診療費について

猫の安楽死の方法や費用と決断について!動物病院の実情など!

生ある者は必ず死あり。

 

生命は永遠ではなく必ずいつか
死ぬときがきます。
人でも動物でもみんな同じです。

 

そして、その死がいつどんな形で
やってくるのかはその時にならない
と誰にも分かりません。

スポンサーリンク


しかし、犬や猫などの愛玩動物は
我々人間よりも圧倒的に寿命の
短い生き物です。

 

ですから、家族の一員として
ペットを迎えたときから、その子
の一生(成長から老いて死すまで)
を飼い主は責任を持って見守ら
なければいけません。

 

必ずやってくる最期のとき・・
不慮の事故かもしれない。
病気かもしれない。
寿命かもしれない。

 

もっと早くに気づいてあげれば・・
あの時にこうしてやれば・・
など、自責の念に駆られること
もきっとあります。

 

精一杯生きた・・
やれることはすべてやった・・
きっと幸せな一生だったと思う・・
そう思えれば何よりですが。

 

どんな形であれ、愛する家族
(ペット)の死は悲しいことです。

 

しかし、それらすべての悲しみを
受け入れ、受け止めるのがペットを
飼う、一緒に暮らす・・と言うことです。

 

ペットの死、最期のときに
ついてはさまざまなカタチがあります。

 

ほとんどが病気によるものですが、
事故などの場合もあります。
また、安楽死もあります。

 

今回は、猫の安楽死についてです。

飼い主として一番辛い選択であり、
その苦しみは言葉では言い表せない
ものです。

 

ただ、安楽死については考え方は
それぞれであり、飼い主さんは
もちろん、獣医師においてもその
決断については意見が分かれるところです。

 

また、猫(動物)において安楽死
の重み、命の重みは飼い主さんに
よって感じ方もさまざまです。

 

一般的に安楽死もやむを得ないと
される状態として、

・心身に耐えがたい重大な苦痛がある

・死を回避する手段も、苦痛を緩和
する方法もない

などで、安楽死はいわゆる苦痛
からの解放です。

 

しかし、これに該当しない場合
でも安楽死を望まれる飼い主の
方もいらっしゃるのが現状です。

 

少なからず猫の安楽死については、
動物医療に携わるものとしては
避けては通れないことであり、
実際に行われる安楽死の方法や
実情などについて、個人的意見も
含め、まとめていきたいと思います。

 

<安楽死の現状>

 

今でこそ、猫ブームと言われ、
猫の人気が高まり、また猫の飼い方
についても健康で長生きさせるよう
にと飼い主さんの意識も向上して
きていますが・・

 

数年前までは、猫は犬と異なり、
予防接種や健康診断などを受ける
割合も非常に少なく、医療面に
おいては軽視されていました。

 

そのため、安楽死というものも
ほとんどが犬で猫の安楽死と
いうのは稀であったと言えます。

 

・猫は自由にさせているという
飼育環境

・猫は病気が分かりにくい

・猫の病気をお金をかけて治療
するという意識が低い

などと言う理由が挙げられると
思いますが、基本的に猫を病院に
連れていく・・という考え自体が
浸透していなかったためもあります。

 

ですから、安楽死という方法を
考えることのない飼い主さんが
多かったのです。

 

しかし、近年は猫に対する意識も
向上してきていますし、病気の
治療においても積極的な飼い主
さんが増えてきています。

 

ですから、猫の安楽死についても
徐々に増えてきていますし、今後
は更に増えてくるように思います。

 

また、猫も寿命が伸び、高齢に
伴う病気も増えてきています。
人と同じように「がん」も増えて
います。

必然的に安楽死を考えざるを得ない
状況というのも増えてくるでしょう。

スポンサーリンク


<猫の安楽死の方法>

 

現在、動物病院で行われる安楽死
は、その名の通り、
「安らかに楽に逝かせてあげる」
方法です。

 

全身麻酔の注射薬が使用されます。
通常、手術などの時に麻酔として
使用する量の4~5倍量を静脈内
より投与します。

 

使用される薬剤は病院によっても
多少変わりますが、一般的に多い
のは、バルビツール酸誘導体系
薬剤です。

 

バルビツール酸系薬は、全身麻酔
の他、抗てんかん作用、睡眠作用、
鎮静作用などのあるお薬です。

 

通常の麻酔薬としての作用機序は、
大脳皮質から中枢神経系を抑制する
ことで意識の消失、麻酔状態へと
なりますが、これを過剰投与する
ことで、

深麻酔状態 ⇒ 呼吸中枢の抑制に
よる無呼吸 ⇒心停止

となります。

 

静脈内投与では効果の発現が早く、
意識消失は速やかに起きるため、
恐怖や不安を与える時間も最小限
で済みます。

 

注射針を刺すときの少しの痛み
だけです。

 

麻酔薬の投与は、前足か後ろ足(内側)
の静脈から行われます。
血管の確保がしやすい、また猫さん
の状態によってどちらになるかは
その時によります。

 

また、あまりに痩せて弱っている
場合、子猫の場合などは足の静脈
確保は難しいこともあり、その場合
は、首の太い頸静脈から行うこともあります。

 

注射を刺して、ほんの数秒で
終了です。
注射が終わった直後~数秒後には
もう心拍は確認できず、心臓は止まっています。

 

この時点で亡くなったことが
伝えられます。

 

その後、体をキレイにしてあげたり、
排泄物が出てこないように陰部など
に綿球を詰めたりなどの処置が
行われ(10分程度)、飼い主さんに
引き渡されます。
(病院によっても多少変わります。)

 

<猫の安楽死の費用>

 

安楽死の費用は、料金設定を
していない病院がほとんどだと
思います。

 

つまり、その時の状態によって
費用は変わります。

 

また、安楽死についての見解は
獣医師においてもさまざまです
ので、それによっても費用は
大きく異なると言えます。

 

病院や状況によりますが、
猫の場合、安楽死の費用として
10.000円~20.000円程度から

上限はありません。

50.000円、100.000円、また
それ以上、請求するところもある
かもしれません。

 

これは、使用する薬剤の料金など
は関係ありません。
あくまでも獣医師の考え(気持ち)
によって決まるものです。

 

状況によると言いましたが、
それまで飼い主としてしっかり
と病気の治療を行っていた場合、
猫さんの看病をしていた場合など
には、あまり高額な費用を請求
することはないと思います。

 

この場合は、その猫さんの病状など
すべてを把握した上で、猫さんの
苦痛、そして飼い主さんの心情を
察した上で安楽死という決断に
至ったと理解できるためです。

 

費用が高くなるのは、積極的な
治療を行っておらず、最低限の
予防や健康維持を怠っていたと
判断できる場合などです。

 

また、猫の苦痛を取り除くためと
言うより、飼い主さんの都合(面倒
見れない、大変など)による場合です。

 

動物を飼うことの責任と命の
重みを分かってもらうための
費用加算とも言えます。

 

あとは、実際に命を奪うという
行為を行うことに対する獣医師
への精神的慰謝料とも言えるのかもしれません。

猫の悪性リンパ腫の予後や余命、安楽死の選択について!

スポンサーリンク


<猫の安楽死の決断について>

 

前述しましたが、安楽死の選択が
認められるのは基本的には、

・心身に耐えがたい重大な苦痛がある

・死を回避する手段も、苦痛を緩和
する方法もない

の場合です。

 

これらに当てはまる状態で、安楽死
を考える、また決断が必要になる
可能性があるのは、猫の場合で多い
のが以下の状態です。

 

*口腔内の腫瘍

扁平上皮癌やメラノーマが口の中
や顔面にでき、手術も不可能、
他の治療も効果が上がらず、食事
も困難になってしまった状態。

 

*呼吸困難

腫瘍の肺転移や他の何らかの原因
によって、胸水が溜まり呼吸が
苦しく、改善できない場合。

 

*心筋症

心筋症で血栓が、後ろ足の付け根
などの血管に詰まり、激しい痛み
で七転八倒、治療が不可能な場合。

 

*てんかん大発作、重積発作

通常、てんかんは長くても数分
で治まりますが、発作が止まら
ない状態、治療しても意識が
回復しない場合など。

 

*脳、神経系の病気

腫瘍やウイルスなどによって
脳神経に異常をきたし、治療効果
が望めない場合。

 

*野良猫の交通事故

飼い主さんのいない猫で、事故
などによって重傷、重体の場合。

 

その他の病態や状況でも安楽死が
考えられることもあります。
また獣医師の見解もそれぞれです。

 

<最後に>

 

安楽死は、飼い主さんはもちろん
獣医師、看護師も誰しもができれば
行いたくないものです。

 

人間では『尊厳死』などという
言われ方もありますが、動物の
場合には、その意志を聞くことは
できませんし。

 

ですから、その判断はすべて
飼い主さんに委ねられ、決断が
できず、悩んで苦しむのも当然です。

 

猫の場合は、その生態から
痛みや辛さをなるべく出さない
ようにして生活しています。

 

そのため、目に見えて痛みや苦しさ
が分かる場合には、隠すことの
できないほどの辛さということです。

 

そして、野生で生きる猫は、
病気や事故などで自分で動くこと
ができなくなったら、狩りをして
獲物を捕ることができなくなったら
そのまま静かに息を引き取るのが
運命です。

 

しかし、家族の一員として人間と
共に暮らす猫の場合には、その
一生は外猫とは異なります。

 

食事を与えられ、安全な寝場所、
縄張りを与えられ、人間によって
生かされているのです。

 

病気になったら、治療してもらい、
お世話してもらうという生活を
得ているわけで、そしてそのような
生活を猫に強いたのは人間なのです。

 

この時点で猫の一生は飼い主に
委ねられています。

 

ですから、その責任も含め、
猫にとって、最期はどうして
あげたらいいのか?
一番辛くないようにするには?

ということを考えてあげることが
一番大事なことです。

 

おそらく猫のためだけを考えれば
答えは出るのだと思います。
そこに飼い主さんの感情も入って
しまうことで迷いが生じてしまうのです。

 

人間だから当然ですね。
感情の生き物ですから。

 

安楽死において、賛成も否定も
できませんが・・
安楽死をするのはしょうがないの
かな・・という目安としては上記
の状態を参考にしていただけると
いいかなと思います。

 

精一杯、生きてくれた。
その生涯を共に過ごしてくれた。
思い出をたくさん残してくれた。

愛情をいっぱいかけて可愛がった。
楽しくて幸せだった。
共に生きてくれてありがとう。

 

それだけで十分なのかも
しれませんね。
最期がどんなカタチであろうと。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 宮城県の夜間診療、救急対応の動物病院!費用や受診について!
  2. 動物看護師になる!通信,専門学校,大学の違いと選ぶ基準は?
  3. ペットの救急に!夜間診療を行う茨城県内の動物病院まとめ!
  4. 夜間・救急対応の動物病院を受診するときの注意点!
  5. 富山県内で夜間救急にも対応の動物病院!費用や対応など!
  6. 夜間の救急時にも!大阪府の診療が可能な動物病院をご案内!
  7. 猫さんのストレス軽減に!福岡・九州の猫専門病院ご案内!
  8. 良い動物病院の見分け方・評判のいい獣医さんってどんな人?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP