皮膚、被毛に見られる異変

猫の脱水症状の治療と自宅での応急処置や対処法、ケアなど!

猫は水分摂取量が少なくても体
を維持していける機能を持って
いる動物です。

 

そのため、通常は水をあまり
飲まない、積極的に水分補給を
必要としません。
(もちろん水はたくさん飲んで
もらった方が健康にはいいですが・・)

 

また、人間のように体に汗を
かくこともないため、通常の
生活をしている分には脱水症を
起こすということはまずないです。

スポンサーリンク


ただし、高齢やさまざまな病気
などで水分摂取量が落ちている
時や、嘔吐や排泄物によって体から
水分が多く出ていく状態になると
脱水を起こします。

 

特に大量のオシッコが出て水分が
失われてしまう慢性腎不全では
脱水症は付き物です。

 

その他、下痢や嘔吐が続く場合、
猫カゼなどで食欲がなくなった
時や発熱がある時にも症状が長引く
と脱水を起こすことがあります。

高齢猫が水を飲まない!考えられる原因や対処法は?

スポンサーリンク


また、猫も人と同じように夏場など
は、飲水量が少なく暑さ対策が
されていないと脱水状態から熱中症
になる可能性もあります。

 

病気などなく、普通の若い健康な
猫さんであれば、常に新鮮なお水が
飲め、温度管理がされている環境
で暮らしていれば、脱水を起こす
ことは普通はないです。

 

ですから、脱水症に注意が必要
な猫さんは、

・高齢の猫
・腎不全など何か疾患がある
・食欲不振が続いている
・子猫で食欲がない
・嘔吐、下痢がある
・夏場など高温の場所に長時間いる

などの場合です。

 

<脱水症とは>

 

脱水症は、単純に体が水分不足で
干からびた状態ではありません。

 

猫の体も人間と同じく約60%
(子猫は約80%、高齢猫は約50%)
が水分で占められます。

 

脱水症状は水分+電解質の
・ナトリウムイオン
・カリウムイオン
・カルシウムイオン
など・・
が体から失われた状態になります。

 

猫の場合、症状としては
・元気がない
・動かなくなる
・グッタリ
・ヨタヨタする

などが見られますが、脱水の
原因の病気によっての症状もある
ため、脱水の症状としては見た
感じでは判断しにくいと思います。

 

ですから、通常は皮膚の弾力性
で判断します。
首の後ろや背中などの皮膚の一部
をつまんで引っ張って、すぐに
戻るかを見ます。

 

通常、脱水を起こしてない皮膚で
あればすぐ1秒もかからずにぷるん
と戻ります。

 

しかし脱水を起こしていると
程度にもよりますが1秒~2,3秒
かかってゆるりと戻ります。

スポンサーリンク


<脱水症の治療>

 

基本的に脱水症の治療は、
電解質を含む水分を体に補給
することで、病院での治療は
点滴(または皮下補液)になります。

 

ただし、脱水の原因になっている
病気によっては(慢性腎不全など)
脱水以外に貧血など起こしている
場合もあるため、ただ脱水の補正
を行えば良いというわけでもありません。

 

また、下痢や嘔吐などがある
場合、その原因の治療も同時に
行わないといけませんが、脱水
状態は基本的に点滴を行えば改善されます。

猫の点滴の費用は?通院や自宅での皮下輸液や点滴入院など!

<自宅での応急処置や対処法・予防>

 

脱水症になる場合、ほとんどが
原因疾患があります。

 

ですから、基本的には脱水を
起こしている、また様子がおかしい
などの場合には病院に連れて行きましょう。

 

ただし、

*夏場などで脱水、熱中症が軽度

*慢性の病気で脱水になりやすい

*高齢で水分摂取が少ない

*病気の治療中で食欲不振

などの場合は自宅での水分補給を
行うことで症状の悪化を防ぐ
また脱水の改善ができることも
あります。

 

自宅での水分補給は口から水分
を摂らせることですが、嘔吐の
症状がある場合には、かえって
吐き気がひどくなったりすること
もありますので基本的には経口から
の補水は行わない方がいいです。
(もしくは少量ずつ様子を見ながら・・)

 

水分は電解質を含むものが
望ましいため、自宅にあったり
どこでも購入できるものとして
スポーツ飲料(ポカリなど)
1.5倍~2倍に薄めて与えると
いいです。

 

また乳幼児用のポカリなどの
イオン飲料は電解質の量も多く、
吸収も早いため、あればそちら
の方が良いです。
(乳幼児用は薄めずそのまま)

 

食器に入れて飲むようなら
飲み水をそれに替えても
いいですし、自分で飲まない
ようなら、スポイトなどで
少しずつ口に入れて舐めさせる
ようにします。

 

ただし、できればペット専用の
脱水ケア用経口補水液が最適です
ので、慢性的な病気や高齢など
で脱水を起こしやすい子などの
場合は、常にストックしておくと
安心ですね。

 

猫用の経口補水液では以下の
ものがオススメです。


出典:http://www.matsunami-shop.com/

脱水の治療用として点滴と
同じ程度の効果が得られる
補水療法用の補水液です。

詳細や価格はこちら>

 

また、水分を飲みたがらない
場合や、嫌がる場合、少量しか
飲めない場合などはゼリー状の
タイプもあります。


出典:http://www.matsunami-shop.com/

こちらは上記のハイドロチャージ
よりも栄養価も高いため、食欲
があまりない場合などにもオススメです。

 

猫の好む香りと味付けがされて
いるのでオヤツのような感じで
舐めさせたり、与えることができます。

また少量ずつの小分けなので
便利です。

詳細や価格はこちら>

 

その他、夏場などは軽度の熱中症
を起こしている可能性もあるので
体を呼吸が荒い場合や体が熱く
なっているような時には体温を
下げる必要もあります。

猫の熱中症の原因や症状は?応急処置や役立つ予防対策こちら

 

また、水分補給を行っても状態が
改善されないような場合には、
早めに病院に連れて行ってください。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の耳に水ぶくれ(水泡)のようなもの?考えられる原因とは?
  2. 猫の食欲にムラがある原因や対処法!病気の可能性は?
  3. 猫の耳の外側のできもの,かさぶた,黒いなどで考えられる原因!
  4. 猫の皮膚の黒いシミや斑点、塊やできものの原因や病気は?
  5. 猫の抜け毛(ハゲ)やフケなど皮膚の異常!考えられる病気は?
  6. 猫が吐く!原因や病気の可能性は?変なもの食べたのかしら?
  7. 猫の肥満細胞腫!良性の場合の症状、治療や予後について!
  8. 猫の低体温症の原因や症状と治療法は?自宅でできる対処法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP