ワクチン

猫の予防接種が毎年必要とされる訳は?動物病院の事情とは?

猫だけではなく犬もそうですが
伝染病の予防のためにワクチン
接種が大事です。

 

伝染病もさまざまな種類がある
ため、基本的に何種類か混ざって
1本になった混合ワクチンを接種
するのが一般的になっています。

 

スポンサーリンク


 

猫のワクチンで必須とされるのは、

・猫汎白血球減少症ウイルス(パルボ)

・猫カリシウイルス

・猫ヘルペスウイルス

の3種混合ワクチンです。

 

その他、外出する猫さんなどには

・猫白血病ウイルス

・クラミジア感染症

などのワクチンも接種が推奨されます。

 

そして、混合ワクチンは生後約
2ヶ月目、3ヶ月目で2回接種、
その後成猫になったら年に1回
追加接種をするというのが推奨
されており、一般的です。

 

しかし、これら混合ワクチンは
本当に毎年の接種が必要なのか?
という疑問の声があります。

 

そしてこのワクチン毎年接種説
には実はかなり前から必要ない
のでは?という話が動物病院業界
でも上がっていました。

 

<ワクチンの免疫持続期間>

 

そもそもワクチンは、その病原菌や
ウイルスを無毒化(不活化ワクチン)
または弱毒化(生ワクチン)したもの
を体内に投与することで、その病気
に対する抗体(免疫)を作るためのものです。

 

つまり、その抗体があるうちは、
その病原体が体に入ってきても
これを排除するチカラがあり、
病気にならないと言うことです。

 

そして、猫(犬も)のワクチンが
毎年接種が必要なのは、その抗体
が1年程度でなくなる(弱まる)
ためだとされています。

 

ただし、欧米などでは同様の
ワクチン接種は3年に1回であり、
これが日本国内でも指摘される
ようになったのがかなり前です。

 

しかし、その後も日本では1年に
1回の接種を推奨する動物病院が
ほとんどです。

 

そして近年、国内でも複数の研究に
よって、ワクチンの免疫は少なく
とも3年間は持続することが証明
されています。

*ただし、このワクチンとは、
特に感染能力が高く、重篤な症状
になるとされる以下の伝染病のものです。

・猫3種(パルボ、カリシ、ヘルペス)

・犬3種(パルボ、ジステンパー、伝染性肝炎)

 

これらのワクチンはコアワクチン
と呼ばれ、必ず接種が必要と
されています。

 

また、ワクチンを製造するメーカー
の方でも以前は、ワクチンの添付
文書に「1年ごとに接種」と記載が
ありましたが、今ではその記載は
ありません。

 

スポンサーリンク


猫の混合ワクチンや白血病ワクチンの費用と副作用は?

<ワクチンの副作用>

 

薬剤には必ず何らかの副作用の
可能性はありますが、ワクチン
も同様です。

 

食欲不振、元気消失などの軽症
のものから、命に関わる急性の
アレルギーなどもあります。

 

また、猫では白血病ウイルスの
ワクチンによって肉芽腫(悪性)
の発生も指摘されています。

 

薬剤の投与において、副作用の
危険性を十分に認識した上で、極力
副作用が起きないように配慮する
ことが大事です。

 

ですから、ワクチンにおいても
副作用のリスクを減らすために
追加接種の時期を見直すべきと
言う意見も上がってきているのです。

 

これらのことから考えると
ワクチン接種は毎年でなくても
いいのでは?と思ってしまい
ますが・・

 

しかし依然として1年に1回の
追加接種を推奨する動物病院が
大多数なのはなぜなのか・・?

スポンサーリンク


<ワクチン接種が毎年必要とされる訳は?>

 

これには、大きく分けて2つの
理由があります。

 

一つは、
病気によって免疫持続期間の違い。
(また、特に猫の場合、生活環境
によっての感染リスクの違い)

 

猫の場合のコアワクチンは
通常の3種ですので室内飼育の
場合には、3年に1回でも問題ない
とも言えます。

 

お外に出る子は感染のリスクも
高いため、1年に1度の接種が
望ましいと思います。

 

また、猫の場合は、カリシや
ヘルペスは一度感染するとずっと
ウイルスを持ち続けるため、体調
が悪いときなど免疫が落ちると
発症してしまいます。

 

そのため、毎年接種で常に免疫を
高めておくことで発症のリスクを
減らすことができます。

 

ですから、外出する子、慢性的な
ウイルスの猫カゼを発症している
子、繰り返す子などは1年に1度の
追加接種が推奨されます。

 

ちなみに犬の場合には、重要度が
コアワクチンほど高くない病気
のノンコアワクチンも多いです。

 

そしてノンコアワクチンには、
免疫持続期間が1年とされている
ものもあるのです。

 

しかし、基本的に犬のワクチンは
5種や8種などコアワクチンと
ノンコアワクチンが混合になって
いるものが主流になっています。
(種類が多い方が安心・・という
イメージもあるのかもしれません)

 

そのため、どうしてもまとめて
1年に1回の接種が必要・・と
いう感じになってしまうようです。

 

しかし、実際、重要なのは
3種のコアワクチンですから、
3種混合ワクチンだけの接種に
すれば3年に1回でもいいと言える
わけです。

 

ただし、3種以外の他の病気には
免疫がないわけですので感染率
は上がるとは言えます。

 

ノンコアワクチンとしては、
パラインフルエンザやコロナ
ウイルス、レプトスピラなど
ですが、発症は稀で危険性は低い
と言えますが、地域や環境に
よっては危険性が高くなるところ
もあるようです。
(特に野性動物などが現れる場所など)

 

これらの事情から、やはり1年に
1度の接種が推奨されるのは
しょうがないのかな・・という
感じもします。

 

もちろん、獣医師によっても
考え方や意見はさまざまなようです。

 

どんな犬でも猫でも同じく1年に
1回の混合ワクチンが必要という
概念ではなく、その子その子の
状態や生活環境に応じて接種法を
獣医師と良く話し合うことが大事
になってくるのではないでしょうか。

良い動物病院の見分け方・評判のいい獣医さんってどんな人?

 

もう一つは、
動物病院の事情。。

 

これはあまり大きな声では
言えませんが・・
予防接種の代金は動物病院に
とっては重要な稼ぎ頭です。

 

言葉は悪いですが・・
「楽で儲かる」のが予防接種です。

 

ちょこっと聴診や外見をチェック
して注射を1本打つだけ・・
時間もかかりません。

 

そして、病院にもよりますが
ほとんどすべての動物病院で
ワクチンは利益率が高く設定して
あります。

 

治療費用は病気になったときに
しかかかりませんが、予防接種
は基本的に毎年かかるものです。

 

特に若いうちには病気も少ない
ですが予防接種には行きますよね。

 

だから動物病院にとっては、
ワクチン接種の患者さんは
とてもありがたいのです。

 

これらの事情もあり、ワクチンが
3年に1回となるのは動物病院に
とっては、とても痛手なのです。

 

そのため、前々からワクチン
の追加接種において指摘があった
ものの、前向きに検討されて
こなかったというのもあるようです。

 

もちろん、儲けは関係ない、
動物の健康が一番!
毎年接種は必要ない! なんて
善良でマジメ(?)な獣医師の先生
もいらっしゃいますが笑

 

しかし、少なくとも現状では
ペットショップなどでもワクチンは
1年に1回となっていて、接種して
いないと、預かりも拒否されます。
動物病院での預かりや入院もそうです。

 

ま~この先、日本の動物医療も
ますます進歩していきますし、
ワクチン接種についても見直さ
れていくのではないかと思いますが。

 

現時点ではかかりつけの先生の
仰ることを聞いておくのが正解
だと思います。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の混合ワクチンや白血病ワクチンの費用と副作用は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP