ガン・腫瘍

猫の扁平上皮癌!鼻や口腔,顎などの手術の選択と予後について!

猫の口腔内にできる腫瘍(がん)
で最も発生率が高いのが扁平上皮癌です。

 

猫の扁平上皮癌は口の中を
始め、顔面にできやすく、また
進行も早いのが特徴です。

 

そのため、がんの切除手術が
難しい非常に厄介な病気です。

 

スポンサードリンク


 

通常、猫の皮膚にできる腫瘍
は悪性度も高いため、発見したら
治療は外科療法(手術による切除)
がの第一選択です。

 

また、再発の危険性も高いため、
腫瘍部位を含め、広範囲に切除
することが鉄則とされています。

 

特に猫は体の皮膚も柔軟性が
あるため、基本的には広範囲に
切り取っても皮膚が足りなく
なったり縫い合わせられなくなる
ようなこともありません。

 

しかし、腫瘍ができる部位や
浸潤具合いによっては、広範囲の
切除が困難になることがあります。

 

それが顔面や口腔内、四肢などです。

 

そして、猫の扁平上皮癌はその
多くが顔面や口腔内の発生です。

 

そのため、状態によってはすでに
手術が困難であったり、すべてを
取りきれない、また手術自体を
決断できない場合も多くあります。

 

しかし、放置すれば腫瘍はどんどん
大きくなり、口が閉じられなく
なったり、呼吸がしづらくなったり
またいずれは食事が摂れなくなります。

 

ではどうするのが良いのか?
どんな治療ができるのか?

 

猫にとって残された時間を
なるべく苦痛なく過ごさせて
あげるにはどうしたらいいのか?

 

スポンサードリンク


 

猫のがん治療は、がんの種類や
進行状態、年齢、飼い主さんの
考えによってもさまざまです。

 

また、がんにおいて積極的な
治療を行うか、行わないか・・
獣医師によっても見解はさまざまです。

 

ですから、ベストな選択と言える
判断は難しいですし、ないとも
言えます。

 

そんな中でも口腔内(顎)や鼻に
できてしまった扁平上皮癌の
場合の治療について、手術の
選択や経過・予後など一般的に
考えられる治療方針について
考えてみました。

 

<手術の選択>

 

口腔内や鼻にできた扁平上皮癌
の場合、大きさにもよりますが
手術が可能という診断が下れば
やはり手術を行うのがベストだと
思います。

 

もちろん手術によって顔が変形
したりの弊害が出ることも多く
あります。

 

大きさや場所、浸潤具合いに
よっては顎の一部を骨ごと切り
取らなければならない場合もあります。

 

しかし、それらを考慮した上でも
その後に食事を摂ることができる
状態に残せる場合に獣医師は手術
が可能と判断します。

 

手術が可能となった場合でも
口の中や鼻の場合は広範囲の切除
は難しくなるため、再発の可能性
も高いです。

 

取り切れるだけ取って・・
という手術法になることも多いです。

 

ただし、その時点での腫瘍の
大きさや状態を考慮して切除
した方がその後の猫さんのQOL
をあげることができるのであれば
やはり手術が望ましいです。

 

やはり顔の場合、手術の決断が
なかなかできない方が多いですが
腫瘍がさらに大きく進行して
しまうと手術も不可能になります。

 

そうなると食事が摂れなくなり
日常生活に支障をきたすのも
時間の問題になります。
(腫瘍の進行を抑える他の治療
もありますが、原発の腫瘍そのもの
に高い効果は望めません。)

 

そうなってしまうと餓死という
最期を迎えることも多いのが
現状です。

 

猫の扁平上皮癌は悪性のがん
ですが、転移率はあまり高くありません。

 

そのため、他の臓器に転移して
最期・・というよりは、口腔内
などに発生した場合は、食事が
摂れなくなり亡くなってしまう
ことも多いのです。

 

これは飼い主さんの考えさまざま
ですから、絶対にそうするべきだ
とは言えません。

 

また手術しても思ったより早く
再発する可能性もあり、せっかく
手術したのに・・
とショックを受けることもあります。

 

ただし、可能性として
手術可能な状態なのであれば
顔でも口腔内でも取れるだけ
切除をすることでその後の猫さん
の闘病は少しは楽になると私は
思います。

 

<経過・予後>

 

手術を行った場合、その後に
抗がん剤や放射線などの治療を
行うことで再発の抑制も期待できます。

 

基本的に猫の悪性の腫瘍には
抗がん剤や放射線の効果は期待
できないとされていましたが、
近年、獣医療の進歩や新たな
薬なども出てきており、有効性を
示す報告も多くなってきています。

猫の扁平上皮癌!抗がん剤や放射線の治療方法や効果は?

スポンサードリンク


 

また、手術後に積極的な治療は
行わないという場合でも、
インターフェロンや丸山ワクチン
など副作用の少ない免疫療法的な
治療を行うことで少しでも再発を
遅らせたり、元気に過ごさせて
あげることも期待できます。

 

また、残念ながらすでに手術不可能
であった場合、また他の疾患に
よって全身麻酔がかけられず手術
ができない場合など・・

 

この場合も積極的な治療を望む
のであれば抗がん剤や細胞治療
(免疫療法)なども行え、腫瘍の
進行を抑える効果が期待できる
場合もありますが、可能性は低い
とされます。

 

腫瘍が大きくなってくると
徐々に食事量も少なくなったり
してきますので、なるべく食べ
やすい形状のもの、好むものを
与えてあげるようにしましょう。

 

また、状況によっては流動状
して強制給餌をする場合もあります。

 

そして痛みも強くなってきます。
少しでも苦痛を減らしてあげれる
よう痛み止めなども必要になります。

 

最終的には胃瘻(胃にチューブ)で
栄養を入れる場合や補液などで
水分補正することもありますが、
最期、どこまで延命するかは
飼い主さんの思いによります。

 

獣医師と良く相談して治療方針
を決めてほしいと思います。

 

<関連記事>

猫の癌治療!免疫療法の効果や費用は?副作用なくQOL向上を期待!

猫の癌にアガリクスの効果とは?抗がん作用は期待できる?

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の悪性リンパ腫の予後や余命、安楽死の選択について!
  2. 猫の肥満細胞腫の抗がん剤(化学療法)治療の効果や費用など!
  3. 猫の癌(ガン)治療にかかる費用!手術や放射線,温熱,凍結など!
  4. 猫の癌治療!免疫療法の効果や費用は?副作用なくQOL向上を期待!…
  5. 猫の良性の乳がんとは?特徴や確率、診断や治療、経過など!
  6. オス猫の乳がんの可能性は?乳腺付近のイボやしこりの原因は?
  7. 猫の悪性リンパ腫の治療!抗がん剤の種類や副作用について!
  8. 猫の乳がんの再発!手術や治療の選択と予後について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP