飼育について

猫の飛行機での移動(国内線)!ストレス回避のための準備など!

引越しや帰省など、
猫を連れての長距離の移動の
場合、地域によっては飛行機
という交通手段を取らなければ
いけないことがあります。

 

車や電車などの場合は、一緒に
移動できるため、常に様子の観察
もできるので安心と言えますが
飛行機の場合・・。

 

スポンサーリンク


 

飛行機の場合には、客室に持ち込み
は出来ず、ペットはゲージに入れて
荷物として預け、貨物室に乗せられます。

 

ですから、手続き時にカウンター
にて預けてからは、現地に到着
するまで、会うことも出来ず、
一切の様子も分からないため
心配ですよね。

 

特に猫は環境の変化に弱いため
相当のストレスにもなります。

 

ですから、個人的には猫の
長距離の移動はなるべく避ける
ことが望ましいとは思っています。

猫の長期間の留守番,何日間なら大丈夫?ストレスや問題点は?

スポンサーリンク


 

もちろん、個体差もあり、性格の
違いにもよって猫さんにかかる
負担の度合いは変わってきますが。

 

でもどうしても飛行機に乗せな
ければならない状況もありますよね。

 

そこで、猫の飛行機での移動の
注意点や極力ストレスを回避
する方法や準備をまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<猫を飛行機に乗せるには>

 

猫や犬などのペットを乗せること
ができるのは国内線では主要な
ANA、JAL、スカイマークなどで
LCCなどの格安航空会社はペット
の搭乗はできません。

 

ペットは手荷物として預ける
ため、基本的には予約は不要
で当日、手荷物カウンター
(ペット預かりカウンター)に
連れて行き、同意書に記入、
料金を支払えば可能です。

 

ただし、WEB上で事前予約も
でき、同意書などもダウンロード
できるため、記入して持っていく
と時間の短縮にもなります。

 

また、ペットの預かり数には制限
がある場合もあるため、お盆や
正月、連休などの繁忙期には、
事前予約しておくと安心です。

 

その他、ゲージを借りる必要が
ある場合にも、予約しておく
といいですね。

 

飛行機に乗せる場合には、ゲージ
はプラスチック制などのハード
タイプのものでないといけません。

 

柔らかいナイロン製や布製の
ものしかない場合にはレンタル
する必要があります。
(ゲージのレンタルは基本的に無料)

 

ペット料金は、

*ANA/6.000円(一部路線4.000円)

*JAL/3.000~6.000円(路線による)

*スカイマーク/一律5.000円

<預けてから現地到着まで>

 

受付カウンターで預けてから
(ANA,JALは搭乗30分前まで、
スカイマークは60分前まで)
ペットは航空機搭乗まで手荷物
とは別の空調の効いた部屋、
またはそのまま受付カウンター
下で待機します。

 

その後、時間になったら
航空機までカートで移動、そして
貨物室(バルクカーゴルーム)に
乗せられます。

 

貨物室は温度、湿度管理がされて
いますが、外気温の影響もあり、
客室のように常に一定の温度や
湿度が保たれるとは限りません

 

現地に到着後、手荷物受け取り
エリアで待っていると係員の方
が直接運んできて受け渡して
くれます。

 

ゲージをレンタルしている場合
は、自分のゲージに入れ替え、
返却します。

 

スポンサーリンク


 

<猫を飛行機に乗せる前の準備>

 

*混合ワクチン接種(1年以内)

*健康診断(年齢によって血液検査など)

*乗り物酔いがある場合は
酔い止めなど投与

*興奮しやすい子の場合には
落ち着かせる抗不安薬など投与

*食事などは早めに済ませる

*爪は切っておく

 

各航空会社の規定でペット搭乗
には、混合ワクチンの接種が
義務付けられています。

 

猫の場合には3種混合ワクチン
大丈夫です。

 

また、当然のことながら健康状態
が良好なペットでなければ搭乗
はできません。

 

年齢にもよりますが、事前に
動物病院で飛行機に乗る旨を
伝え、必要な検査を受けましょう。

 

また、乗り物酔いや極度に興奮
してしまう猫さんの場合も相談
して、酔い止め抗不安薬など
の処方をお願いしましょう。

 

猫の場合、鎮静剤などはかえって
危険になる可能性もありますので
必ず、動物病院で相談してお薬を
出してもらいましょう。

 

今はネットなどでも抗不安薬
などの販売がありますが、
素人判断では危険です。
まして、預けてからは様子を
見ることもできません。

 

食事は搭乗の3~4時間前に
済ませておくのがベストですが
通常の食事時間や回数、また
搭乗時間によって変わります。

 

基本的には搭乗時は胃の中は空
の方が良いとは言われますが、
これもその猫さんによって
変わりますので、事前に普段の
食事の状態を伝え、獣医師に相談
しておきましょう。

 

季節にもよりますが、飲みたい
ようであれば水は直前まで
与えても大丈夫です。
(酔いやすい子は30分前くらい
にしましょう)

 

ゲージの中で暴れたりガリガリ
と引っ掻くこともあり、扉や金具
のところなどに爪が引っかかって
ケガしてしまうこともあるので
爪はちゃんと切っておきましょう。

スポンサーリンク


<極力ストレスを回避・注意事項>

 

上記に挙げたように事前の
健康チェックや抗不安薬などの
投与についてはしっかりと獣医師
に確認してください。

 

*落ち着かせる

その他、お薬以外で猫を
落ち着かせるため、フェリウェイ
などのホルモンスプレーをゲージ
などにふりかけておくのもオススメです。

 

効果は個体差がありますが、
薬ではなく副作用の心配もない
ため、試してみる価値はあります。

フェリウェイの使い方!多頭飼育や喧嘩、粗相や爪とぎなど!

 

*ゲージについて

ハードタイプのゲージがない
場合は、空港でレンタルもでき
ますが、できれば猫の場合は
事前に購入して少しでも慣らして
おいたり匂いをつけておくのが
安心です。

 

レンタルゲージはもちろん
消毒もしてありますが、犬にも
使われるゲージです。

 

そのため、嗅覚の発達した猫に
とっては他の動物の匂いのする
ゲージはさらに不安とストレス
になります。

 

また、レンタルの場合、返却
しなくてはならないので出して
ゲージを入れ替えなければ
いけません。

 

万が一、恐怖でパニックを
起こしている場合などは、
入れ替えの際に逃げ出してしまう
可能性もあります。

 

ですからできれば猫が落ち着く
まではゲージの入れ替えなど
せずに運んであげるのがベストです。

 

*預ける時間を短く

航空会社によって変わりますが
遅くとも搭乗時間の30分前まで
に預けないといけません。

 

それプラス搭乗時間、降ろされて
引渡しまでと考えるとそれなり
に長い時間預けっぱなしになります。

 

そのため、空港に着いたら
飛行機の運行状況を確認し、
なるべく直前に預けるように
しましょう。

 

飛行機は遅延なども多いです。
一度預けてしまうと一旦
返してもらうことはできません。

 

ですから、万が一のために状況
を確認、スタッフにも運行状況や
トラブルなど確認して規定の
時間ギリギリで預けるように
するといいですね。

 

*夏場の搭乗ついて

犬の場合、呼吸がしづらい
短頭種(ブルドッグやパグなど)は
夏場は搭乗ができないなどの規定
がありますが猫の場合はありません。

 

これは、短頭種の場合、軟口蓋
過長症などによって気管虚脱
を起こしやすく夏場などは
呼吸困難になってしまう可能性
があるためです。

 

特に、貨物室は空調が外気温の
影響を受けるため、客室のように
安定した気温が維持できないと
されています。

 

また、飛行機に運ばれるまでは
外気温にさらされるため、夏場
などは非常に暑いです。
そして温度変化も激しいです。

 

そして、猫の場合は犬のように
品種によってさほど差はない
ため、規定で禁止はされていま
せんが、猫にも短頭種はいます。

 

ペルシャやヒマラヤン、
エキゾチックなどいわゆる
鼻ペチャの品種ですが。

 

これらの猫種は特徴として
鼻孔狭窄症などがあり、通常の
猫よりは呼吸がしづらいことが
多いです。

 

特に寝ている時にイビキを
かく子などは要注意です。

 

その他、肥満気味の子も同じく
呼吸がしづらくなっている場合
もあります。

 

ですから、特に夏場などは
これらの猫さんの場合、搭乗は
控えた方が良いです。

 

暑さだけではなく興奮によっても
呼吸が早く荒くなることで呼吸
困難に陥りやすくなります。

 

ですが、どうしても搭乗させ
なければならない場合、
暑さ対策などが必要になります。

 

長毛種の場合には、ブラッシング
をしっかりやって下毛をキッチリ
取って少しでも熱がこもらない
ようにすることも大事です。

 

またアイスノンなどをゲージに
入れてあげたり、給水器をゲージ
にセットする(航空会社によって
はそれらの準備もあります)などの
対策が必要になります。

 

寒さよりも暑さ対策が重要です。
基本的に健康な猫であれば数時間
の寒さによって命に関わることは
ないですが暑さは例え1時間でも
命の危険が伴います。

 

特にリスクが高い猫さんの
場合や、極度に神経質な子の
場合にはやむを得ない事情で
ない限りは、留守中はペット
ホテルペット(キャット)シッター
などを利用する方が安心と言えます。

猫のお留守番に!キャットシッターの仕事内容や料金の相場は?

 

各ご家庭の事情もありますし、
猫さんによって個体差もあります。

 

移動によってある程度のストレス
はしょうがないですが、万が一
の可能性も考えないといけません。

 

状況によっては、時間はかかっても
陸路を移動する方が安心なことも
あります。

 

猫さんの性格などさまざまな
状況を考慮して猫さんにとって
負担が少なく、また飼い主さんも
安心して移動できる手段をじっくり
検討してくださいね。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の肥満度チェック!病気のリスクを減らして健康で長生きを!
  2. 子猫の成長!誕生~成猫になるまでの体の変化や育て方まで!
  3. 高齢者のペット問題と必要な支援について~最期まで一緒に~
  4. 猫に必要な運動量は?運動不足解消のためのグッズや方法!
  5. 猫の粗相はトイレが原因かも?猫目線で考えて解決してみよう!
  6. 猫の老化は何歳から?症状,兆候を外見や行動からチェック!
  7. 猫は飼いやすい・飼育が楽って本当?実は大きな間違いだった!
  8. 猫がエリザベスカラーに慣れるには?装着の必要性や効果は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP