介護や看護

猫がタバコを食べた!?中毒症状や致死量について!

猫は、オモチャや布類、
ヒモやゴムなどを誤飲して
しまうことがあります。

 

遊んで咬んだりしているうち
についそのまま飲み込んでしまう
場合や、明らかに食事以外のもの
を食べてしまう(異食症)場合もあります。

スポンサードリンク


特に害もなくそのまま便に出て
くるようなモノや大きさであれば
いいですが、飲み込んだ物に
よっては、中毒症状を起こしたり、
腸閉塞などを起こし、命に関わる
重症になることもあります。

 

個体差もありますが、猫は
思いもよらないモノに興味を
示し、咬んだり舐めたりすること
もあります。

 

特に子猫などは何にでも興味を
示しますので危険です。

 

ですから、基本的にはそれら
猫が食べたり舐めたりして危険を
伴う可能性があるものは、目に
付くところに置かないようにする
ことが大事です。

猫の誤飲癖、異食症の原因や対処法と他に見られる異変とは?

 

そして猫が食べてしまって
中毒症状を起こす可能性がある
ものの一つに『タバコ』があります。

 

ほとんどの猫はタバコの煙や
匂いを嫌がるのですが、たまに
興味を示し、口にしてしまう猫
もいます。

 

また今はメンソールのタバコも
多いですが、『ハッカ』には
猫の好きな『またたび』と同様
の作用があるため、その匂いに
反応し、口にしてしまう猫もいるようです。

猫にまたたびの作用とは?体に与える影響や有害性について!

スポンサードリンク


 

ただ、タバコは有害物質の塊です。

食べてしまうと中毒を起こす
可能性もあり、また大量に食べて
しまった場合には命に関わることもあります。

 

そこでこちらでは、猫がタバコを
誤食してしまった場合に起こり得る
症状や致死量、また対処法などに
ついてまとめてみました。

 

<タバコに含まれる有害物質>

 

タバコと言えば煙に含まれる
有害物質の受動喫煙による悪影響
が挙げられますが、当然、火を
点けていないタバコそのものにも
有害物質は多く含まれています。

 

タバコによって中毒症状や致死
が起きるのは『ニコチン』
よるもので、ニコチンの毒性は
青酸カリの倍以上ともされるほど
危険性が高いものです。

 

また、タバコにはタバコの葉
そのものに含まれる成分以外にも
有害物質が非常に多いのです。

 

タバコは亜熱帯性植物のタバコ
(ナス科タバコ属)を乾燥、加工
して作られています。

 

このタバコの葉の栽培には大量
の農薬が使用されています。

 

そして、一般的な紙巻タバコでは
タバコの葉にプラスして化学物質
(添加物)も大量に含まれています。

・燃焼剤
・香料
・保湿剤
・保存料
・結合剤
・溶媒
・加工除剤

などですが、含まれる添加物の
種類は、数百とも数千とも言われ、
その中には発がん性物質など有害
なものも多く含まれます。

 

添加物においては食品などでは
ある程度の規制がありますが、
タバコは食品ではないため、規制
は甘く、まさに無法地帯とも言えます。

 

もともと毒性のあるタバコの葉に
さらに大量の農薬、添加物が
詰め込まれて、とても体に悪そう
な嗜好品が作り上げられているのです。

 

絶対、愛猫には食べさせたくない
恐ろしいシロモノなのです。

 

今は少しでも害を減らす(?)よう、
無添加や無農薬と銘打って
いるタバコもありますけど、
それでもニコチンは入ってますから。

スポンサードリンク


<タバコ誤食による害と症状>

 

猫も人間の子供と同じくタバコ
を食べてしまうことによって
ニコチン中毒の症状を起こすことがあります。

 

一般的には誤食後10~50分以内
に何らかの症状が出ることが多いです。

主な症状としては、

・よだれ
・嘔吐
・興奮
・ふるえ
・視覚症状(瞳孔縮小)
・呼吸困難
・神経症状(けいれん)

などが挙げられます。

 

ただ、ほとんどの場合、
ニコチンの持つ刺激性や強い
催吐作用によって嘔吐し、
吐き出してしまうため、重篤な
症状にまで至ることは少ないです。

 

またニコチンは胃では吸収
されにくく、小腸までいって
そこで一気に吸収されるため、
胃にあるうちに吐き出して
しまえば中毒症状を防ぐことが
できるのです。

 

ただ、タバコは水に浸かった状態
ではニコチンが溶け出し、その
浸出液を誤飲すると体内での吸収
が早くなるため、危険度は増します。

 

<中毒、また致死を起こすニコチン量>

 

猫が中毒症状を起こす可能性のある
ニコチン量は『1~2mg/kg』です。

 

ニコチン含有量はタバコの銘柄
によっても変わりますが、1本
当たり0.1~2.3mg程度含まれています。

 

そのため、目安としては
4kgの猫でタバコを2~3本食べる
と中毒を起こすと考えられます。

 

また、致死量としては
『8mg/kg』です。
4倍以上の量ですから、タバコ
にしても8本以上となり、それほど
食べる猫はまずいないと思われます。

 

ただ、前述しましたが、水に
溶けた状態であれば危険性は
一気に上がりますので食べた量に
関係なく、早い対処が重要になります。

 

<タバコを食べたときの対処法>

 

猫がタバコを食べてもすぐに
吐いてしまえば問題ないことが
ほとんどです。
(水に浸かっていない状態)

 

吐かない場合には吐かせる処置
を行います。(誤飲してすぐの場合)

 

また中毒量に達しない少量で
あれば大丈夫ですが、個体差も
あり、また食べた量がはっきり
分からないような場合には念の為
吐かせると良いですね。

 

できれば、猫がタバコを
食べた場合には、動物病院で
処置、治療を受けるべきですが
応急処置として自宅で吐かせる
場合には塩を舐めさせましょう。

吐かせ方など詳細はこちら↓

猫が誤飲した時に吐かせることは可能?その方法や注意点とは?

ただ、まずは動物病院に電話をして
指示を仰ぐのが一番安心です。

 

また、すでに何らかの症状が
出ている場合には早急に受診
しましょう。

 

状態によりますが、活性炭など
吸着剤の投与やニコチンの作用
を阻害するアトロピンの投与、
また場合によっては点滴(輸液)
などが必要になることもあります。

 

タバコの誤食後、4時間経過して
も、特に何の異変も見られない
場合は、大丈夫と考えられます。

 

基本的には、猫が自由に動き
回れる空間にタバコを置かない
こと。注意しましょう。

 

また、猫の受動喫煙の影響は
深刻なものがあります。
猫にタバコを食べさせないことは
もちろんですが、猫がいる空間
でタバコを吸わないことも大事です。

猫のリンパ腫など癌にタバコの副流煙が影響!発症率が高まる?

 

また、もし誤食してしまったら
その食べた量と状況をしっかり
観察してすぐに動物病院に相談
(電話)すること。
これが大事です。

 

タバコの誤食は飼い主さんの注意
で100%防げる事故です。
愛猫を守りましょう。

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫が唸る、怒るときに考えられる原因や理由と対処法とは?
  2. 子猫の成長!誕生~成猫になるまでの体の変化や育て方まで!
  3. 冬の猫は動かない!?睡眠時間や運動など行動の変化とは?
  4. 猫がこたつで低温やけど?のぼせや脱水症状など注意すること!
  5. 猫の薬の飲ませ方は?錠剤や粉薬、液体など上手な投与方法!
  6. 猫の繁殖に必要な資格とは?ブリーダーって儲かるの?
  7. 保護猫の病気や必要な検査など動物病院でかかる費用は?
  8. 猫の写真撮影にフラッシュは危険!失明やショックの可能性も!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP