検査と費用など

猫の避妊手術!腹腔鏡手術の費用やメリットデメリットなど!

猫を飼ったら不妊手術を
受けさせましょう。

 

オスは去勢、メスは避妊というのが
今は当たり前のようになってきています。

 

手術というとやはり怖いイメージ
もありますが、受けることの
メリットの方が断然大きいです。

スポンサーリンク


愛猫さんのストレスを減らし、
健康で長生きしてもらうためにも
不妊手術が必要なことは言うまでもありません。

 

そして、動物医療も日々進化を
遂げています。

 

より安全に、より動物の負担を
減らすための治療技術、機材なども
進歩しています。

 

メス猫の避妊手術も腹腔鏡での
手術が可能になっています。

 

もちろん、まだ腹腔鏡手術を行う
病院は多くはありませんが、今後
増えていくものと思われます。

 

人間の医療ではがん治療やさまざまな
手術で腹腔鏡が使用され、患者さん
の負担軽減に大きく貢献していますよね。

 

こちらでは、腹腔鏡を使用しての
猫の避妊手術について通常の手術法
との違いや手順や方法、費用、また
メリットデメリットなどについてまとめてみました。

猫の避妊・去勢手術について~絶食や手術、退院後のケアまで~

スポンサーリンク


<腹腔鏡手術とは>

 

腹腔鏡はお腹の中(腹腔)をテレビ
カメラに映し出し、その映像を
見ながら、細く特殊な鉗子やメスを
挿入して手術を行う方法です。


出展:https://www.olympus.co.jp/

通常の開腹手術の場合は、
目視によって臓器を確認、指を
入れて手術を行うため、ある程度
の視野が必要です。

 

お腹の真ん中(ヘソより下)を
切開しますがその範囲は、
一般的に2cm~5cmになります。
(獣医師の技術によっても大きさは
変わります)

 

これが腹腔鏡手術の場合は、
カメラ挿入ヶ所、鉗子やメスなど
の挿入ヶ所の計2~3ヶ所を1ヶ所
あたり3~5mm程度の切開のみで行えます。

 

そのため、開腹というイメージが
少なく、もちろん傷口も小さいため
術後の負担も最小限に抑えることが
できる術式になります。

 

避妊手術の他、膀胱結石の摘出、
オス犬や猫の腹腔内停留精巣の
摘出、各臓器の生検や摘出なども
腹腔鏡にて行えます。(病院によって異なる)

スポンサーリンク


<腹腔鏡手術の手順>

 

基本的に手術以外の手順に
ついては通常の手術と同じです。

 

全身麻酔をかける

毛刈り、消毒(お腹全体)

各モニター装着

お腹の真ん中に穴をあける(切開)

穴からトロッカー(筒)を入れ炭酸
ガスを入れる(視野を確保するため
お腹を膨らませる)

トロッカーにカメラを入れる

他の穴もあける(手術器具の穴)

モニターを見ながら手術
(卵巣切除→子宮切除)

切除した子宮卵巣を穴から取り出す

切開部分を縫合して終了
(各部位一針程度)

麻酔から覚醒

 

手術にかかる時間は獣医師の技術に
よって大きく変わりますが、慣れて
いる先生だと通常の開腹手術よりも
早く終えることができます。
(20分前後)

 

しかし、まだ経験の少ないような
先生の場合には、通常の開腹手術
よりも時間がかかることもあります。
(40分~)

 

また、通常の開腹手術より、
器具の準備、セッティングに少し
時間がかかる場合もあります。

 

全身麻酔については方法やリスク
など通常の手術と同じです。

猫の全身麻酔における後遺症や副作用、死亡率などについて!

 

<腹腔鏡手術のメリットデメリット>

 

『メリット』

*傷跡が小さい

通常の開腹手術に比べると
半分~三分の一程度の傷です。

*痛みが少ない

傷の小ささもですが、お腹の中で
手術が完了するため、臓器を引っ張り
出したりしないので術後の痛みが少ないです。

*術野やお腹の中が良く見える

拡大して見ることができるため、
肉眼よりも鮮明に見えるため、
手術が行いやすく、また開腹では
見にくい部位も見ることができる

*お腹の中の環境を保てる

臓器が外気に触れることなく
湿潤環境を保ったまま手術が行える
ため、術後の胃腸の回復も早く、
臓器の癒着も少ないです。

*縫合糸による組織反応の心配がない

通常の手術では臓器の切開部を
糸で縫合しますが、腹腔鏡の場合
超音波メスで切開、凝固を行うため
縫合の必要がありません。

*入院期間が短い

病院にもよりますが、猫の負担が
少ないため、日帰りで行うところ
もあります。(開腹は通常1泊入院)

 

『デメリット』

*費用が高い

特殊な器具や技術が必要で、通常の
開腹手術よりコストがかかるため、
費用が高額になります。

*手術時間

場合によって手術時間が通常の
開腹よりも長くなることがあります。

*合併症

腹腔鏡手術特有の合併症を起こす
可能性があります。
(炭酸ガス注入に伴う皮下気腫、
空気塞栓、トロッカー挿入に伴う
臓器損傷や抜去時の出血など)

*開腹への切り替え

なんらかの原因で臓器癒着がある
場合など腹腔内の状態によっては
腹腔鏡での手術が行えず、開腹手術
に切り替える場合もあります。

 

<腹腔鏡による避妊手術の費用>

 

猫の避妊手術は病院にもよりますが
通常の開腹手術で30.000円前後
平均的な相場です。

 

腹腔鏡の場合には、これにプラスで
20.000~40.000円程度上乗せ
設定している病院が多いです。
ですから安くても50.000円以上は
必要になります。

避妊手術済の猫に発情が!手術失敗?考えられる原因と対処法は?

<まとめ>

 

まだ、腹腔鏡手術を行う病院は
少ないです。

 

専用器具の装備はもちろん、
特殊な技術をマスターしなければ
いけないため、ある程度大きな規模
の病院で獣医師の人数も多いところで
ないと実践は難しいようです。

 

ただ、動物医療の進化も目覚しい
ものがありますので今後少しずつ
増えて行くとは思われます。

 

費用は高額ですが、避妊手術は
一生に一回のものですし、健康な
体にメスを入れるわけなので少し
でも負担を少なくしてあげたいですよね。

 

また、日帰りできれば猫さんの
ストレスも軽減できますし。

 

愛猫さんの避妊手術を控えて
おられる方でで腹腔鏡手術を
お考えの方は、実施している病院
を良く調べてみて、かかる時間や
費用など、しっかりと確認してくださいね。

 

技術的な面も含め、ある程度の
頭数をこなしている先生であれば
安心だと思います。

 

せっかく、負担軽減のためにと
高額の費用支払っても腹腔鏡手術
お願いしても、慣れない獣医師に
当たって長時間かけられるのもイヤですから。。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫が頭突きをする意味って?猫らしい可愛い理由があった!
  2. 高齢猫のケア!愛猫を元気で長生きさせるためにできること!
  3. 子猫(成猫)を迎え入れるための準備や気をつけることは?
  4. 猫が毛玉の部分を痛がる,触ると怒る!お手入れや対策法は?
  5. 猫の妊娠!レントゲンやエコーなど必要な病院の検査と費用は?
  6. 老犬、老猫ホーム(生涯預かり)とは?システムや料金など!
  7. 猫の尿検査に必要なオシッコを家で上手に取る方法を紹介!
  8. 高齢猫が水を飲まない!考えられる原因や対処法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP