猫の皮膚病、アレルギーにおすすめのフード(療法食)まとめ!

猫は自分で体を毛づくろいし、
とても清潔でキレイ好きなの
ですが、意外に皮膚疾患は多いです。

 

原因もさまざまですが、特に
お外に出る猫さんなどは、
寄生虫などの感染症も多く、
痒み、皮膚の赤み、脱毛など
分かりやすい症状が現れます。

スポンサーリンク


そして、室内飼育の猫さんの場合
には、基本的に他からの感染症や
寄生虫の心配はないため、皮膚疾患
で多いのは、アレルギー性、
真菌(カビ)などによるものがほとんどです。

 

皮膚疾患が寄生虫などによるもの
であれば、寄生虫を駆除すれば完治
するのである意味治療は簡単ですが
アレルギーなどの場合は治療が
難しく、対処療法がほとんどで
完治は望めないことも多いです。

 

アレルギーも原因はさまざま
ですが、症状としては赤みや
痒みなど皮膚に出やすいため、
異変には気付きやすいです。

 

ただし、アレルギーはその原因を
突き止めるのが非常に難しいと
言う現状があります。

猫のアレルギー性皮膚炎!皮膚の発疹やフケ、痒みの原因と治療!

 

ハウスダスト、花粉、食物、
プラスチックなどなど・・
生活環境においてすべてのものが
アレルギーの原因になりうるのです。

 

消去法で可能性の高いものから
排除していく方法が望ましいの
ですが・・これもなかなか困難を
極めます。

 

ただ、皮膚炎の部位や症状の出方
からある程度の予測を付けること
ができる場合もあります。

 

食物アレルギーが疑われる場合、
また他の可能性のある原因を
除いても症状が改善されない場合
にも、食物中のアレルゲンを疑い
食事療法が推奨されます。

 

こちらでは、猫のアレルギー性
皮膚炎に対する食事療法について
まとめていきます。

 

<食物アレルギーの食事療法とは?>

 

食物アレルギーは、その食事に
含まれる何らかの食品に対して
アレルギーを起こしている状態です。

 

そしてほとんどの場合、その
原因となるのは『たんぱく質』
です。

 

通常、一般的なキャットフードには
肉や魚などの動物性たんぱく質
多く含まれています。

 

つまり、そのたんぱく質の
どれかに対して反応を起こして
いるのでそれを取り除けばいい
のですが、たんぱく質は重要な
栄養素で特に猫は必須です。

 

ですから、それまでに食べたこと
のないたんぱく質をにすること、
またアレルギーを起こしづらい消化
の良いたんぱく質に変えることが
食物アレルギーの食事療法になります。

 

食物アレルギーは、その原因物質
(アレルゲン)に対して作られた抗体
が働くことによって起こります。

 

つまり、食べたことのない原料
あれば抗体は作られていないため
アレルギー反応は起こらないわけです。

 

また、消化吸収が良いたんぱく質
体内で小さい分子に分解される
ため、アレルゲンとして体に認識
されにくくなります

 

ですから、食物アレルギー専用の
療法食は、

*通常のキャットフードには
使われないような動物性の
たんぱく質。(カモやラムなど)

*消化性の良いたんぱく質。
ある程度、消化・分解(加水分解)
したたんぱく質。

が使用されたものになっています。

 

食事療法によってアレルギーが
抑えられれば、薬剤なども必要ない
ため安心ですね。

スポンサー リンク


<猫の食物アレルギーの療法食>

 

メーカーによって使用されている
材料もそれぞれ異なりますが、
アレルギー用の療法食としては
主に以下のものがあります。

 

【ヒルズ z/d 低アレルゲン】

 

加水分解蛋白(チキン)と高消化性
の炭水化物が使われています。

また、皮膚や被毛の栄養補給の
ためオメガ3、6が増量されています。

 

ドライフードと缶詰のラインナップです。

500g、2kg、缶詰(156g)
500g \1.313


プリスクリプション・ダイエット 療法食 ZD低アレルゲン 猫 2kg

 

【ロイヤルカナン】

 

原料の違いで

・セレクトプロテイン ダック&ライス

・セレクトプロテイン チキン&ライス

・低分子プロテイン

の3種類があります。

 

*ダック&ライス

ダック(鴨肉由来のたんぱく質)と
タピオカ由来の炭水化物が使用
されています。

また、皮膚の健康維持のための
オメガ3不飽和脂肪酸やビオチン
など増強。

 

ドライフードのみのラインナップです。

500g、2kg、4kgがあります。
500g \1.297

ロイヤルカナン 療法食 猫 セレクトプロテインダックライス 500g
*チキン&ライス

加水分解チキンに皮膚の健康維持の
ためのオメガ3、ビオチンなどを
増強。

また、消化管の健康維持のため
フラクトオリゴ糖も配合。

ウェット(パウチ)のみの
ラインナップです。


ロイヤルカナン 療法食 セレクトプロテインチキンライスパウチ 猫用 ウェット 100g×24個

 

*低分子プロテイン

加水分解の大豆タンパクが使用
されています。

パントテン酸、オメガ3などの
増強で皮膚のバリア機能を維持。

可溶性食物繊維、不溶性食物繊維
で腸内細菌バランスを維持。

 

ドライフードのみのラインナップです。

500g、2kg、4kg
500g \1.297


ロイヤルカナン 療法食 低分子プロテイン 猫用 ドライ 2kg

 

【スペシフィック FDW】

 

消化性の高い米と羊肉が使用されて
います。

皮膚の健康維持にも配慮。

ウェットタイプのみのラインナップです。

ウェット100g×7 \1.720

スペシフィック 猫用 食事療法食 FDW リミテッド・プロテイン 100g×7トレイ

【アニモンダ】

 

アニモンダのアレルギー用の
療法食は、
ドライフード2種類と
ウェットタイプは動物性たんぱく
を限定した6種類のラインナップ
があります。

食べたことのない原料で選ぶタイプ
になっています。

 

*インテグラプロテクトCAT センシティブ

ドライフードは七面鳥と大麦で
タンパク質と炭水化物をそれぞれ
1種類のみ使用しています。

ドライ 250g \918円

 

 

*アニモンダ インテグラ アレルギーケア

ドライはうさぎ肉、ポテトが
使用され、グレインフリーです。

ウェットは、七面鳥、豚、ラム
など6種類のラインナップが
あります。

ドライ300g \1.296
ウェット 100g \367

 

<食事療法の注意事項>

 

各病気によって専用の療法食が
ありますが、食事療法は基本的に
その療法食オンリーで効果が期待
できるものです。

 

ですから、他のフードはもちろん
オヤツなども禁止です。

 

とくに食物アレルギー用の療法食
であれば尚更です。

 

アレルゲンはほんの少しでも
食べてしまえばアレルギーを
起こしてしまいます。

 

食事の切り替えにはじっくり時間を
かける必要もあり、また療法食は
薬ではないため、食べたからと
言ってすぐに症状が改善される
わけでもありません。

 

また、それまで食べていた食事の
中身も含め、どのタイプの療法食
にするか決めなければいけません。

 

さらに数ヶ月食べてみても効果が
見られないときには他に変更
するか、また食物以外のアレルギー
の可能性もあります。

 

猫のアレルギーの改善のための
食事療法はなかなか根気のいる治療になります。

 

また基本的にアレルギー体質の子は
原因が一つではないことも多い
ため難しいのです。

 

しかし、その場合も食事を変える
だけでもある程度の改善は可能です。

 

注意したいのは、これと決めたら
まずはそれだけを続けることです。

 

色々と併用して試していたら、
原材料の何がアレルゲンなのかが
分からなくなってしまいます。

 

また、アレルギーなど皮膚炎の
猫さんは、サプリメントなどを
試している場合もあると思いますが
療法食を与える場合は基本的には
それらは中止した方がいいです。

 

アレルギーの療法食は皮膚の
健康維持のための栄養素が増強されています。

 

そして皮膚に良いとされるサプリ
も似たような栄養素が入っている
ことが多く、成分によっては
過剰摂取が心配になります。

 

その他、療法食という位置付け
ではありませんがアレルギーに
配慮したフードも増えてきています。

 

グレインフリーやたんぱく質を
単一にしたものなどアレルギーを
起こしにくい組成で作られている
タイプのものも多いですね。

 

ただ、しっかりとアレルギーの
治療として食事を考えるので
あればやはり療法食から始めるのが
ベストです。

 

症状が軽く、もしかしたら食事
かな?程度で食事療法を行うほど
でなければ、それらのフードに
変更してみるのもいいと思います。

 

また、さまざまなフードやオヤツ
を食べているグルメな猫さんの
場合には、アレルギーに対する
食事療法は難しいと思います。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です