飼育について

猫との添い寝にはリスクがある?病気の感染や危険なことは?

猫との暮らしはとても楽しくて
幸せになります。

 

猫は人間にとって最高の相棒で
あり、心地よい安心感を与えて
くれます。

 

ペット、愛玩動物、家族の一員
などその呼ばれ方はさまざま
ですが、自由奔放にお外と家を
行き来するというよりも近年は
完全室内飼育の方が増えてきています。

 

スポンサードリンク


 

そしてそれに伴い、お家の中でも
猫と人との距離が近くなって
きているご家庭も多いようです。

 

本来、群れを作らず単独で
生き、人に依存しないはずの猫
が飼い主に付きまとったり、
まるでストーカーのような行動
をしている甘えっ子ちゃんも増えてます笑

 

猫さんの性格もいろいろですし、
飼い主さんとの付き合い方や
距離感もさまざまだと思いますが。

 

ちなみに私は愛猫とベッタリしたい
タイプなのですが、ウチの子たち
はまさにツンデレ・・
甘えたいときだけゴロゴロと
やってきて、それ以外は素知らぬ
フリ・・

 

ま~ それが猫という動物ですが笑

 

でも猫と一緒に暮らしているから
には、一緒に寝たい!って方が
多いですよね!

 

布団に入ってきて一緒に寝る子
もいれば、枕元で寝る子、お腹の
上で飼い主を布団にして寝る子
などなど・・猫によってもいろいろ
ですが。

 

しかし、猫には人畜共通感染症の
病気もあり、一緒に寝るのは注意
した方が・・などと言われることも
あります。

 

そこで今回は、猫との添い寝に
よって心配なこと、病気感染の
可能性、注意することなどについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<病気などの感染症について>

 

基本的に健康な猫さんであれば
ほとんど心配はありませんが、
猫から人に移る病気として
人畜共通感染症(ズーノーシス)
いくつか挙げられます。

 

主なものは、トキソプラズマ
(原虫)で、これは猫では特徴的な
症状が見られないことが多く、
知らずに感染している可能性が
ある病気です。

 

これが人に感染すると妊娠している
場合は胎児に影響が出るため注意が
必要と言われています。

 

その他、腸内寄生虫や外部寄生虫
も人へ感染する場合がありますが、
これは定期的な検便や駆虫に
よって防げます。

 

また、外部寄生虫などの場合には
皮膚に異変(痒みや脱毛)が見られる
ため、何か異常が見られた場合には
早めに治療してあげれば人への感染
の心配もなくなります。

 

そして完全室内飼育の猫さんの
場合には、ほぼ心配ないと言えます。

 

その他、猫に噛まれたり、
引っかかれたりすることで感染する
病気もありますが、可能性としては
低いです。

人畜共通感染症についてはこちら↓

猫の病気で人間に移るのは?意外に多い人畜共通感染症とは!

 

ただし、何らかに感染する可能性が
あるとすれば添い寝をしなくても
うつることはあります。

 

あくまでも添い寝の場合、
距離が近く、密着している時間
が長いこと、また一緒に寝ている
布団に寄生虫の卵や真菌などが
付いてしまうと人へも感染する
可能性が高くなるということです。

 

ですから、猫の健康管理をちゃんと
行えば、猫との添い寝はノンリスク
で飼い主にとっては安らぎと幸福
を得られる最高の時間なのです。

 

<添い寝で注意すること>

 

猫と一緒に寝ている方は、
隅っこで小さくなって寝ている
方が多いですよね笑

 

猫さまに快適に寝てもらうように、
猫さまの睡眠を邪魔しないように、
基本的に布団は猫さまのもの、
明け渡す・・みたいな笑

 

ですから、あくまでもすべての
主導権を握っているのは猫という
ことですね。

 

よく一緒に寝ていると踏んだり
潰してしまわないか・・と心配
される方もいらっしゃいます。

 

しかし、猫の睡眠は大半が
浅い眠りのレム睡眠ですから、
ちょっとした物音や動きでもすぐ
に目を覚まし反応します。

 

飼い主さんの寝返り程度で
みすみす潰されるような動物では
ありません。
生粋のハンターの本能がありますから。

 

ですから、そのような心配は
基本的には必要ないですが、
子猫の場合は小さいので少しの
圧力でもダメージを受けます
のでちょっと注意した方がいいですね。

 

また、病気や高齢で体力が
落ちている場合なども同様です。

 

そして特に寝相の悪い方や体の
大きな方などは心配だと思いますが
基本的に猫は、危険が伴う、もしく
はゆっくり寝れない・・
など寝心地の悪いところでは寝よう
としません。

 

ですから、逆に猫がいつも布団に
来てくれるということは猫にとって
居心地が良い場所、寝相もそんなに
悪くない(?)ということですから
安心して大丈夫ですよ笑

猫は正直者ですからね。

 

その他としては、抜け毛なども
多いですから布団やシーツは常に
清潔を心がけましょう。

 

また、お外に出てしまう子は、
予防できる病気はすべて予防する
ことはもちろん、皮膚の状態など
こまめにチェックしておくことが
大事です。

 

猫との添い寝・・
至福のとき・・
余計な心配せずに存分に味わいたいものですね!

 

夏場には添い寝してくれなくなり
悲しみにくれる飼い主さんが続出
しますがこればっかりはしょうがないですね~

 

だって暑いんですもん。
飼い主さんと寝るより少しでも
涼しい心地良い場所で寝たいんですもん。

 

猫は、自分にとっても正直に
生きてますから笑

 

あきらめて夏が終わるのを待ちましょう!

 

<関連記事>

猫の睡眠は本能からの命令だった?寝てばかりの理由と秘密!

スポンサードリンク


 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 子猫(成猫)を迎え入れるための準備や気をつけることは?
  2. 猫の寝言や寝息は病気の可能性はある?睡眠時の状態とは?
  3. 猫の妊娠と出産の流れ!兆候や陣痛,異常時の介助,事前準備など!
  4. 猫が病気を隠すのはなぜ?野生の名残りからくるその理由とは!
  5. 猫に好かれたい!喜ぶポイントを抑えたコミュニケーション術!
  6. 猫の多頭飼育崩壊!原因は驚異の繁殖力と兄弟、親子の近親交配!
  7. 子猫の成長!誕生~成猫になるまでの体の変化や育て方まで!
  8. 猫の老化は何歳から?症状,兆候を外見や行動からチェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP