検査と費用など

猫の超音波検査の費用は?エコーで分かる異常や病気など!

猫の病気の早期発見や診断には
さまざまな検査が必要になります。

 

疑わしい病気や症状、部位に
よって検査法も色々ですが
今回は、猫の超音波(エコー)検査
についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク


 

<超音波検査とは>

 

超音波は体の中の臓器の状態を
見るという点ではレントゲンと
似た画像検査のイメージですが、

・レントゲンは、弱い放射線(X線)
を当てて検査

・超音波は、その名の通り、超音波
を当てて検査

という違いがあり、被ばくの
心配のない無害な検査法になります。

 

また痛みもなく、繰り返し
行うことのできる検査です。

 

そのため、妊娠中などでX線を
使えない場合などには非常に役立ちます。

 

人には聞こえない超音波を体内
の調べたい部位に当て、その
反射を体表面で捉えて画像化する
のが超音波検査です。
いわゆるレーダーのような仕組みです。

 

 

<超音波検査で分かること>

 

超音波では体内の各臓器の
大きさや形、腫瘍などの病変の
有無などをさまざまな角度から
見ることができます。
また血流なども見ることができます。

 

妊娠中の胎児はもちろん、
胃腸や、肝臓、腎臓などの消化器
を見たり、胸部の心臓や肺の状態
を見たり、また人の場合には動脈
や静脈、乳腺など多くの部位を
超音波で見ることができます。

 

猫の場合に、超音波検査が必要
になる病気で一番多いのは
心臓病の肥大型心筋症です。

猫では比較的多い病気です。

 

心筋症がある程度症状が進行して
いれば心臓自体が大きくなって
くるのでレントゲン検査で異常は分かります。

 

ただし、初期の場合はレントゲン
では分からず、超音波にて心臓
の筋肉の厚みや心室の大きさ、
血流や弁の動きを見る必要があります。

 

また、すでにレントゲンで異常が
見られても心臓自体の状態、進行
具合をチェックするには超音波が
必須です。

 

その他、各臓器の異変や腫瘍
などの状態を見るときにも超音波
検査が行われます。

 

レントゲン検査で異常が見つかった
部位を集中的に見る場合や、逆に
レントゲンで異常が見られない
場合にも超音波でより精密に検査を
行っていくことが多いです。

 

部位や病変にもよりますが
通常のレントゲン検査よりも
一つの臓器を集中して見ることが
できるため、初期の異常は超音波
の方が分かりやすいことも多いです。

 

また、妊娠の診断には超音波は
必須です。
交尾後、約3週間で妊娠の判定が
できます。
ただし、超音波では胎児の頭数の
確定診断はできません。

スポンサーリンク


<超音波検査の方法>

 

人の場合は、超音波検査は無害で
痛みもなくすぐに手軽に行える
検査として知られています。

 

猫の場合も無害で痛みもなく
という点では同じですが、猫が
人のように言うことを聞くわけ
がありませんよね。

 

そのため、猫さんにとっては少し
我慢してもらうことになります。

 

基本的に検査のときには、
じっとしててもらう必要があります
のでどうしても保定して抑える必要
があります。

 

調べたい部位にもよりますが
横向きの姿勢(横たわって手足
を伸ばした状態)になってもらう
ことが多いです。

 

または仰向けの姿勢になって
もらうこともあります。

 

そして、例えば採血やレントゲン
などは長くても数秒~数十秒で
終わりますが、超音波検査の場合は
短くても数分、長いと数十分かかる
こともあります。

 

より精密な検査が必要な場合ほど
時間はかかります。
長いと1時間近くかかることもあります。

 

もちろん、大人しい猫さんと
ちょっと嫌がって暴れようとする
子によっても時間は変わります。

 

また途中、猫さんもずっと同じ
姿勢で抑えられたままでは疲れ
てしまうので何度か休憩しながら
行うこともあります。

 

そのため、検査終了までには
それなりの時間が必要になります。

 

ですから、猫さんにとっては
ちょっと拘束時間の長い検査
一つになります。

 

ただ、もともと大人しい子や
病院慣れしている子などは
痛みもないため、検査中に半寝
状態になる子もいます。

 

嫌がる子、暴れる子などは
首にエリザベスカラーを付けて
の検査になることもあります。

 

その他、健康診断などで超音波検査
を受ける場合は、前日からの絶食
などが必要になることが多いです。

 

 

超音波のプローブ(一番重要な
センサーの部分)にジェルを塗って
調べたい部位に当てるのは人と
同じです。

 

ただし人と違って被毛に覆われて
いますので病院にもよりますが、
部位によってはそこの毛をバリカン
で刈る場合もあります。
(特に長毛の猫さんの場合)

 

超音波の機器もさまざまです
ので、特に心臓など、より精密
な検査が必要な場合には、ある程度
グレードの高い機器が必要になります。

 

また、超音波検査は検査をする側
の慣れと経験が必要な検査です。
部位や状態によっては慣れて
いないと診断は非常に難しいと
言えます。

 

<超音波検査の費用>

 

超音波検査の費用は検査部位に
よっても変わります。

 

また、より専門性の高い高度
な検査を行う病院の場合にも
費用はそれぞれです。

 

通常、腹部の内蔵などを見る
場合や、妊娠判定などは、
平均で4.000~5.000円
一般的です。

 

猫の心筋症などに特化した
専門的な検査を行うところの場合、
10.000円~のところが多いです。

 

ただし、状態にもよりますが
基本的に病気の検査や状態など
の診断のためには、超音波検査
以外、レントゲンや血液検査
なども必要になるのが普通です。

猫のレントゲン検査の費用や撮り方と体に与える影響など!

スポンサーリンク


特に猫の場合は、症状にも
よりますが、検査の順序としては
血液検査・レントゲン・超音波
となることが多いです。

 

血液検査、レントゲンで体全体
をチェックして、その後、気になる
部位や、より細かいところを超音波
でチェックしていくイメージです。

 

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の血液型は何種類?検査方法や料金について!
  2. 猫のレントゲン検査の費用や撮り方と体に与える影響など!
  3. 猫の造影検査!バリウムや尿路,脊髄など各種方法や費用まとめ!
  4. 猫の避妊手術!腹腔鏡手術の費用やメリットデメリットなど!
  5. 猫の尿検査でわかることは?項目や数値の見方や正常値など!
  6. 猫の検便でわかることは?採取法や必要量、費用なども!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP