腎不全

猫の腎不全の透析治療!方法や効果、リスクや費用について!

猫の腎不全治療の「最後の砦」
とも言うイメージのある
『人工透析療法』。

 

人の医療では昔から行われて
いて、それによって腎臓病の患者
さんも健康な人と変わらないほど
長生きも可能です。

 

また透析医療も年々、進歩して
きていて、透析をしながらでも、
仕事をしたりと元気に過ごすこと
ができるようですね。

 

スポンサーリンク


 

そして近年、動物医療の分野でも
『透析療法』が取り入れられる
ようになってきました。

 

動物医療の進歩としては、
とてもうれしい話ですが、果たして
ペットの『透析治療』の現状は・・?

 

猫の腎不全の救世主となるのか?

 

まだまだ課題は山積み、現実的
ではないと言われるのはなぜか?

 

今回は、猫の腎不全における
透析療法についてまとめてみました。

猫の腎不全薬ラプロスの治療効果に期待!価格や副作用など!

スポンサーリンク


 

<人工透析療法とは>

 

透析療法は『腎代替療法』の
一つで、いわゆる腎臓の働き
(機能)を人工的に補助する治療です。

 

通常、猫の場合、薬剤や食事療法、
点滴(皮下輸液)などで腎臓の働き
を助ける治療が行われます。

 

しかし、これらの治療で腎機能を
補えなくなった場合、命を保つ
ことができなくなった場合には、
他に手立てはなく、あきらめるしか
ありませんでした。

 

透析療法はこのようになって
しまった腎臓の機能を補うこと、
尿毒症症状の改善ができる唯一の治療法です。

 

透析療法には、

*血液透析

*腹膜透析

の2種類があります。

 

『血液透析』は、
専用の透析装置(ダイアライザー)を
使う方法で、血液を一度体外に出し
ろ過装置と透析液によって老廃物
を取り除き、浄化した血液を体内
に戻す治療です。

 

人の透析では血液透析が一般的に
なっています。

 

以前は動物医療においては、普及
していませんでしたが、近年、
動物専用の透析装置も進化してきて
取り入れる病院も少しづつですが
増えてきています。

 

『腹膜透析』は、
専用のカテーテルを猫のお腹に
装着して、そこから透析液を注入し、
腹膜を介して老廃物を透析液の中に
引き込み、その透析液を回収、排泄
することで老廃物を除去する治療法です。

 

腹膜透析は、機械などが必要ない
ため、動物医療でも以前から行われて
いた方法です。

 

また、近年は連続携行式腹膜透析
という、処置時間を短縮、簡素化
した方法もあり、自宅でも飼い主
さんが腹膜透析を行うこともできる
ようになっています。

 

そして、猫の透析療法を知る上で
急性腎不全と慢性腎不全の違いが
重要になってきますので事前に
急性と慢性の違いを理解していた
だく必要があります。

猫の腎不全は完治する?急性と慢性によっての違いや予後とは?

 

<猫の透析の方法>

 

透析治療は、一度二度行って
終わりの治療ではなく、複数回、
数日~数週間に渡って行われます。

 

また、慢性腎不全の場合には、
一生続ける治療になります。

 

そのため、専用のカテーテルを
体に装着(埋め込む)する処置
必要になります。

 

『血液透析の方法』

血液の体外循環のための血液の
出入り口(ブラッドアクセス)を
確保します。

 

猫の場合、首の頸静脈に専用の
中心静脈カテーテル(ダブルルーメン
カテーテル)を設置します。

 

この際、軽い鎮静処置、もしくは
短時間の全身麻酔が必要になります。
(よほど大人しい子の場合には
局所麻酔のみで行われることも
あります)

 

ブラッドアクセスを通じて体外に
出た血液は、機械の血液回路へ流れ
途中のダイアライザー(透析装置)で
透析処理され、終わった血液はまた
血液回路を通ってブラッドアクセス
から体内へ戻ります。

 

血液透析を行う際は、体外循環の
途中での血液凝固を防ぐために
ヘパリン(抗凝固薬)の投与が必須になります。

 

透析の時間は、数値や状態に
よっても変わりますが、平均的に
一回で2~3時間ほどになります。

 

透析治療中は、状態の観察が
必要ですが、大人しくしてて
くれれば、入院室やゲージの中
で楽に過ごさせます。

 

透析中や透析後に血液検査を
行いながら、数値を見ていきます。

 

