猫の認知症にサプリの効果は?早期の対策で進行を遅らせる!

人と猫の認知症は同じ!?

 

人の認知症の中で最も多く、
全体の60~70%を占めるのが
アルツハイマー型認知症です。

 

そして、このアルツハイマー病
になるのは、人間以外では猫だけ
とされています。

スポンサーリンク


認知症にもその原因はさまざま
あり、犬など他の動物でも高齢
になると脳の中に老廃物
(βアミロイドと呼ばれるたんぱく
質)が蓄積されます。

 

ただ、この老廃物が記憶を司る
海馬の神経細胞を変化・脱落させて
海馬の萎縮、脳の働きを低下させる
アルツハイマーに進行するのは人間
と猫だけなのです。

 

βアミロイドと呼ばれる蛋白質が
ネコ科動物では他の動物と異なる
ことが原因と考えられているようです。

 

そして認知症のアルツハイマー病が
起きるメカニズムも人間とまったく
同じであるということが研究で分か
り、発表されたのが2015年12月のことです。

 

猫は人間と90%類似した脳の構造
を持ち、知覚や思考、記憶などを
司る大脳皮質がとても発達しています。

 

つまり、猫と人間は見かけは
全く異なるが脳はそっくり!
なのです。

 

そのため、猫に認知症の症状
が現れたらそれはアルツハイマー
病である可能性が高いと言えます。

猫の認知症(痴呆)が増えてきている!症状や原因と対処法!

 

そして、猫も年々寿命が伸びて
きています。
高齢化が進めば、認知症になる
子が増えるのも必然です。

 

認知症の猫さんのお世話は
想像しているよりも大変です。

 

そして現在のところ認知症は
治る病気ではなく、進行を遅らせる
という治療法しかありません

 

そのため、人間でもそうですが
サプリメントの服用も推奨されています。

 

早期の認知症やまた認知症の
予防のためにも、薬ではない
サプリメントの有用性が期待
されます。

 

そこでこちらでは認知症に
効果的だとされるサプリ、栄養素
やその作用などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

スポンサー リンク


<認知症に効果的とされる栄養素>

 

基本的に猫の認知症に効果的と
される栄養素などは人間の認知症
に対するものと同様と考えられて
います。

 

【オメガ3脂肪酸】

脳の働きを良くしたり、
生活習慣病の改善にも効果的だと
して一番に名前が挙げられるのは
EPAやDHAなどオメガ3脂肪酸が
有名ですね。

 

オメガ脂肪酸の、DHAやARA
(アラキドン酸)は脳の神経細胞
の細胞膜をしなやかにして活性化
させます。

 

そのため、学習能力の向上
認知機能改善、また認知症
予防にも効果的
だとされています。

 

軽度の認知障害や認知症予防にも
有効性が認められている王道の
栄養素と言えます。

 

【フェルラ酸】

米ぬかに多く含まれるフェルラ酸
に、認知症発症の原因の1つ、
βアミロイドの蓄積を低下、沈着
を予防する作用があることが分かっています。

 

フェルラ酸は強い抗酸化作用を
持つポリフェノールの一種で
米や穀類のぬか部分にそのほとんど
が含まれています。

 

そのため精米した米や小麦などでは
フェルラ酸を摂取することができな
いため、人でもサプリの摂取が推奨
されている栄養素です。

 

【中鎖脂肪酸】

脳の栄養不足を助けると言われる
中鎖脂肪酸は、ココナッツオイル
に多く含まれ、ケトン体を効率的
に作るとされています。

 

脳はエネルギー源としてブドウ糖
を利用しています。
そして体内にブドウ糖が不足して
しまったときには、脳では肝臓
で作られるケトン体を利用します。

 

そしてアルツハイマー病の脳では
ブドウ糖をうまく利用できなく
なっているとされています。

 

中鎖脂肪酸は摂取後、直接肝臓
まで運ばれる栄養素で、一般的
な油に含まれる長鎖脂肪酸よりも
10倍も多くのケトン体を作り出す
ことが分かっています。

 

このことから、ブドウ糖が使えず
エネルギー不足になって休眠していた
脳細胞が、中鎖脂肪酸が作り出す
ケトン体をエネルギー源とし、再び
機能をはじめる可能性があるとされています。

 

【フォスファチジルコリン】

フォスファチジルコリンは、
一般的には『レシチン』とも
呼ばれ、リン酸やグリセリン、
脂肪酸と合わせて脳内の神経伝達
物質アセチルコリンの構成成分です。

 

レシチンは脳の記憶機能を活性化
する働きがあり、不足すると脳
の活動が低下します。

 

そしてアルツハイマー病の脳
では、レシチンの量が低下して
いることが分かっています。

 

レシチンは牛肉、豚肉、鶏肉や
卵、大豆などに多く含まれる
脂質の一種です。

 

【プラズマローゲン】

プラズマローゲンは、体内(脳内)
にも多く存在し、抗酸化やイオン
の輸送に重要な役割をするリン脂質
の一種ですが、アルツハイマー病の
脳では減少していることが分かっています。

 

これを補うことで、脳の海馬の
神経細胞新生、βアミロイドによる
認知機能障害の改善、神経炎症と
βアミロイドの蓄積を防ぐという
研究報告がされています。

 

認知症に効果的な主な栄養素と
しては、上記のものが期待されて
人の医療業界でも使用、推奨されて
います。

 

他にも、
・いちょう葉エキス
・赤ブドウ葉エキス
・ヒハツエキス
・ガーデンアンゼリカエキス

など、脳に良いとされる代表的
な成分も多くあります。

 

また、上記に挙げた栄養素でも
単体では効果がなく、他の栄養素
とセットで摂取することで効果が
あるものもあります。

 

そのため、一般的にはそれらを
複合的にバランス良く配合した
ものがサプリメントとして発売
されているようです。

 

<猫の認知症のサプリとは>

 

ペット用のサプリとしては
認知症用というよりも高齢に伴う
さまざまな不調や臓器の機能低下
など全般を考慮して作られている
ものがほとんどです。

 

そしてその多くがやはりオメガ
3など不飽和脂肪酸をメイン
しているものです。

 

私がおすすめできる猫用の認知症対策
サプリは、【毎日一緒】です。

・DHA
・EPA
・亜麻仁油
・フェラル酸
・ビタミンE
・イチョウ葉エキス
・ビタミンB12

という認知症に効果が期待できる7種類
の成分が配合されています。

 

かつお味のタブレットタイプの
サプリメントで嗜好性はなかなか
いいです。(個体差はありますが)

 

GMP認定の国内工場で生産されている
ので品質も安心です。
さらに、保存料 ・香料・着色料・化学調味料
などの添加物は入っていません。

 

添加物としては、ステアリン酸Caと
微粒酸化ケイ素が入っていますが、
これらは薬でもそうですが錠剤タイプの
製造には不可欠なものですし、危険性
(毒性)はありませんので大丈夫です。

 

価格的にも高すぎずお手頃なので
継続しやすいと思います。
また、お試し価格もあるので
まずは飲ませられるか試してもらうと
いいですね。

【毎日一緒】公式サイトこちら>

 

また、飼い主さんがオメガ3(亜麻仁油
など)を取り入れていらっしゃる場合は、
人用のオメガ3オイルをティースプーン
一杯程度、フードに混ぜて与えてあげる
のもいいですよ。
それだけでも良い効果が期待できるはずです。

 

その他、ペット用の認知症対策や予防と
してもサプリもいくつかありますが、
選ぶ際には、極力余計な添加物などが
入っていないものを選ぶようにしてくださいね。

 

また、サプリメントは薬剤ではない
ため、飲んですぐに効果が出るわけ
ではありませんから継続することが
大事です。

 

そのため、価格的にも、また愛猫さん
が飲みやすく続けられるタイプの
ものを選ぶことも大事ですね。

 

また、今後さらにペットの寿命が
伸びてくると予想されますので
認知症改善のサプリや薬剤なども
ペット用としてさらに多くの効果的な
栄養素を複合したものが製品化され
てくるものと思われます。

 

ペットの長寿化に対し、動物医療
のさらなる進歩が期待されますね!

 

<猫の認知症予防、改善のために>

 

認知症の症状が見られたら
薬やサプリなどに頼りたくなる
のは当然と言えます。

 

しかし、大事なのは愛猫が
『脳を働かせる』ように仕向けて
あげることが重要なのです。

『脳の活性化!』

これは日常生活の中で飼い主
さんができることでちょっとした
注意やお世話などケアをしてあげる
ことです。

 

また、加齢によるさまざまな体の
衰えを見逃さないようにする、
暮らしやすい環境で楽に過ごさせて
あげることで認知症の進行を遅らせ
たり、予防にもなります。

 

【コミュニケーション】

常に声をかけたり触れ合ったり、
マッサージ、ブラッシングをして
あげることで脳は活性化されます。

 

【栄養管理】

栄養組成のしっかりした良質の
フードを規則正しく適正量を与える

 

【健康管理】

猫は高齢に伴い、甲状腺機能亢進症
や腎不全、糖尿病などが多くなります。

これらの検査は必ず定期的に受けましょう。

また、排便や排尿の回数や
排尿姿勢や動作などもチェックしましょう。

 

【室内環境に配慮】

運動機能が衰えるとそれまで
当たり前に行動できていた環境
にも適応できなくなります。

それらの変化をいち早く察知し、
暮らしやすい環境を整えてあげる
ことです。

猫の老化は何歳から?症状,兆候を外見や行動からチェック!

 

そして、その認知症の程度、
レベルに応じた適切な治療、対処
を行うことです。

 

夜鳴きなどがあると飼い主さんも
寝れなくなり日常生活に支障を
きたすことにもなります。

 

また、トイレの粗相なども起きて
くると後片付けや掃除も大変です。

猫の認知症の対策!粗相の対処法やおトイレの工夫について!

 

認知症の症状もさまざまですし、
個体差もあります。

 

抱え込まず、ちゃんと獣医師に
相談してください。

 

猫さんにとっても飼い主さんに
とっても少しでも負担が軽減
される治療、対処法は必ずありますから。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です