飼育について

猫のストレスと寿命の関連性は?免疫力低下が招く病気とは?

ストレスで寿命が縮む!?

そんななんとも恐ろしい真実が
人間では研究によって判明して
います。

 

そして、マウスを使った実験でも
ストレスが与えるさまざまな影響
が報告されています。

 

つまり、動物も同じなのです。

私たちの愛猫も日々のストレスに
よって、体の不調を招いたり、
それによって寿命が縮むことも
あるわけなのです。

スポンサーリンク


ストレス社会と言われる現代・・
もはやストレスを回避すること
の方が難しいですよね。

 

でも人間であればストレスを自分で
発散する方法も、ストレスを溜め込
まないようにする対策を考えたり、
実行することもできます。

 

しかし、室内飼育の猫の場合は、
なんらかのストレスを抱えても
それを思い通りに発散できる環境
ではないことが多いわけです。

 

また、基本的にストレスが原因と
思われるなんらかの発散行動(粗相、
噛み付き、不適切な場所での爪とぎ
など・・)を猫が起こすとそれは
人間にとっては問題行動と捉えられます。

 

そして、その状況で適切な対処を
してもらえなかったり怒られたり
すると猫にとってはさらにストレス
が増すことになります。

 

そうなんです。
猫にとっては、限られた空間の中で
ストレスを抱えてしまった場合、
それを発散することが快く思われな
い環境で生活しているわけです。

 

また、そのストレスを外に発散
するのではなく、自分自身に向けて
しまうこともあります。

猫の心因性脱毛症の症状や治療法!過剰グルーミングに注意!

スポンサーリンク


そして、本来猫はストレスを
溜めやすい動物です。

 

だから、猫を飼うにはなるべく
ストレスを与えないような飼育環境
が大事だと言われるのです。

 

こう書いている自分自身も
実は反省しないといけないことも
多いです。

 

なんやかや忙しいとどうしても
構ってやる時間が取れずに愛猫
たちは退屈で、時折、ニャーっと
訴えてくることも多いです。

 

そんなとき、すぐに遊んでやり
たくても、用事の途中だったりすると
もう少し待ってね~・・なんて
言って構えずにいると遠くから
寂しそうな顔でこちらをじーっと
見ていることも。。

 

そんな顔を見ると心が痛いです。

愛猫を30年生きさせることを目標
にしている私にとっては、もっと
退屈させないようにたっぷり遊んで
刺激を与えて、ストレスを溜めない
ようにしなきゃいけないのに!と。。

 

そこで今回は自分への戒め(?)も
含め、猫のストレスと寿命、また
ストレスが引き起こす病気などに
ついてまとめてみました。

スポンサーリンク


<猫のストレス>

 

猫のストレスで主に挙げられるのは、

*肉体的ストレス(身体への苦痛など)

*心理的ストレス(社会、環境への
不安や驚異など)

です。

 

肉体的なストレスは虐待などは
論外ですが、その他については
注意することで防げますし、病気
などは早期発見(定期的な健康診断)
や早期治療を心がけることである
程度、回避できます。

 

しかし、心理的ストレスにおいては
飼い主さんが気付かないことも多く
長期的にそのストレスに猫さんが
さらされていることも少なくありません。

 

そして、猫の飼育においてストレス
要因として一番に挙げられるのは
『多頭飼育』だと言われています。

 

猫にも社会性はありますが、
本来、単独で生きる動物です。
また、外猫であれば自分の縄張り
を保持することで他猫とも付かず
離れずの共存をしていくことも可能です。

 

しかし、限られた室内空間では
満足に自分の縄張りを確保する
こともできず、相性の悪い猫
と同じ空間で生活を強いられます。

 

これは猫にとっては、常に
ストレスを抱え続けているような
ものですので、多頭飼育の猫さん
たちは何かと問題(特にトイレ
の粗相)が多いのは仕方ないと言えます。

 

ですから、多頭飼育の場合でも
十分な広さと1匹1匹が安心できる
テリトリーと確保できるような
環境作りが大事だと言われるのです。

猫の不安行動やそのサインとは?原因や対処法について!

 

また、多頭飼育ではない猫さん
(1~2匹程度)の場合では、ストレス
要因は、環境と飼い主さんです。

 

環境はトイレであったり、爪とぎ
であったり、食事であったり・・
猫の本来の習性を考えた生活環境を
整えてあげることが大事です。

 

そして、もう一つ、猫は犬のように
飼い主さんをご主人、リーダーだと
は思っていません。

 

猫にとっては、飼い主さんは
気の許せる同居人、同じ猫仲間
程度に思っているとも言われますが
やはり、親代わりだと思っている子
が多いようです。

 

猫の飼い主に対する接し方、
ボディランゲージなどは、子猫が
母猫に行うものと同じですし、
少なくとも、猫同士での行動です。

 

ですから、親兄弟と一緒ではない
猫さんにとっては飼い主さんが
親であり、兄弟のような存在なのです。

 

猫は自立しているから放っておいて
も大丈夫・・などといい加減なこと
も言われてますが、少なくとも同じ
縄張りの中で生活する者同士は、
コミュニケーションが必要なのです。

 

そして、猫の成長、暮らしにおいて
猫本来の生態(狩りをする肉食動物)
を発揮させて遊ばせてあげたり、
適切な栄養バランスの食事を与える
こと・・これは飼い主の役目なのです。

 

これを怠ると猫にとっての本来の
生活が送れず、ストレスになって
いきます。

 

猫を飼うにはまず猫を知ること
から!これが大事なわけです。

猫のあくびが多い理由と心理とは?ストレスや緊張ってホント?

<ストレスと寿命について>

 

人間ではストレスは全くないと
それもかえって良くないとも
言われ、近年はストレスに立ち向か
おうとする人ほど免疫力が高い
などとも言われています。

 

要は考え方ですよね。
ストレスで病気になる・・と
思うとその通りになる!という
ように、そのストレスをどう
捉え、どう向き合っていくかに
よって寿命も変わるということでしょう。

 

適度なストレスを快楽に変える
ということが長生きにもつながる
ようですね。
(適度・・というのが難しい
感じもしますが)

 

さてこれを猫に置き換えると
どうなのか・・?
おそらく猫もある程度のストレス
は必要だと思います。

 

ただ、猫が感じるストレス、
強く生きていく上で必要なストレス
というのが、人間との暮らしの中で
受けるストレスと同じかどうかは
疑問です。(違うと思います)

 

私が思うに猫がそれを快楽に変える
ストレスってたぶん、捕まえようと
した獲物に逃げられた・・とか
ベランダに来ている鳥を追いかけ
られない・・とか、猫の生きるために
必要な本能によるものだと思うんですよね。

 

だから、それにはやはり猫の本能に
見合った刺激を与えてあげることが
必要でそれ以外の不安を伴うストレス
は、プラスに働くストレスではないと
考えられます。

 

*猫らしく生活できない

*安心できる環境がない

これらのストレスは猫にとっては
体の不調を招いたり、また寿命を
縮める結果になると言えると思います。

 

<ストレスが招く猫の病気>

 

病気の原因の多くはストレス!
とも言われます。

 

ストレスは免疫力低下を引き起こし、
身体を守る力が落ちて病気になる。

 

要は、ストレスに上手く向き合え
ない、快楽に変えることができない
場合ですね。

 

強いストレスを受けると『自律神経』
が乱れ、交感神経が優位になります。

 

そうするとリンパ球のバランスが
崩れて免疫力の低下が起きます。

 

また、ストレスを受けるとストレス
ホルモンの一つ、コルチゾール
大量に出ます。

 

このコルチゾールは免疫抑制作用
があり、慢性的なストレスを受け
続けることでコルチゾールも常に
分泌され続けるため免疫力が低下します。

 

このようにストレスによって
起きる免疫力低下で一番に
挙げられる怖い病気は、『がん』です。

猫の皮膚のシコリは80%はガン!悪性度の高い腫瘍と特徴は?

その他、

*感染症(猫カゼなど)

*アレルギー

*腎臓病

*糖尿病

*口内炎

*認知症

などが挙げられます。

猫の認知症(痴呆)が増えてきている!症状や原因と対処法!

 

近年、猫の『がん』『糖尿病』
『認知症』なども増えてきています。

 

高齢化だけではなく、猫も常に
ストレスの中で生きていかざるを
得ない環境に置かれているのかも
しれませんね。

 

そしてそれを強いているのは
私たち人間ですから、少しでも
ストレスを減らして幸せに生活
させてあげるよう心がけなければ
いけません。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 高齢猫の異常な食欲や元気は病気の可能性?行動の変化に注意!
  2. 猫にちくわを食べさせても大丈夫?塩分や添加物などの問題は?
  3. 猫の多頭飼育で気をつけること!新入り猫さんを迎えるとき!
  4. 猫が去勢すると長生きする理由とは?病気やストレスの関連性!
  5. 猫の飼い方!トイレなどの臭いが気にならない対策やグッズ!
  6. 猫の爪の除去手術は虐待では?アメリカでは多く行われている!
  7. 猫がエリザベスカラーに慣れるには?装着の必要性や効果は?
  8. 猫が病気を隠すのはなぜ?野生の名残りからくるその理由とは!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP