ガン・腫瘍

猫の癌にアガリクスの効果とは?抗がん作用は期待できる?

 

癌は今や人間だけではなく
ペット(犬や猫)でも死因の
上位(犬はトップ、猫は2位)
に挙げられています。

 

特に動物の場合には早期発見が
難しいため、気付いた時には
進行していて治療もなかなか
大変なことが多いです。

 

スポンサードリンク


 

猫に多い『がん』で主なものは

*悪性リンパ種

*乳がん

*肥満細胞腫

*扁平上皮癌

が挙げられます。

 

治療法や経過、予後などは
その『がん』の種類や進行度、
猫さんの年齢、体の状態によっても
さまざまです。

 

『がん』治療としては

*外科的療法(手術)

*化学療法(抗がん剤)

*放射線療法

*免疫療法

などありますが、

・手術できる状態なのか?

・抗がん剤の効果が期待できる癌なのか?

・転移の有無

・積極的な治療を望むか?

などによっても治療と経過は
変わってきます。

 

・手術するのはかわいそう

・もう歳だから

・手術したけど再発した

・抗がん剤は副作用が心配

など・・どうしても猫さんの場合
には積極的な治療を望まない
飼い主さんもいらっしゃいます。

 

しかし・・

できれば進行を遅らせたい。
苦痛を軽減してあげたい。
少しでも長生きさせたい。

と思うのは当然のことですよね。

 

そこで頼りたくなるのが
サプリメントではないでしょうか。

 

サプリメントの服用は一種の
免疫療法とも言えます。

 

薬剤と違い副作用のない(少ない)
サプリによって自分の免疫を高め
がんの進行を抑えることを目標に・・

というのは今は人の癌患者の方でも
多く試されている方法です。

猫の癌や病気にペット用ブロリコの効果は?抗がん作用は?

 

そして『がん』のサプリと言えば
一番に思い付く、名前の挙がるのが
『アガリクス』です。

 

今はペット(犬猫)用のアガリクス
も販売されていますね。

 

そこで、今回は猫における
アガリクスの効果や抗がん作用
についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク


 

<そもそもアガリクスとは?>

 

アガリクスはいわゆる「キノコ」です。

見かけは松茸のような(?)
足(柄)の長いマッシュルーム(?)
のような・・いずれにしろ土から
ニョキッと生えてくるキノコで
普通に食べても甘みがあり美味しいようです。

スポンサードリンク



出展:http://www.sakamotokanpou.com/

そして、唯一アガリクスが自然生息
するのがブラジルのサンパウロ郊外
のピエダーテという山村です。

 

このピエダーテには、長寿者が
多く、がんや成人病などにかかる人が
極端に少ないことに興味を持った
アメリカペンシルバニア州立大学の
研究チームが調査をし、発見した
のがこの地方だけに生息する珍しい
きのこ『アガリクス茸』だったわけです。

 

アガリクス茸は、ピエダーテの
気候(昼夜の寒暖差、スコールによる
多湿)、土壌(馬糞の肥料)など特殊
な条件のみで育つきのこなのです。

 

アガリクスが日本に上陸したのは
1965年。以降、さまざまな機関で
研究されました。

 

そして1980年以降には、
日本薬理学会や日本癌学会で
その抗腫瘍効果(抗がん作用)が
発表されています。

 

<アガリクスと抗がん作用>

 

ではアガリクスの何が良いのか?
なぜ抗がん作用があるとされるのか?

 

*アガリクスの成分

たんぱく質、食物繊維、ビタミン、
ミネラル、核酸、アミノ酸、
リノール酸、酵素、多糖体など。

 

このアガリクスの成分で
重要なのが多糖体です。

 

*多糖体・・
糖がたくさん結びついている
高分子構造を有し、さまざまな
食品に含まれる。

 

アガリクスには以下の6種類の
多糖体が極めて豊富に含まれて
います。

・β-グルカン
・α-グルカン
・β-ガラクトグルカン
・RNA(核酸)
・タンパク質グルカン
・キシログルカン

そしてこれが抗がん作用のカギ
となっています。

 

『NK(ナチュラルキラー)細胞とマクロファージ』

がん治療においてとても重要なのが
免疫力です。

がん細胞というのは、どんな健康
体でも毎日のように生じています。

 

しかし、NK細胞マクロファージ
などの免疫細胞がそれらを牽制し、
健康状態を維持しているのです。

 

ですから、さまざまな要因に
よって、それらの免疫細胞の働き
が弱まり、免疫力が低下すれば
がん細胞は急速に増殖してしまう
ことになるのです。

 

そのため、これらの免疫細胞を
活性化することが体の免疫力を
高め、腫瘍の増殖を抑えることに
つながるのです。

 

『多糖体の作用』

多糖体(糖鎖)は、細胞同士を
つなげ、情報伝達し、それぞれ
の細胞の働きをコントロールする
重要な役割を果たしています。

 

また、体のバランスを整える、
アンテナや司令塔のような非常に
重要な役割を担っている物質で、
生命の恒常性の維持に欠かせない
組織なのです。

 

そしてアガリクスに含まれる豊富な
多糖体の働きによって、NKや
マクロファージなどの免疫細胞
が活性化され、免疫力が上がる
いうことです。

 

逆に、ストレスや喫煙、紫外線
などにより、体内で活性酸素が過剰に
発生すると、多糖体は活性酸素を抑制
する抗酸化物質として作用します。

 

そして多くの多糖体が抗酸化物質と
して作用すると、多糖体の減少や
損傷、劣化などの異常が生じ、細胞
自体の劣化や免疫機能の低下などが起こります。

 

これによって生体内に持つ
自然治癒力が衰えることになり、
さまざまな病気などになってしまう
のです。

 

つまり、日常生活において多糖体
は、常に減少や損傷を起こして
いるため、積極的に摂取する
必要があるということになります。

 

<アガリクスの抗がん作用>

 

生命の恒常性の維持に欠かせない
多糖体を多く含んでいる食品の
一つがアガリクスということですね。

 

実際、人間の病気に関しては
効果の確認が多数報告されています。

*がんの抗腫瘍活性作用

*糖尿病の血糖効果作用

*高血圧、動脈硬化などの降圧作用

*抗ウイルス作用

*アトピーなど抗炎症、二重調整作用

などなどさまざまな病態での
効果が上がっているとされています。
(ただし、万人に効果があるもの
ではない。)

 

もちろんこれらの効果が知られて
いるからこそ、抗がん作用のある
健康食品として有名なわけです。

 

薬剤ではないため、食品として
取り入れるため、抵抗なくはじめる
ことができるというのは利点ですよね。

 

それで効果があるのなら万々歳な
わけですし。

 

では猫の場合はどうなのか・・?

 

<アガリクスと猫>

 

基本的に猫など動物の体も
細胞や組織における多糖体の
役割は同じであり、重要です。

 

そしてNK細胞やマクロファージ
などの免疫細胞を活性化することで
免疫力を高め、抗がん作用や他の
さまざまな効果が期待できるという
点でも同じです。

 

ですから、多糖体を豊富に含む
アガリクスが良い効果をもたらす
という点では同じと言えます。

 

猫のウイルス疾患や免疫療法など
さまざまな用途で使われるインター
キャット(インターフェロン)も
活性高分子多糖体です。

 

そしてインターキャットの効果は
さまざまな場面において有効な
ことが知られています。

 

今や猫の病気治療にはなくては
ならない重要な薬剤です。

 

また、インターフェロンは人間
でも多く使われる重要なお薬です。

 

そして、さまざまな食品(植物)に
含まれる活性高分子多糖体を食品
として体内に取り入れ、自分の体内
でインターフェロンを産生させる
ことで免疫力を高めるというのが
インターフェロン・インデューサー
(誘発物質)と呼ばれ、さまざまな
活性高分子多糖体食品(サプリ)が販売されています。

 

これは、自分のインターフェロン
が出るため薬に比べ安全で、
また毎日摂取することで持続して
インターフェロンが産生されると
いうものです。

 

ただし、薬のインターフェロンと
異なり、食品では大量にインター
フェロンが産生されません。

 

そのため、強力な作用というより、
長期間の使用・継続による
予防医療的な位置付けになっています。

 

そして、アガリクスは同じく
この高分子多糖体を多く含む自然
由来の植物の一つなのです。

 

これらのことから考えると、
当然、猫にも効果はあるのでは
ないかと思いますよね・・

しかし、残念ながら猫では人の
ように研究が進んでおらず、
臨床効果などの報告やデータが
上がっていないのが現状です。

 

ですから、現状では、
アガリクスを飲んで元気になった、
ガンの再発を抑えられている・・

などはあくまでも個人(飼い主)
の報告や感想に過ぎないのです。

 

また、実際、ガンなどの場合は
他の治療や薬などと併用している
ことも多いため、何の効果が出て
いるのか分かりくい・・という
のもあると思います。

 

ただ、高分子多糖体を豊富に
含むアガリクスという食品と
して考えれば、少なくとも免疫力
を上げる効果は期待できると言えます。

 

そしてそれによってある程度の
抗がん作用をもたらすのも自然な
ことであり、人間と同様に抗腫瘍
効果を発揮する可能性は十分に
あると言えるのではないかと思います。

 

また、少なくとも免疫力を
上げることによって、体調を
整えたり、他の病気の予防にも
なるわけなので、ガン闘病中の
生活においては、何らかの良い
効果はあるのではないかと思います。

 

薬剤と違い、飲むことによって
副作用の心配もないのであれば
飲んでおいて損はないとは言えます。

 

ただしサプリなどの健康食品には
品質の悪いものも多いので注意が
必要です。

 

アガリクスで言うと

*人工栽培ではなく自然栽培のもの

*余計な添加物を含まないもの

*サプリとしての品質管理基準をクリアしているもの

これらがしっかりしているよう
でしたら、問題なく飲ませて
大丈夫だと思います。

 

基本的には人用のものでも
問題ないと思いますが、投与量
などのこともあるため、ペット用
の方が安心です。

 

ペット用のアガリクスを一通り
見たところ、安心安全で効果が
期待できそうなのは、
『キングアガリクス100ペット用』
です。


出展:https://pub.a8.net/a8v2/

余計な添加物も一切入ってない
アガリクスだけのサプリです。

またこちらの会社は人間用の
アガリクスの販売では長年の歴史
もあるため品質的にも信頼できます。

『キングアガリクス100ペト用価格や詳細>

 

お試しなどがないのが残念ですが、
お薬などの投薬が無理でなければ
まずは飲ませてみても良いのでは?

と思いますが。

 

ただし、あくまでもサプリメント
であり、抗がん作用が期待できた
としても、がんを治す薬ではありません。

 

少しでもがんの進行を抑制し、
免疫力を上げることでQOLを
上げ、なるべく苦痛なく過ごさせて
あげたい・・

そんな思いを託すのなら試してみる
価値は十分あると思います。

 

より効果の期待できる免疫療法と
しては最新の細胞治療が動物医療
でも少しづつ広まってきています。

まだまだ実施している病院は少ない
のが残念ですが・・

詳細はこちら↓
猫の癌治療!免疫療法の効果や費用は?副作用なくQOL向上を期待!

スポンサードリンク







関連記事

  1. オス猫の乳がんの可能性は?乳腺付近のイボやしこりの原因は?
  2. 猫の乳がんの再発!手術や治療の選択と予後について!
  3. 猫の悪性リンパ腫の予後や余命、安楽死の選択について!
  4. 猫の癌や病気にペット用ブロリコの効果は?抗がん作用は?
  5. 猫の乳がん末期の症状や治療、余命や安楽死の選択について!
  6. 猫の悪性リンパ腫の治療!抗がん剤の種類や副作用について!
  7. 猫(ペット)の癌に最前線の放射線治療!効果や副作用,費用は?
  8. 猫の基底細胞腫の症状や治療法は?皮膚のイボやしこりに注意!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP