腎不全

猫の慢性腎不全に漢方薬の役割や効果は?進行を抑制できる?

日本の伝統医療とも言える『漢方』

漢方と言うと中国のイメージも
強いのですが、日本独自で発展
した日本の医療です。

 

漢方薬は植物などから薬効を持つ
成分(生薬)を組み合わせて処方
されるお薬です。

スポンサーリンク


通常、病院などで処方されるお薬は
いわゆる西洋医学のお薬で悪い所を
やっつけるためのお薬です。

 

そして漢方医学のお薬は、体全体
を整えることで体の持つ免疫力を
上げて自然治癒力を高めるための
お薬です。

 

一般的には西洋医学のお薬が主流に
なっていますが、副作用の心配が
あまりなく、長期に渡っての服用が
可能なことも多いことから、あえて
漢方薬を選ぶ方も多いようですね。

 

そして動物医療でも同じく、
漢方はさまざまな病気や症状に
対して使われています。

 

猫の場合は、『てんかん』『癌』
『口内炎』『慢性腎不全』などで
試してみることが多いです。

 

いずれも、薬を飲んでも完治は
困難で長期に渡って治療が必要な
病気ですね。

 

いろんなお薬を飲ませるのは
心配だし、漢方なら・・という
思いも強いのだと思います。

 

こちらでは猫の慢性腎不全における
漢方薬の考え方、役割、効果など
についてまとめてみましたので参考
にしてください。

 

<慢性腎不全と漢方薬の役割、効果>

 

猫の慢性腎不全は治りません。
今の医療で壊れた腎臓の機能を
回復させることはできません。

 

これは、西洋医学でも漢方医学
でも同じです。

 

ですから、慢性腎不全の治療は
残った腎臓の機能を長く維持
させることが目標の治療です。

 

そして西洋医学では腎機能低下
を抑制、また腎機能低下に伴う
さまざまな症状(高血圧や貧血、
嘔吐など)を軽減、改善させるため
のさまざまな薬剤が使われます。

猫の腎不全治療の薬!ラプロスの効果や副作用、価格など!

スポンサーリンク


 

これらはつまり、悪い、不具合い
が出ているところに対して、そこ
に作用させるためのものです。

 

では漢方医学の場合はどうなのか?

スポンサーリンク


慢性腎不全での漢方薬の役割は

*腎不全の症状に伴う体の負担の軽減

*腎臓の負担を軽減

のためのものです。

 

そして結果的にそれが腎機能低下
の抑制につながると言うことです。

 

腎不全の場合、体の毒素を少し
でも多く尿として体外に排泄する
ことが大事です。

 

点滴や皮下補液などはこのため
ですね。

猫の腎不全の治療!皮下点滴(輸液)の量や頻度、効果とは?

 

そして、腎臓の働きを補う上で
重要なのが豊富な血流です。

 

血液がドロドロになって流れが
悪くなると腎臓に負担がかかります。
そしてさらに腎機能悪化となります。

 

そのため、全身の血液の流れを
スムーズにすることで腎臓への
血流量も豊富に保つことができ、
それによって負担を軽減させる
ことができるのです。

 

腎臓の働きや血流については
こちらで詳しく記載しています↓

猫の腎不全にオメガ3脂肪酸の効果は?血流改善と腎臓の関係性!

 

そして、漢方の基本三原則と
言えば、

『気(き)』エネルギー

『血(けつ)』血液

『水(すい)』血液以外の体液

です。

 

これらの乱れを整え、バランス良く
保つことで、全身状態を改善して
免疫力を高めるわけです。

 

つまり、血の滞り減り、などに
効果を発揮するのが漢方です。
そして『気』は血液に運ばれ全身
に巡るため、エネルギーも充電
され、元気に・・となります。

 

そのため、

*血液をサラサラにして腎臓の負担軽減

*腎臓を元気にする

*血流を悪くしないよう体の不調を改善

これらの効果が期待できると
いうことです。

 

もちろん個体差はあります。
特に薬としての作用は通常のお薬
より漢方薬の方が個体差が顕著に
出ます。

猫の慢性腎不全の予防効果が期待できるサプリやおやつなど!

 

<効果的な漢方薬は?>

 

漢方薬は体質や症状などその
個人個人に合わせて処方されるものです。

 

ですから、どんなに良い薬だと
言われても合う合わない、効果
を感じる感じない・・があります。

 

そしてそれは、猫の場合も同じです。

 

そのため、すべての腎不全の猫さん
に同じ漢方薬が効果的だとは
言えませんが、一般的に腎臓病に
効果的だとされ、良く処方されて
いる漢方薬としては主に以下のものがあります。

 

*五苓散(ごれいさん)

利尿効果のある成分が含まれ、
体内の水分を効率良く排泄。

*猪苓湯(ちょれいとう)

利尿作用と炎症や腫れ、痛みなど
を軽減。

*当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

体力が落ちている場合、貧血
などの症状を改善。

*八味地黄丸(はちみじおうがん)

腎臓の働きを良くし、代謝機能
を高めたり、高血圧の症状を改善。

*小柴胡湯(しょうさいことう)

血液中のカリウム量を下げたり、
炎症を沈め、腎臓に良い影響。

 

これら一つ一つが複数の生薬を
調合したものですが、状態に
応じてこれらを1種類、また
数種類の処方になることもあります。

 

ただし、漢方は苦味や独特の
クセがあるものも多く、形状に
よっては猫に飲ませるのは難しい
場合もあります。

 

試してみたい場合にはまずは
かかりつけの動物病院で相談してみましょう。

 

漢方薬は扱っている病院と
扱わない病院もあります。

 

ただ、扱っていない病院でも
漢方薬の投与を反対するところ
はあまりないと思われますので、
一応、投与の許可を得てから、
漢方の調剤薬局などで相談して
みるといいですね。
(腎不全の進行具合や体の状態に
よっては、飲ませないで下さい
となることもあります。)

 

基本的にペットに使われる漢方
も人間用です。
量や状態によって調剤が少し
変わる程度ですから大丈夫ですし、
ペット用として漢方の調剤を行う
薬局も増えてきています。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 慢性腎不全の猫のよだれについて!原因や対処、治療法は?
  2. 猫の慢性腎不全と甲状腺機能亢進症が併発する原因や治療など!
  3. 猫の突然死(急死)!心筋症や甲状腺機能亢進症、腎不全の場合!
  4. 猫の慢性腎不全(まとめ)治療,闘病~最期まで,私が思うこと
  5. 猫の輸血の方法や効果、副作用などのリスクや料金について!
  6. 腎不全の猫で見られる体重減少or増加の原因や体の状態とは?
  7. 猫の慢性腎不全(5)末期の症状や自宅での看取りについて!
  8. 猫の腎不全にオメガ3脂肪酸の効果は?血流改善と腎臓の関係性!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP