寄生虫

猫の寄生虫(トキソプラズマ)が人間の脳を支配し性格を変える!?

ズーノーシス(人畜共通感染症)
の一つであるトキソプラズマ症
は、猫の代表的な病気と言う
イメージがあります。

 

しかし、トキソプラズマは、
他の牛や豚、羊などなど多くの
恒温動物に感染の可能性があり、
それらの肉を摂取することで
人へも感染します。

*恒温動物・・外気温に関係なく
一定の体温を維持することができる動物

 

スポンサードリンク


 

<猫とトキソプラズマの関係性>

 

ではなぜ、猫=トキソプラズマ
なのかと言うと、人を含む他の
哺乳類や鳥類などすべては、
トキソプラズマの中間宿主
なります。

 

しかし、猫(ネコ科動物)は、
トキソプラズマの終宿主とされ、
有性生殖は、猫の腸管でしか成立
できないのです。

*有性生殖・・オスメスそれぞれ
の生殖細胞によって新個体を
生産すること(オーシスト)

 

中間宿主である動物の生肉に
含まれるのはシスト(サナギの
ような状態)です。


出展:http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/

 

しかし、どのような形態で
摂取してしまったとしても
トキソプラズマへの感染に
変わりはありません。

 

終宿主であるがゆえに
トキソプラズマの元凶のように
思われている猫ですが、適切な
飼育をしていれば猫からの
感染確率は非常に低いのです。

 

それより、生肉(加熱が不十分)から
のシストの摂取や、外の土壌(野良
猫などの糞便)からのオーシストの
摂取による感染率の方が高いとされています。

 

また、トキソプラズマに感染
している猫の糞便中に排泄された
オーシストが感染力を持つように
なるのは24時間以上経過してからです。

 

さらに、糞便中にオーシスト
を排泄するのは感染後、数日から
2週間の間だけです。

 

ですから、1日に1~2回きちんと
掃除、処理をしておけば問題は
ありません。

 

その他、お外に出さない、
生肉を与えないなどを徹底
しておけば、猫がトキソプラズマに
感染することも防げます。

猫のトキソプラズマの検査と費用や原因と症状、治療は?

スポンサードリンク


 

そして、妊婦を除き、人が
トキソプラズマに感染しても
健康な人であれば、自然免疫の
働きによって臨床症状は出ない
ことがほとんどです。

 

っとまぁトキソプラズマは
猫だけが悪いわけではないっと
いうことが分かってもらえたと
思うのでここらへんにして・・

 

今回、重要なのはトキソプラズマ
の驚くべき能力についてです。

 

肉眼で見ることもできない
小さな原虫によって我々が
操られている・・という研究が
発表されています。

 

まさか!?とも思えるその
内容とは?

 

<トキソプラズマが脳を支配!?>

 

トキソプラズマは世界中では
30億人もの人が感染している
されています。

 

しかし、前述したようにその
ほとんどの場合、不顕性(症状
が現れない)であり、感染に
気付かないことが多いのです。

 

例えば、何らかの異常、病的な
症状が出れば病気を疑うことも
ありますが、通常それらの自覚
症状がなければまさか自分が病気
に感染しているとは思いませんよね。

 

しかし知らず知らずのうちに
感染したトキソプラズマに脳を
勝手にコントロールされ、それに
よって性格や行動に変化を起こして
いるというのです。

 

*ネコとネズミ

そもそも、ネズミを捕食すると
いうネコの習性から、ネズミが
トキソプラズマに感染すると
行動変化を起こさせ、ネコに
食べられやすくなります。

 

つまりトキソプラズマは自分が
終宿主(ネコ)にたどり着くために
宿主のネズミがネコに食べられ
ることを望み、そのためにネズミ
を操るのです。

 

本来、ネズミにとっては猫は
捕食される可能性が高い危険な
敵のため、回避して生活して
います。

 

ネコがいる場所にはネズミが
出没しなくなるのはこのため
ですね。

 

ネズミは本能的にネコのフェロモン
を嗅ぎ取り、そこを回避します。

 

トキソプラズマはこのネズミ
の自己防衛本能をなくすように
脳を支配するのです。

 

主なものとしては、ネズミは
危険を恐れなくなったり、
無気力になったり、咄嗟の
ときの反応が遅くなる、などです。

 

これによってネズミは本来
最も警戒しなければいけない
ネコを恐れなくなり、逃げる
のも遅れ、食べられてしまうと
いうものです。

 

さらに猫の排泄物などの匂いに
誘発されホイホイ出て行くと
いう実験結果まで出ています。

 

トキソプラズマは、宿主の
脳を支配することによって
行動変化をもたらし、いわゆる
自身の勢力を拡大しているわけです。

 

その他、感染ネズミでは、
過度な活動性や、逆に毛づくろい
をしなくなるなどの行動変化も
見られたそうです。

 

これらの事実は多くの研究によって
示されています。

 

このトキソプラズマの恐るべき
能力が人間にも及んでいると
いう見方がさまざまな研究から
示されてきているのです。

 

チェコの生物学者のフレグル氏
は自身がトキソプラズマに感染
しているとひょんなことから
知り、思いを巡らせると自身も
恐怖心が鈍くなっていることに
気付いたそうです。

 

そこからの研究は約15年間にも
及び、トキソプラズマが人間に
与える影響が明るみになって
きたのです。

 

まず、トキソプラズマに感染
した人間は、交通事故に遭う
確率が2倍以上(60%増)である
いうこと。

 

これはネズミの時と同様、
咄嗟の時の反応が鈍くなる、
危険を恐れなくなる、と同じ
ためだと考えられます。

 

さらに、統合失調症(幻覚や
妄想などの精神疾患)を発症
しやすくなるということです。

 

そして、自殺率の上昇にも
関連しているという研究データ
まで出ているのです。

 

また、人の場合には、男女の
違いによっても性格や行動の
変化に違いが見られるとされています。

 

トキソプラズマに感染した
男性の場合は、疑い深く
内向的、反抗的なのに対し、
感染女性はその逆で、従順で
人を疑わず外交的という傾向
にあるようです。

 

いずれにしろ、トキソプラズマは
宿主の脳を支配し、性格や人格
までも変えてしまう可能性のある
恐ろしい寄生虫なのです。

 

そして、一度支配されてしまい、
異常行動に陥ってしまった脳は
トキソプラズマを退治、治療した
としてもその影響は永続する
可能性が高いとのことです。

 

トキソプラズマは実にさまざまな
動物に感染することができ、
さらに、その環境に応じて形態を
変える能力を持つことから、
「最も感染拡大に成功した病原性
原虫」と言われているのです!

 

なんとも驚愕ですが・・
しかし、同じ中間宿主である
ネズミと違い、人間の脳を支配
して行動変化をもたらしても
それによって終宿主であるネコ
にたどり着く可能性はまずないわけです。

 

つまり、トキソプラズマが
人間の脳をコントロールする
利点は現時点では見つからないのです。

 

それなのに、人間の脳にも
影響を及ぼしているということは、
トキソプラズマが今後更なる進化
を遂げ、人間を始め、他の生物に
さまざまな悪影響を及ぼすのでは
ないかと危惧されているのです。

 

 

またその他の寄生虫も
自分が生き残るため、さまざま
な手法で宿主を操っていると
されます。

 

寄生虫というと、栄養や血液を
吸い取られ不快と言ったイメージ
が強いですが、まさか脳まで支配
されるとは思いませんよね。

 

油断していると人間が寄生虫に
完全に支配されてしまう未来が
やってくるかもしれません・・

 

トキソプラズマの研究については
世界各地で続けられていますが、
いまだ謎の部分が多いです。

 

現状では、トキソプラズマに
感染しても健常者であれば
問題がないため、怖い病気だと
いう認識が低いようです。
(特に日本では)

 

しかし、少しずつ解明されている
トキソプラズマの研究結果を
見る限り、日本でも危機感を
深め、更なる研究が必要と言えます。

 

そこは研究者に任せておいて、
私たちにできることは
まず感染を防ぐ!ということですね。

 

猫を飼ってらっしゃる方は
猫への感染を防ぐことは
もちろん、その他、生肉の
摂取や土壌を素手でいじらない
など注意することです!

 

<関連記事>

猫の疥癬が人間に感染するとどうなる?症状や治療と注意点!

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫のコクシジウム症の原因や症状,治療や費用は?下痢に注意!
  2. 猫の寄生虫できしめんのような種類は?原因や駆虫方法は?
  3. 猫の激しい痒み!猫の疥癬(かいせん)の原因や症状と治療費は?
  4. 猫の寄生虫を写真や画像で見る・原因や症状も詳しく解説!
  5. 猫の寄生虫(回虫,鉤虫,条虫など)種類や症状,お薬や治療費は?
  6. 猫のノミ、ダニ取りシャンプーの効果は?成分や安全性は?
  7. 猫のノミ・ダニ対策!予防や駆除にもおすすめのお薬!
  8. 猫のトキソプラズマの検査と費用や原因と症状、治療は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP