検査と費用など

猫の検便でわかることは?採取法や必要量、費用なども!

大便は健康のバロメーター!

体内で最大の免疫器官とされる
『腸』
健康も長生きも免疫が重要ですが
その免疫細胞の約70%が腸内
に存在しています。

 

そしてこれは人も猫などの動物
も同じです。

 

だからこそ、ウンチの検査
『糞便検査』は猫の健康の
ためにもとっても大事なのです。

スポンサーリンク


検便は自然に排泄されたウンチを
採取して検査を行うだけなので
苦痛を伴うこともなく、短時間で
簡単にできる検査です。

 

何か異常が見られたときだけ
ではなく、定期的な健康診断と
しても年に1~2回は受けておく
といいですね!

 

今回は、猫の「糞便検査」に
ついてまとめてみましたので
参考にしてください。

 

<猫の検便で分かること>

 

ウンチの検査をすることで、

*腸内寄生虫

*腸内細菌

*消化吸収

*ウイルス(パルボ)

などが分かります。

 

*腸内寄生虫

猫の腸内寄生虫は多くの種類が
ありますが、ほとんどの場合は
検便によって虫卵を発見すること
により診断します。

 

また種類によっては成虫自体がお尻
や便と一緒に出てくることもあります。

猫の寄生虫を写真や画像で見る・原因や症状も詳しく解説!

スポンサーリンク


 

*腸内細菌

もともと腸内はたくさんの細菌
(100種類以上)の集まりです。
腸の健康、体の健康のためには
この細菌のバランスが大事です。

 

何らかの原因によってこの
バランスが崩れると下痢などの
異常を引き起こします。

 

この腸内細菌を調べることで
軟便や下痢の原因になる細菌が
増加
していないかなどのバランス
が分かります。

 

*消化吸収

また便の状態などから、食べたもの
が胃腸で正常に消化吸収行われて
いるかが分かります。
特に肉食の猫は、穀類などの消化
は苦手です。

 

ですから、穀類の多い食事を
与えている場合には、便の中に
未消化のまま穀物が出てきている
状態の便が見られたりします。

 

状態によっては食事を変える
提案があることもあります。

 

その他、異物などの混入
ないか、毛玉が多く混ざって
いないかなども見ることができ、
普段の生活環境の改善のヒント
にもなります。

 

また、便に血が混ざっている
場合などは、大腸の炎症や腸管内
からの出血などの原因が考えられます。

 

*パルボウイルス

猫のパルボ(汎白血球減少症)
は、糞便中に大量にウイルスが
放出されます。

 

パルボ検査には便によって検査
する簡易キットがあります。
ただし、これは猫用ではなく犬用
しかありません。

 

しかし、猫のパルボウイルスも
検出できるため、犬猫兼用で
使っている病院がほとんどです。
(犬に比べ、猫の場合は精度が
落ちると言われています)

 

<猫の検便の方法>

 

検便は、大きく分けて

*直接法

*浮遊法

という2種類の検査法があります。

 

また、目視や手動による色や形状、
硬さなどのチェックも行います。

 

*直接法

直接法は少量の便を直接顕微鏡
で観察する方法で、主に腸内
細菌を調べるときに行います。

 

腸内細菌の状態は新鮮な便
ないと分かりにくいため、
時間が経った便しかない場合には
直接、肛門にスワブなどを入れて
採取して検査することが多いです。

 

また、浮遊法を行うほどの量が
採取できていない場合には直接法
での検査になり、虫卵などを
見つけることもできますが、精度
は落ちます。

 

主に下痢がひどい場合や出血が
見られるときに行うことが多い
検査法です。

 

直接法の検査は数分で結果が
分かります。

 

*浮遊法

浮遊法は、採取した便を
飽和硝酸ナトリウム液や
飽和食塩水などの浮遊液を用いて
寄生虫の卵を浮遊液の表面に
浮かせて集める検査法です。

 

少しの虫卵でも検出できるため
精度は高いですが、ある程度の
便の量がないとできません。

 

浮遊法は10~15分程度で
結果が分かります。

 

状況によって、直接法・浮遊法
どちらも行う場合もあれば、
片方だけのこともあります。
病院によっても変わります。

 

*パルボウイルス

パルボ検査の場合は、検査キット
にもよりますが、10分程度で
結果は分かります。

スポンサーリンク


<便の採取法や量など>

 

通常、自宅で採便するときは
猫の場合は、トイレに排泄した
ものを病院に持っていくようになります。

 

猫砂は多少、付着していても
構いませんが、すぐに持って
行けない場合などは少し砂を
落としておくといいです。

 

検便時に乾燥している状態が
一番良くないため、砂が多く
付いた状態だと乾燥しやすく
なってしまいます。

 

そして採取した便はティッシュや
紙に包まずビニールやラップ
など、乾燥しない状態で保存
して運んでください。

 

量は指の頭(第一関節)くらい
あれば十分です。

 

下痢がひどい場合、水下痢など
で固形の便の採取が難しい場合
には、猫砂ごと下痢便部分を
採取してビニールに入れてください。

 

検査に十分な量がない場合には
検便は難しいこともありますが
とりあえず、便の状態を見せる
ことが大事です。

 

直接法やパルボ検査は極少量の
(1滴程度)便で検査可能です。

 

また、お外で排泄をしてくる
猫さんの場合には、便の採取は
不可能ですので、定期的に駆虫薬
の投与を行うことをオススメします。

 

基本的に外出する場合には、
何らかの寄生虫に感染している
ことがほとんどです。

 

今は、駆虫薬も寄生虫のほとんど
をまとめて駆除できるお薬が多く
なっていますので寄生虫の種類
を特定せずとも駆虫は可能です。

 

駆虫を行ってもお外に出る限り、
常に再感染の可能性があります
ので、定期的な(月に一回)駆虫
が必要になります。

猫の血便!必要な検査や費用などについて!

 

<検便の費用は>

 

検便の費用はお高くないため
手軽に受けられ、健康管理に
役立つ検査です。

 

費用は病院にもよりますが、
直接法・浮遊法どっちも行って
1.000~1.500円程度が一般的です。

 

またパルボ検査の場合は、
3.000~4.000円程度です。
(ただし、パルボは予防接種で
防げますので、パルボ感染が
疑われるのはワクチン未摂取で
外出する子や子猫の場合です。)

 

猫さんの健康のためには、
特に気になることがなくても
定期検診のときに便も持って
行って検査してもらっておくと
いいですね。

 

また、猫は便秘気味な子も多い
ですから、便の状態をチェック
することで便秘を防ぐ食事選びの
ヒントにもなりますよ。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の血液型は何種類?検査方法や料金について!
  2. 猫のレントゲン検査の費用や撮り方と体に与える影響など!
  3. 猫の造影検査!バリウムや尿路,脊髄など各種方法や費用まとめ!
  4. 猫の尿検査でわかることは?項目や数値の見方や正常値など!
  5. 猫の避妊手術!腹腔鏡手術の費用やメリットデメリットなど!
  6. 猫の超音波検査の費用は?エコーで分かる異常や病気など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP