雑学

猫の繁殖に必要な資格とは?ブリーダーって儲かるの?

猫は、避妊去勢手術をしていない
場合、本能のままに繁殖行動を
行って妊娠、出産します。

 

それが猫という動物の本能であり
生態です。
イエネコでもその本能は色濃く
残っています。

スポンサーリンク


そして猫は比較的、安産型で
また、多産な動物です。

 

そのため、室内飼育でもオスメスが
いて不妊手術を施していなければ
どんどん増えていきます。

 

親子、兄弟での近親交配も当たり前
なのでまさにネズミ算式に増えて
いきます。

 

その結果、動物愛護法の改正など
ペットに対する適正飼育の意識が
高まりつつある中で問題視されて
いる多頭飼育崩壊が起こります。

猫の多頭飼育崩壊!原因は驚異の繁殖力と兄弟、親子の近親交配!

スポンサーリンク


 

このような猫の自然欲求による
繁殖とは異なり、種の保存や、
その種のスタンダードに近い、
より良い猫を作って、それを
流通させて広める・・と言った
目的で繁殖をコントロールして
子猫を産ませるのがブリーダーです。

 

ただし、金儲けのためだけに
子猫を産ませる悪質な繁殖業者も
多く存在するのも事実です。

ペットビジネスの闇!猫ブームの裏側の悪質ブリーダーの実態!

 

こちらでは、猫の繁殖を行うために
必要な資格など、またブリーダー
は商売としてはどうなのか?など
についてまとめてみました。

 

<猫の繁殖に必要な資格>

 

猫を繁殖させてそれを流通(販売)する
場合には資格が必要ですが、飼い猫
などを家庭内で繁殖させ、その子猫
たちをそのまま飼育したり、知人に
無料で譲ったりする分には資格などはいりません。

*ただし、営利目的ではなくとも
保護施設やシェルターなどで多くの
頭数を飼育(猫の場合10頭以上)し、
譲渡などを行う場合は、
第二種動物取扱業の届出が必要。

 

繁殖行為が商売(営利目的)
つながる場合、いわゆるブリーダー
や繁殖業者では以下の資格や
届出が必要になります。

 

「動物取扱責任者」の取得。
「動物取扱業」の登録(届出)。

 

動物取扱責任者は、ある一定の条件
を満たしていれば取得できます。

 

下記の3つの条件のうち1つでも
当てはまれば大丈夫です。

 

*営もうとする第一種動物取扱業の
種別ごとに半年以上の実務経験があること。

これはペットショップなどで
半年ほど仕事すれば大丈夫です。

 

*営もうとする第一種動物取扱業の
種別に係わる知識及び技術について
一年間以上教育する学校法人、その
他の教育機関を卒業していること。

これはペット関連の専門学校
に通う必要があります。

 

*公平性及び専門性を持った団体が
行う客観的な試験によって営もうと
する第一種動物取扱業の種別に係わ
る知識及び技術を習得していること
の証明を得ていること。

これは通信教育や民間の機関で
資格を取ることができます。
(通信講座によっては取得できない
ところもあります。)

 

こちらの通信教育では動物取扱責任者
のライセンスが取れます。
無料で資料請求もできますよ↓

ws000006
出展:http://j-kc.co.jp/info/handling.html

 

動物取扱業については、その繁殖
を行う施設の都道府県への届出が
必要になります。

 

登録申請書類の様式や条件などは
各自治体によって多少の違いは
ありますが、

・業務内容
・飼養施設の構造、規模
・販売の実施法

などの記載が必要になります。

 

ちなみにペットショップや
猫カフェでも同様の資格が必要です。

 

一応、上記の資格、届出が完了して
許可が下りれば営利目的での繁殖
が可能となります。

 

ただし、猫の繁殖は素人が簡単
に行えるものではありません。

 

繁殖しようとする猫種のさまざまな
知識が必要なのは言うまでもありま
せんが、猫の繁殖(交配、かけ合わせ)
においても専門的な知識が必要になります。

 

ただ、オスとメスを交配させれば
良いわけではなく、特に純血種
の場合、間違った交配を行うと
奇形や障害を持った子などが
産まれてくることも多いです。

 

また、本来ブリードとは、
その猫種の質を向上させるため
より良い猫を作るために行われる
ものです。(金儲けの繁殖業者とは
異なります。)

 

ですから、そのために交配させる
親猫もそれなりの質を持った猫です。

 

一般的にペット用として販売
されている純血種の猫たちは
繁殖には不向きな子たちがほとんどです。

 

ですから、できればその種の専門
のブリーダーから繁殖向きな猫を
譲り受け、繁殖のノウハウを教えて
いただくのが一番良いのではないかと
思います。

スポンサーリンク


<猫のブリーダーは儲かるのか?>

 

生きた動物を商売にするという
のは、あまり良いイメージを
持たれないですよね。

 

猫たちを交配させて子供を
産ませて、その子供を売りさばく
的な・・

 

エサ代と猫砂程度・・
猫の飼育にそんなに費用もかからない
わけだし、子供は勝手に産んでくれる。

 

そして純血種なら一匹あたりでも
10万円以上で売れる。
5匹産んでくれたら50万円。
かなり儲かるのでは?・・
的なイメージかもしれません。

 

たしかに金儲けだけを考えている
悪質な繁殖業者はそんな感じですね。

 

ただし、マジメにブリード(繁殖)
を行っているブリーダーは、
ハッキリ言ってあまり儲かりません。

 

プロのブリーダーは飼育する猫
たちの管理を怠りませんし、
しっかりとお金をかけています。

 

良い子猫を産ませるためには
親猫が健康でなくてはならない
わけですから、健康管理はもちろん
飼育環境にも細心の注意を払って
います。

 

食事もグレードの高いものを
与えています。

 

また、猫の場合は、ちょっと
油断すると勝手に交配している
なんてことも多いわけですから、
1頭1頭の管理も大変です。

 

特に頭数が多くなれば、多くの
ケージやそれなりの広さも必要に
なります。

 

ですから、必要経費だけでも
相応の金額がかかります。
それが生き物なのだから当然ですが。

 

また、子猫が生まれてもそれら
がすべて健康に育つとは限りません。

 

特に純血種の場合、奇形などが
産まれてくることもあります。
また成長過程で障害が発現する
こともあります。

 

そしてすべてが望む金額で売れる
とも限りません。

 

売れずに大きくなってくると
価格を下げるしかありませんが、
ブリーダーはプライドが高い方
も多く、自信をもって繁殖した
猫の価格を下げるのを嫌がる方も
多いです。

 

ペットショップや卸業者などで
は、安い金額で引き取ってくれます
が、基本的にマジメなブリーダーは
そのようなところに子猫を渡しません。

 

そうなってしまうと必然的に
自分のところに残るわけで、
そんな感じで頭数が増えて管理
が大変になるということも多いです。

 

ですから、ブリーダーだけを
本業にしている方は猫では少ない
と思います。
ペットショップや猫カフェなど
と兼用でというカタチは比較的
多いですが。

 

一般のお宅では奥さんが繁殖して
いるけどご主人は他に仕事を持って
いるとか・・

 

あくまでも趣味程度・・という
感じが多いようですね。
知識がしっかりあるのであれば
それで良いと思います。

 

本業になってしまうとそれで
食べていかなければならなくなる
ので、稼がなきゃという気持ちが
強くなり、どうしても最初の志は
薄れ、金儲け主義になっていく
ことも多いです。

 

そうなるとと、本末転倒、
そして被害者は猫たち・・という
ことになってしまいます。

 

生き物を扱う仕事は、大変です。
特に繁殖は人工的に命を作る、
生み出すという重大な責任を負う
ものですから。

 

安易な考えで行っていいこと
ではないのです。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の耳のレーダー機能が高性能!人間との聴力の違いとは?
  2. 世界猫の日が8月8日の由来は?各国で制定の猫の日どう過ごす?
  3. 猫のあくびが多い理由と心理とは?ストレスや緊張ってホント?
  4. 猫の寿命の平均と長寿猫の年齢!オスとメスはどっちが長生き?
  5. 猫のわがまま?鳴いたり噛んだり食べないなどしつけはできる?
  6. 全米野良猫の日とは?アメリカでの取り組みやイベントなど!
  7. フェリウェイの使い方!多頭飼育や喧嘩、粗相や爪とぎにも!
  8. 猫は飼いやすい・飼育が楽って本当?実は大きな間違いだった!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP