猫の下痢や軟便に食物繊維の効果とおすすめのフードなど!

猫の下痢には食事の見直しも。

 

猫が下痢する原因はさまざまな
ものがあります。

 

腸内寄生虫など駆虫を行えば完治
するものから、内臓疾患による
もの、ウイルスや細菌感染、一過性
のものから食物アレルギーなど
その原因は多岐に渡ります。

 

原因が治療できるものであれば
下痢症状は治まりますが、原因
が特定できない場合や、完治でき
ない場合、また元の体質によって
繰り返す場合など症状もさまざまです。

スポンサーリンク


そして、下痢をしている場合に
重要なのが食事管理です。

 

原因が治療によって完治でき、
下痢も治まる場合では、基本的に
そのままでも大丈夫ですが・・

 

長引く場合や慢性的な下痢、軟便
の場合、胃腸が弱い場合、原因
の治療が困難な場合・・
などは、食事療法が有効になります。

 

そして、下痢の場合には人では
消化の良い食事や食物繊維が大事
だと言われますが、肉食動物の
猫の場合はどうなのでしょうか?
どんな食事が良いのでしょうか?

 

こちらでは、猫の下痢と食事療法
についてまとめてみましたので
参考にしてください。

 

<猫の下痢>

 

猫は下痢だけではなく、便秘も
多いですが、正常な猫のウンチ
に含まれる水分量は約70%ほどです。

 

そして『下痢』と言われる状態に
なる場合には水分量は80%以上で
90%を超える状態では『水下痢』
となります。

 

このウンチの水分量は、腸がどの
程度水分を吸収するかによって
変わり、これは口からの水分摂取量
は関係しません。

 

下痢になるときは、腸の水分吸収が
十分にできずに便の水分量が多く
なっている状態です。

 

下痢の原因はさまざまですが、
腸の中の悪いモノを早く体外へ
排出しようとする防御反応が
働くために起きます。

 

ウイルスや細菌、寄生虫など
はっきりした原因がない場合の
下痢は、消化吸収不良によるものや
食物アレルギー、ストレスなどが
原因になっていることが多いです。

 

また、猫の場合、キャットフード
の影響による下痢が多いです。

 

スポンサー リンク


<下痢の食事管理>

 

猫が下痢を起こしている場合には
消化管(胃腸)に刺激や負担が少ない
『消化の良い食事』『腸内環境』
を整えることで消化機能を正常
することが大事になります。

 

*消化の良い食事

消化管での負担を軽減し、食事中の
栄養素をしっかりと吸収し未消化物
を減らすことで、適切な水分量を
維持することができ、また便の量
も減ります。

 

*腸内環境を整える

 

食物繊維は、腸の蠕動運動の調節
や整腸作用があります。
適度な食物繊維(種類や量)を
バランス良く摂取することで、
腸内環境を整えることができます。

 

 

そして、オリゴ糖ビフィズス菌
などの摂取で腸内の善玉菌を
増やし、悪玉菌を減らすことで
腸内細菌のバランスを整える
ことで最適な腸内環境を維持できます。

 

また、食品添加物な腸管内の
有毒物質を吸着して排泄することで
腸内の健康維持ができます。

 

下痢をすると食事中の脂質(脂肪)
が多いイメージがありますが、
猫の場合は、脂肪の消化、吸収
能力が高いため、脂質の制限は
必要のないことがほとんどです。

 

肉食動物の猫にとって消化管に
負担をかけるのは炭水化物や
穀類が多く含まれる食事です。

猫に必要な栄養素とキャットフードの矛盾!炭水化物は不要?

 

そして、これらのことに配慮して
作られているのが専用の療法食です。

 

メーカーや消化器の状態によって
いくつかの種類が販売されて
いますが、基本的には

*消化吸収、腸内環境のサポート
がメインのタイプ。

*食物アレルギーによる消化器
症状に配慮したタイプ。

に分けられます。

 

<下痢など消化器疾患の療法食>

 

動物病院で推奨される療法食と
しては、以下のものがあります。

 

『ロイヤルカナン』

*消化器サポート

高消化性のたんぱく質や炭水化物、
またフラクトオリゴ糖などの
可溶性食物繊維が配合してあります。

ドライフードのみで500g、2kg
のラインナップです。

食物アレルギー以外の下痢症状
対応です。(高タンパク、高脂肪
がNGな病態では推奨されません)


ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート可溶性繊維 ドライ 猫用 2kg

 

 

*セレクトプロテイン ダック&ライス

ダック(鴨肉由来のたんぱく質)と
タピオカ由来の炭水化物が使用
されています。

また、皮膚の健康維持のための
オメガ3不飽和脂肪酸やビオチン
など増強。

ドライフードのみで500g、2kg、
4kgがのラインナップです。

食物アレルギーによる消化器疾患用です。


ロイヤルカナン 療法食 セレクトプロテインダックライス 猫用 ドライ 2kg

 

*セレクトプロテイン チキン&ライス

加水分解チキンに皮膚の健康維持の
ためのオメガ3、ビオチンなどを
増強。

また、消化管の健康維持のため
フラクトオリゴ糖も配合。

ウェットフード(パウチ)のみの
ラインナップです。

こちらも食物アレルギーによる
消化器疾患用です。

ロイヤルカナン 療法食 セレクトプロテイン(チキン&ライス) ウェット パウチ 猫用 100g

 

*低分子プロテイン

加水分解の大豆タンパクが使用
されています。

パントテン酸、オメガ3などの
増強で皮膚のバリア機能を維持。

可溶性食物繊維、不溶性食物繊維
で腸内細菌バランスを維持。

ドライフードのみで500g、2kg、
4kgのラインナップです。

同じく食物アレルギーによる
消化器疾患用です。

ロイヤルカナン 療法食 低分子プロテイン 猫用 ドライ 2kg

 

『ヒルズ』

*i/d

高消化性で中等量の脂肪が
含まれています。

成長期にある幼猫の維持食と
しても必要な栄養組成を満たしています。

ドライフード500g、2kgと
ウェット2種類のラインナップがあります。

炎症性腸疾患、大腸炎、慢性的な
下痢や嘔吐など、幅広い消化器
症状に使用されます。



プリスクリプション・ダイエット 療法食 アイ ID 猫 2kg

 

*w/d

食物繊維が増量され、脂肪は減量、
低カロリーの組成になっています。

肥満傾向の猫のダイエット用と
して使われることが多いです。

ドライフード500g、2kg、4kgと
ウェット2種類のラインナップがあります。

下痢の状態や症状によってw/dが
選ばれることもありますが、
ヒルズではi/dが使用されることが
ほとんどです。

肥満などでカロリー制限が必要で
プラス消化器疾患がある場合に
w/dが使用されることがあります。



プリスクリプション・ダイエット 療法食 WD 猫 2kg

 

その他、動物病院では扱っている
ところは少ないですが以下のもの
もあります。

 

『FORZA10(フォルツァディエチ)』

オーガニックの原料を使用して
いるイタリアのメーカーの療法食です。

*インテスティナルアクティブ(胃腸ケア療法食)

加水分解されたたんぱく質や
炭水化物を使用。

フィトケミカル成分(植物栄養素)
で腸内環境を最適化し、免疫機能
を刺激、胃腸の疾患に対して治療
や炎症抑制の効果があります。

ドライフード454gのみの
ラインナップです。

通常の消化器疾患と
食物アレルギーにも対応可能です。


フォルツァディエチ(FORZA10) インテスティナル アクティブ 454g

 

『animonda(アニモンダ)』

ドイツ最大のペットフードメーカーです。

厳しい安全基準をクリアし、
品質の良さで知られています。

*インテグラプロテクト胃腸ケア

消化の良いたんぱく質と良質な
炭水化物、適度な脂肪含有に
よって消化を促し、腸内細菌叢
の修復をサポートします。

ドライフード300gとウェット
100gのラインナップです。

 

前述しましたが、消化器症状の
食事療法は、寄生虫やウイルス、
細菌などの下痢を起こす原因が
ない場合の適応です。

 

そして、療法食は薬剤と同じ扱い
になります。
また、下痢の状態によっても
療法食の選択は変わります。

 

また、治療には食事療法と併用して
お薬が必要になることもあります。

 

その他、食物アレルギーが疑われる
場合には、使用されているたんぱく
質などを吟味して選ぶ必要もあります。

 

まずはしっかりと診察、検査を受け
ることが大事です。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です