透析が終了したら、装置から外し、
カテーテルはそのまま包帯などで
首に巻きつけて保存します。

 

状態によりますが、急性腎不全
場合は、毎日の透析が必要になり、
その後、改善してくれば数日に1回
など状況に合わせて治療を行って
いくようになります。

 

『腹膜透析の方法』

透析液を注入するための腹腔内
カテーテルを腹部に設置します。

この際、軽い鎮静処置、または
短時間の全身麻酔が必要になります。

 

カテーテルを通して腹腔内に
透析液を注入します。
(200~300ml程度)

 

そのまま、1~2時間程度、透析液
を入れたままにしておきます。

 

そうすると血液中の老廃物や
尿毒素、電解質などが透析液の
中に移動します。

 

その透析液をまたカテーテル
を通して回収します。
これを数回(3~5回)繰り返します。
(回数は状態にもよる)

 

終了したら、カテーテルは
そのま設置、包帯などで
お腹に巻きつけて保持、保護服
などを着せます。

 

腹膜透析は状態にもよりますが、
毎日、複数回が一般的です。

 

これらは機械ではなく、手動で
行います。

スポンサーリンク


<透析療法の効果>

 

透析療法の治療効果としては、

*尿毒症の改善
*高血圧の改善
*貧血の改善

などが挙げられます。

 

腎不全の治療で必須の皮下輸液
や点滴よりは確実に効果は高いです。

 

猫の腎不全の治療!皮下点滴(輸液)の量や頻度、効果とは?

 

ただし、基本的に透析療法は、
急性腎不全に対し行われる治療で、
救急救命措置という位置付けになります。

 

そして効果が上がれば回復が
見込めます。

 

ただしダメになった腎臓を治すこと
はできません。

 

ですから、急性腎不全での透析療法
は、透析治療を行う間に急性腎不全
に陥った原因の障害を治癒させること
で、救命ができ、その後、透析療法
から離脱できるまで回復させるための治療です。

猫の急性腎不全の原因や症状、治療や入院などの費用は?

 

一方、慢性腎不全においての
透析治療の場合は、最期の延命
治療という位置付けで、実際、
あまり行われない(推奨されない)
のが現状です。

 

これには、慢性腎不全の場合は、

・回復が見込めないこと

・長期の延命は難しいこと

・莫大な費用がかかること

などが挙げられます。

これらについては後述します。

 

<透析療法の適応>

 

透析療法は、

・急性の腎障害で集中治療、
24時間静脈からの点滴を行って
も改善が見られない場合

・利尿剤を使ってもオシッコが
出ない(欠尿、無尿)状態

・水分過剰状態で強い浮腫が見られる

・電解質濃度が危機的な数値

・心不全を起こしている

・BUN 100mg/dL以上、
CRE 5mg/dL以上。

・慢性腎不全の一時的な憎悪期

などの場合に適応となり、効果が
期待されます。

 

ただし、

・原因疾患の状態や合併症が重度。

・極端に臆病であったり、攻撃的。

・治療を継続するための費用の捻出が
できない。

などの場合には、透析療法は行えません。

 

<透析療法のリスク、合併症など>

 

透析療法では、透析中や透析後に
合併症としてさまざまな症状が
現れる可能性があります。

主に挙げられるものとしては
以下の症状です。

 

『血液透析の合併症』

 

*不均衡症候群

体がまだ透析に慣れていない導入期
に、頭痛や腹痛、吐き気などが
起きることがあります。

*出血傾向

血液透析の場合には、血液が固まら
ないため、抗凝固薬を使用します。
そのため、透析中や透析後、数時間
は出血すると血が止まりにくくなります。

*低血圧

透析での除水によって循環血液量
が減少することで血管収縮能の
低下が起きることがあります。

*感染症

カテーテル挿入部や回路内に
細菌感染が起きることがあります。
また、暴れてカテーテルを
抜いてしまうこともあります。

*血栓症

体外に出た血液が固まらないよう
抗凝固剤を投与しますが、それでも
血栓ができてしまうこともあり、
血管に詰まると静脈血栓塞栓症
を起こす可能性があります。

 

『腹膜透析の合併症』

*感染症・腹膜炎

カテーテル挿入部に内部に細菌感染
が起きることで皮膚炎など、また
内部に感染が進むと腹膜炎になる
こともあります。

*被嚢性腹膜硬化症

腹膜が劣化し、腸が癒着、
腸閉塞などを起こすことがあります。
ただし、よほどの長期間続けるの
でなければ大丈夫とされています。

 

<血液透析と腹膜透析の比較>

 

・1回の透析効率、効果は血液透析の
方が高いです。

・治療にかかる時間も血液透析の
方が短いです。
腹膜透析は何度も繰り返す必要が
あるため、拘束時間が長く通院
では難しいです。

合併症は血液透析の方が多く、
リスクは高いですが、カテーテル
挿入における感染症のリスクは
どちらもあります。

腹膜透析は、お腹に大量の透析液
を入れるため、膨満感などの違和感
や不快感が伴います。

費用面では圧倒的に血液透析が
高いです。

 

<猫の透析療法の費用とまとめ>

 

猫の透析治療がなかなか普及しない
のは、第一に費用の問題があります。

 

特に血液透析は高額なため、
回復が見込め、透析から離脱できる
可能性のある急性腎不全での
救命措置がメインになっています。

 

特に犬の急性腎不全での需要が
ほとんどです。

 

猫の慢性腎不全の場合、末期の
一時的な憎悪期であれば、状態を
安定させ、透析から離脱できること
もありますが、離脱できない可能性
も高いのです。

 

また、末期の状態では透析治療
自体の負担も大きく、治療が継続
できない可能性もあります。

 

ですから、慢性腎不全の場合、
血液透析を効果的に行うとすれば
末期ではなく、比較的早期のうち
から透析療法を行っていけば、
長期的に効果が期待でき、進行を
止めることができるとも考えられています。

 

しかし、これにも費用の壁があり
実際、不可能と言えるでしょう。

 

病院によって多少異なりますが、
平均的には、透析1回につき、

血液透析/50.000~100.000円

最初のカテーテル装着処置は
20.000円程度です。

 

急性腎不全であれば順調に回復
すれば、数日で徐々に回数を
減らしていって2週間程度で離脱
できます。

 

しかし、慢性腎不全の場合は、
状態によりますが毎日~少なくとも
週に3回程度は必要になるため、
一ヶ月でも莫大な費用が必要に
なります。

そして一生続きます。

 

さらに腎臓の回復が見込めるもの
でもないため、慢性腎不全における
血液透析は現実的ではないとされ、
行わない病院も多いです。

 

ですから、慢性腎不全で透析療法
を行う場合には、どちらかというと
腹膜透析の方が現実的です。

 

腹膜透析であれば、費用も血液透析
に比べれば全然お安いです。

腹膜透析/数千円~20.000円

最初のカテーテル装着処置は
10.000~20.000円程度です。

 

また、自宅で行えるように処置
をしてもらえますので、毎日
通院ができない場合でも可能です。

 

もちろん、合併症のリスクは
伴いますし、自宅での腹膜透析
もなかなか大変です。

 

また、大人しい猫さんでなければ
難しいですし、カテーテルも
抜けないように注意が必要です。

 

そして、腹膜透析がどこまで
続けられるか?また延命効果に
ついても必ず期待できるとは
言えません。

 

それでも、もう他に何も手立てが
ない。まだ諦めたくない。
という方は、腹膜透析を行っている
動物病院でぜひ相談してみてください。

猫の腎不全の末期~最期の延命や安楽死の選択について!

 

透析治療を行う病院はまだ少なく、
また血液透析の装置を導入している
病院は全国でもわずかです。
(徐々に増えてきていますが)

 

また、ペットの保険でも透析治療
は対象外という現状があります。
(対象の会社は現在のところないようです。)

 

残念ながらまだまだ動物医療に
おいて透析療法の普及は課題が
多すぎると言えます。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の慢性腎不全の中期!症状や体の状態、治療や経過について!
  2. 猫の腎不全の治療薬が開発中!期待される効果や実用化の時期は?
  3. 猫の慢性腎不全治療の新薬!ラプロスの作用や効果とは?
  4. 猫の慢性腎不全!カリウム異常の原因や症状と治療について!
  5. 猫の慢性腎不全と尿検査!尿比重との関係性や数値で見る進行度!
  6. 猫の腎不全!遺伝によって起こる腎臓病の多発性嚢胞腎とは?
  7. 猫の腎不全薬ラプロスの治療効果に期待!価格や副作用など!
  8. 猫の腎不全でBUN測定不能の数値オーバー!その後の経過など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP