猫?>

 

バーマンはビルマ(現ミャンマー)
原産の長毛種です。

 

パッと見はラグドールと同じよう
に見えて区別が分かりづらいとも
言われています。

 

確かにソックリですが、もともと
ラグドールは繁殖の過程で交配
にバーマンも入っていますので
似ていても全く不思議はないわけ
ですが。

 

はっきりとした違いとしては、
足先の被毛のカラー(色)の
入り具合です。

 

バーマンはスタンダードでは
4本の足先すべてが白くなっています

白い靴下を履いているような
感じです。


出展:https://petippai.com/


出展:http://www.shwetsun.com/

この白いポイントがバーマンの
最大の特徴で子猫の時から見られ
ますが、個体差もあるため、この
ポイントが出ていない子もいます。

 

ラグドールでも前足の先は白い子
がいますが、四足(後ろ足も全部)
が全部という個体はほぼ見られない
ようです。

 

その他の見かけはほとんど
ラグドールと変わらないと言えます。
ただし大きさが少し違います。

 

また、被毛の色によっては、
ヒマラヤンにも似ていますが、
ヒマラヤンでは足先が白い個体
はいません。
またヒマラヤンは鼻が潰れた
ぺチャ顔です。

ラグドールはどんな猫?動くぬいぐるみ♪の特徴や性格と値段!

 

<バーマンの大きさ>

 

バーマンはがっしりとした体つき
と長毛ということもあり、大きく
見えますが、やや大きめ(中型~
大型の間くらい)の大きさです。

 

大型種に分類されることも
ありますがラグドールよりは
小さめです。
一般的な日本猫より少し大きめです。

体重 4.2kg~7.0kg ♂
3.0kg~4.5kg ♀

体高 20~25cm
体長 30~40cm

 

ただ、足も太く、ボディも筋肉質
でガッシリとしているため重厚感
がある感じがします。

 

あまり大きすぎず、もふもふ
のぬいぐるみの様な長毛の猫さん
がお好みの方にはちょうどいい
サイズ感だと思います。

スポンサー リンク


<バーマンの毛色や性格>

 

バーマンの毛色は、顔や耳、
足先や尻尾に現れるカラー
(ポイント)の色によって呼び方
が決まっています。

*シールポイント
(ヒマラヤンのような濃い茶色)

*ブルーポイント
(ラグドールに多いグレーっぽい色)

その他、

*ライラックポイント

*チョコレートポイント

*レッドポイント

*クリームポイント

*トーティポイント

などがあります。

 

またポイントカラーに縞模様
(タビー)が入っている場合には、

*シールリンクスポイント

*ブルーリンクスポイント

などと呼ばれます。

 

そして瞳の色は、ラグドールと
同じでキレイなサファイアブルーです。

性格は、とても穏やかで飼い主
に対して従順で甘えん坊、
『犬のよう』とも表現される猫です。

 

また好奇心旺盛で、社交的な面も
あり、多頭飼育や他の動物種とも
同居もしやすい猫です。

 

抱っこも嫌がらない子が多い
のでまさにぬいぐるみのように
抱いていたい方にはいいですね。

 youtube pontamikannyanko

 

<バーマンの寿命やかかりやすい病気など>

 

バーマンは寿命は一般的な猫と
ほぼ同じで13~15年とされています。

 

ただし、遺伝性疾患として
肥大型心筋症がある場合があります。

猫の心筋症!遺伝,先天性に多い猫種と兆候や早期発見の方法!

 

その他、

・先天性白内障(眼の水晶体が濁る)

・股関節形成不全(歩行障害)

・膝蓋骨脱臼(膝のお皿が外れる)

・尾端壊死(しっぽの先が壊死)

などが見られることがあります。

 

また、長毛種なのでブラッシング
など毛の手入れは、こまめに
行ってあげないと『毛球症』
なども起こしやすくなります。

 

遺伝性の病気などは、血統に
よっても起こりやすいなどが
分かりますので、ちゃんとした
管理をされているブリーダーから
購入すればリスクを減らすことが
できると思います。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です