ガン・腫瘍

猫の目(眼球)にできる癌とは?原因や治療、経過や予後など!

猫の癌は全身のあらゆる場所
に発生し、その種類もさまざまです。

 

いずれも初期での発見は難しく、
ある程度進行した状態からの
治療になることも多く、死亡率
も高いのが現状です。

 

スポンサーリンク


 

今回は猫の目(眼球)に発生する
がん(悪性腫瘍)についてです。

 

目は部位としては比較的異変に
気付きやすい場所で異物の発見は
しやすいです。

 

しかし眼窩(目の奥)や見えづらい
所にできている場合には発見が
遅れてしまうことが多いのです。

 

この場合、目ヤニや涙目、充血、
腫脹などの症状が出てから初めて
異変に気付くことになります。

 

また、目の中に腫瘍ができると
多くの場合、緑内障ぶどう膜炎
を併発してくるため、病院でも
見た目に腫瘍が発見できないこと
多いのです。

 

その場合、診断には超音波CTなど
の検査が必要になることもあります。

 

 

猫の目にできる『がん』で多い
のは、

*メラノーマ(悪性黒色腫)

*悪性リンパ腫

です。

 

<メラノーマ>

 

メラノーマは口腔内に発生する
ことも多い、皮膚がんの一種です。

 

人では『ほくろの癌』とも
呼ばれます。

 

メラニンという色素を作る
色素細胞(メラノサイト)のがん化
によるものですが、その原因は
解明されていません。

 

*症状

ほくろの癌とも言われるとおり、
最初はほくろのような黒色の斑点状
のものが見られるのが特徴です。

 

目にできたときには、虹彩(眼球
の全面)に茶色や黒っぽいシミ
ようなものが発生します。

 

この時点では初期なのですが、
他の症状が出ないため、加齢に
よるシミのようなものだと思って
様子を見てしまうことが多いのです。
(実際、加齢による色素沈着の
場合もあります。)

 

そして実際、この時点では病院
でも腫瘍との鑑別は困難なのです。

 

しかし、メラノーマの場合、
徐々に進行していき、シミ状の
ものは大きくなっていき、虹彩
全体が濁ったような感じに見えたり
茶色~黒っぽく色素沈着したような
状態になり肥厚していきます。

 

そして、続発性の緑内障になること
が多いです。

猫の緑内障の原因や症状と治療や手術費用は?眼球摘出も?

スポンサーリンク


 

症状は進行状態によりますが、
涙目や目ヤニ、出血、目が大きく
盛り上がってくる、目が閉じない、
目が見えていない、などなどの
異変が現れてきます。

 

 

*治療法

治療は、眼球摘出を勧められます。

 

目の中の腫瘍の場合、少し組織を
取って検査をして・・ということが
できない(確定診断にはならない)
ため、基本的に眼球ごと切除して
その後に病理検査をするというのが一般的です。

 

また、眼球の痛みも強く内科的治療
では症状を抑えることも進行を
遅らせることも難しいです。

 

そして、メラノーマは転移の確率の
高い癌です。

 

そのため、早期に摘出手術を行う
のがベストです。

 

眼球摘出の手術自体はそれほど
難易度の高いものでもなく、どこの
病院でもできます。

 

ただし、摘出後に眼球があった
部分が凹むため、その部分の
整形方法は各病院によってさまざまです。

 

これはその後の見た目の問題で
あり、整形を何も行わない場合
でも凹んで見えるだけで特に問題
(支障)はありません。

 

悪性のメラノーマだった場合、
手術後に抗癌剤放射線などの
治療を行うこともありますが、
飼い主さんの希望により行わない
場合も多いです。

 

転移するのは、肺や肝臓などが
多く手術後3~4ヶ月で症状が
現れ、転移が確認される場合もあります。

 

また、早期に眼球摘出で転移が
なければ予後は良好なことも多く、
日常生活にも特に支障はないこと
がほとんどですが、その後も定期的
な検査にて転移などのチェックは
必要になります。

 

その後の治療については、
獣医師と良く相談することが大事です。

 

スポンサーリンク


 

<悪性リンパ腫>

 

猫の体を異物の侵入から守る
免疫細胞の一種『リンパ球』
が腫瘍化し、増殖する病気が
悪性リンパ腫です。

 

リンパ腫にもさまざまなタイプが
あり、発生した場所によって
分類されます。

 

その中で、皮膚やその他の場所に
孤立して病変ができるタイプでは、
眼球に発生することがあります。

 

リンパ腫は猫白血病ウイルス(Felv)
の感染が原因となることが多い
ですが、高齢の猫などでウイルス
に無感染でも発症する場合の原因
は分かっていません。

 

*症状

リンパ腫は虹彩、目の奥、
目の中、目の周りなどできる
場所はさまざまです。

 

目の奥の場合は大きくなるまで
分かりにくいですが他の部分
だと比較的分かりやすいです。

 

目の中にシコリ(腫瘍)が見えること
も多く、その他、目が大きくなって
きた、目が閉じない、瞬膜が出っぱ
なし、目ヤニ、涙目・・
などなどの症状が見られます。

 

また、進行するとメラノーマと
同じく緑内障になることも多いです。

 

*治療法

治療は、メラノーマと同じく
眼球摘出になります。

 

また、腫瘍の状態や場所によって
は、眼球だけでなく周りも広範囲
に切除しなければならないことも
あります。

 

そして、すでに転移や浸潤が
見られ、手術で全てを取りきれ
ないような場合には、その後、
抗がん剤の治療を行うことが多いです。

 

猫の癌の中でもリンパ腫は
抗がん剤の反応が期待できる癌です。

 

そのため、状態によっては
積極的な抗がん剤治療を行うこと
で寛解まで持ち込めることもあります。

猫の悪性リンパ腫の治療!抗がん剤の種類や副作用について!

 

ただし、ウイルス(FelvやFIV)
感染によるものの場合は、治療の
効果は期待できないこともあります。

 

まずは目の痛みやストレスから
解放してあげるために眼球摘出
を行い、その後は状態によって
経過観察or抗がん剤などを行って
いくようになります。

 

 

猫の場合、ポピュラーな病気の
猫風邪などでも涙や目ヤニ、
結膜炎などの症状が出ます。

 

しかし、もしかしたら癌によって
なんらかの症状が出ている可能性
もあるのです。

 

異変に気付いたら、早めに診察を
受けましょう。

 

また、状態にもよりますが、
目の診察や検査などは専門の
知識や機器が必要なことも多く、
一般の病院では詳しい検査まで
行えないこともあります。

 

その場合は、他の病院を紹介される
こともあるかもしれません。

 

<関連記事>

猫(ペット)の癌に最前線の放射線治療!効果や副作用,費用は?

猫の癌にアガリクスの効果とは?抗がん作用は期待できる?

 

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の乳がんの自壊!痛みや出血,膿など症状と治療法について!
  2. 猫の乳がんが肺に転移!経過や症状と治療、予後について!
  3. 猫のイボやできものに安全な凍結療法とは?利点や効果,費用は?
  4. 猫の悪性リンパ腫の予後や余命、安楽死の選択について!
  5. (1)猫の乳腺腫瘍(乳がん)の症状は?悪性や転移の可能性は?
  6. 猫の良性の乳がんとは?特徴や確率、診断や治療、経過など!
  7. 猫の肥満細胞腫ってどんなガン?早期発見・治療で完治も!
  8. 猫の癌や病気にペット用ブロリコの効果は?抗がん作用は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP