雑学

猫と人間の主従関係から考察する下僕たちの進化と歴史とは?

ネコという動物が野性を捨て、
人間の近くで生活するように
なってから約1万年の年月が
経ちます。

 

ヤマネコが野性から出てきて
家畜化されるまでのプロセスは
各地(国)によってもさまざまな
説があり、地域によっても異なります。

 

スポンサードリンク


 

<猫と人間の関係性の歴史>

 

そもそも家畜化という言葉が
最も似合わない動物が猫ですし、
実は家畜化されていないのが
猫です。

 

牛や豚、犬などのように人間が
それぞれの目的のために家畜化
してきた動物とは猫は全く異なる
歴史を生きてきた動物です。

 

家畜化された動物の多くは、
その野性の原種を人々が無理やり
捕まえてきて飼育をし、目的に
かなった家畜になるように時間を
かけて性質や姿かたちを変えて
きています。

 

つまり、人間の利益、目的の
ために一方的に家畜化されて
きているのです。

 

しかし、猫はそうではない・・
猫は自らが人間の近くにやって
きたのです。

 

そしてそれは利益・目的があった
からであって間違っても家畜化
されるためではないのです。

猫の天敵(外敵)は?それは自然界の野生動物なのか人間なのか?

 

もちろんそのキッカケとなった
のはネズミです。
穀類などの食料を求めて人間の
暮らす場所に出没するネズミを
捕食するためです。

 

ネズミを退治してくれ、また
人間にとって害を及ぼすことの
ない猫という動物はありがたい
存在であり、人間は猫との共生を
選びます。

 

そして猫がいるだけでネズミが
いなくなると分かるとそこに居て
もらうため、食事や寝場所まで
与えるようになります。

 

猫にとっては、餌(ネズミ)を
求めてやってきただけなのに、
餌(ネズミ)を食べ、さらに食事
までもらえて、雨風をしのげる
寝場所まで提供してもらえて・・

 

利害関係が一致する猫と人間の
相利共生の歴史の始まりです。

 

そしてこれは家畜化のようで
あり、そうではない。
なぜかと言うとその時に猫に
求められていた目的はネズミ捕獲
であり、そのためには紐でつない
でおくわけにはいかなかったのです。

 

また猫にそれ以上の役割を求めて
いなかったため、飼いならす
必要もなかったのです。

 

そして、ネズミ退治してくれて
なんだか顔もキュート。
体もモフモフで柔らかい。
その生態はなんとも魅力的。
となれば、人間も猫に興味が
生まれます。

 

そして猫も危害を加えられること
もなく、好き勝手に暮らし食事
ももらえれば人間にも懐いていきます。

 

そのため他の家畜のように人間に
管理されるわけでもなく、ただ
そこで自由に暮らしているだけで
満足な食事と安全な寝場所が確保
できるという特権を獲得したのが
です。

 

つまり、猫は昔から自分の意思を
曲げることなく、自分の生き方を
変えることもなく、姿かたちを
変えることもなく野性のままを
受け入れられた唯一の家畜なのです。

 

そして、これが本当にネズミという
きっかけだけだったのか・・?
私にはそうは思えません。。

 

そう・・きっとすでにはるか昔から
猫は見抜いていたのです。
「人間は良き下僕になる動物である」と・・

 

スポンサードリンク


 <猫と人間の主従関係と進化>

 

はるか昔から出来上がった猫と
人間の関係性。

 

いつしか猫に求められるものは
ネズミ獲りの役割から癒しの
存在へと変わってきました。

 

そして現在・・
犬とともに2大ペットとして
比較されることが多くなってきま
したが、猫の生態や進化の歴史を
見ても比較対象にはならないことは
明白です。

 

ですから、犬のように飼い主
(ご主人様)に従うという主従関係
は猫では当然成立しません。

 

しかし、猫が主人で飼い主が
従うという犬と逆の主従関係が
成り立つことになります。

 

そう・・はるか昔からそうなる
ことを猫は見抜いているのです
から当然です。

 

そして猫と人間の主従関係も年々
進化しています。

 

「猫を大事に可愛がる」から
「猫さまに仕える」に・・

 

猫さまのお世話をさせていただき、
そのご褒美にたっぷりの癒しを
与えていただく・・
つまり「相利共生」の歴史はカタチ
を変え、進化したのです。

 

今や猫は多くの下僕を従える
「一家の長」「絶対王者」に君臨しています。

 

そして猫はなんの努力もせずに
その地位を手に入れたのです。

 

芸をするわけでもなく、人に
媚びるわけでもなく、たらふく
食べ、たっぷり寝て、遊んで・・

 

ただそこにいるだけで人間に
幸せを与えるというまさに
持って生まれた神的な能力に
よって人間を征服できる地位を
手に入れたのです。

 

そしてこれは、野性の本能の
まま変わらず生きてきた猫が
人間との共存によって唯一失う
ことになった『性ホルモン』
との引き換えなのかもしれません。
(去勢・避妊による)

 

また、人間との暮らしに適応し、
下僕の忠誠心をより引き出させる
よう、人への馴化をより進化させて
きた賜物なのかもしれません。

 

柔軟性を駆使し、人を虜にする
姿態を披露するのは得意技ですし。

スポンサードリンク


<下僕の役割と未来>

 

猫さまに仕える下僕たちは
年々増殖中ですが、家庭環境
によって下僕の役割も変わって
きます。

 

下僕の役割分担はもちろん『長』
である猫さまが得手不得手を吟味
した上で決めることですが、
下僕の数によっては一人あたりの
役割は多くなるのが一般的です。

 

ちなみにわが家の場合、

・猫さまのトイレ掃除や食事の
準備など一般的なお世話をする下僕

・猫さまが快適にお休みいただける
よう肉布団付きの座椅子になる下僕

・猫さまが運動不足にならないよう
遊びのお供をする下僕

と言った感じに各自役割が
与えられています。

 

そして下僕同士がお互いの仕事
をチェックし合い、
・サボってないか?
・猫さまは快適か?
・猫さまは満足しているか?

などの厳しい監視を行っています。

 

また下僕が与えられた役割を
完璧にこなせるようにサポート
をし合うこともあります。

 

例えば座椅子の下僕は猫さまの
安眠のため、就業中は動いては
いけないため、必要なものや
飲み物、食べ物などは他の下僕が
運んでくれるという特権があり、
「座椅子さま」と呼ばれます。

 

しかしトイレを極限まで我慢
しなければならないという
鍛錬が要求される上、季節に
よっては用無しとなるちょっと
切ない役割です。

一人暮らしなどで下僕の役割を
こなしている方はすべてを捧げ
仕えてらっしゃる方が多いようです。

 

しかしそれによって猫さまが
快適に過ごせ、スリスリや
フミフミ、ゴロゴロを頂けるの
なら、また天使のような寝顔を
見せて頂けるなら・・
下僕冥利に尽きるというものでしょう。

 

そして間違いなく下僕も猫さま
に仕えることで心身の健康を
得られています。

 

また職種によっては、商売繁盛
など幸運をもたらしていただいて
いることも多いのです。

 

猫と人間の暮らしは
まさに幸せのハーモニーなのです。

 

そして、この調和は未来も
続いていくもので、ますます
従順な下僕が増えると同時に
猫さまの神パワーは進化して
いくに違いありません。

 

猫さまが幸せな未来は間違いなく
人にも優しい未来です。

猫から愛情ホルモンたっぷり放出!オキシトシン効果がスゴイ!

自信を持って猫さまにお仕え
いたしましょう。
世界中の猫さまが幸せに
暮らせますように・・

 

「この世でどう猫に接したかで
天国でのステイタスが決まる」

SF作家 ハインライン氏の遺した
名言です。

 

天国でも間違いなく猫の下僕
ですが・・
それでいい!
それがいい!笑

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の皮膚がピクピクと痙攣するのはなぜ?考えられる原因とは?
  2. 猫のトイレハイの理由は?猛ダッシュ~テンション高すぎっ!
  3. 老犬、老猫ホーム(生涯預かり)とは?システムや料金など!
  4. 猫同士の喧嘩は止めるべき?やめさせる方法とは?
  5. 猫の歯を削る方法や費用は?その効果や必要性、リスクとは?
  6. 猫の天敵(外敵)は?それは自然界の野生動物なのか人間なのか?
  7. 猫がトイレ以外の場所でオシッコをするのは病気のサインかも?
  8. 猫の多頭飼育で気をつけること!新入り猫さんを迎えるとき!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP