慢性腎不全の猫の咳!関連性と考えられる原因や治療法は?

猫の慢性腎不全では、
腎機能低下によって起こる症状と
合併症によってもさまざまな症状
が現れます。

 

今回は、慢性腎不全の猫さんの
『咳』について考えられる原因
や治療法などをまとめてみました。

スポンサーリンク


猫の咳の原因は、さまざま
考えられますが、状態としては
重症度が高いものが多く、早めの
治療が必要になる病気が多いです。

 

また、咳というのは人間でも
そうですが、苦しく体力を使います。

猫の咳の原因と考えられる病気!嘔吐にも似ているため注意!

 

では慢性腎不全の猫さんで咳の
症状が見られる場合とは?

 

猫の慢性腎不全で咳は出る?

 

慢性腎不全による腎機能低下で
見られる症状は、ステージに
よっても変わりますが一般的には

*多飲多尿
*食欲不振
*嘔吐
*元気がなくなる
*毛艶が悪くなる
*痩せてくる

などが挙げられますが、咳の症状
というのはありません。

 

ですから、慢性腎不全で咳の
症状が見られる場合は、

*咳の症状が出る可能性がある
他の病気にかかっている

*腎不全の合併症によって起きる
病気によるもの

の二通りが考えられます。

 

こちらでは、慢性腎不全の
合併症によって起きる咳についてです。

 

猫の慢性腎不全の合併症には
主なものとして、

*高カリウム血症
*高血圧
*貧血

が挙げられます。

 

この中で、咳が出る状態になる
病気をもたらすのが高血圧です。

スポンサー リンク


慢性腎不全の合併症による咳

 

慢性腎不全と高血圧の関係に
ついて↓

猫の慢性腎不全!高血圧の症状や治療と降圧剤の使用,測定など!

 

高血圧の状態が続くと、
全身に血液を送り出す心臓は
より強いチカラが必要になり、
心臓の壁が厚くなるという心肥大
が起こってきます。

 

そして心肥大が進行すると
心機能の低下や心不全につながります。

 

これによって心臓の働きが
悪くなると、うっ血が起こります。

*うっ血(血流の障害により静脈内
に血液がたまった状態)

 

そして肺のほうにまで血液が
うっ血すると毛細血管の血管内圧
が上昇し、血管から血液成分が
滲み出て肺胞内から胸膜腔にかけ
て水が溜まります。

 

この状態を肺水腫と言います。

 

肺に水が溜まると、この溜まった
水を「たん」として外に出そうと
することで『咳』がでるように
なるのです。

高血圧⇒心不全⇒胸水貯留⇒咳

 

猫の慢性腎不全によって起きる
咳はこのような経緯によって
出現します。

 

また、咳だけではなく呼吸が
荒くなったり苦しそうな様子
見られることもあります。

 

そして、ケホケホっという感じ
の軽い咳ではなく、嘔吐にも似た
感じの吐き出すような咳になります。

 

<治療法は?>

 

治療法としては、まずは高血圧
のコントロール(降圧剤)をする
ことで心臓にかかる負担を減らす
ことが大事です。

 

基本的に慢性腎不全では高血圧
は多く見られることから降圧剤の
薬が処方されていることが多い
です。

 

しかし腎不全は徐々に進行して
いくため、薬でのコントロールが
難しくなってしまう場合もあります。

 

また、腎不全の治療では自宅での
皮下輸液などが行われますが、
状態が進行していくと入れた輸液
が吸収されにくくなってくること
があります。

 

そうなってしまうと、吸収でき
なかった水分が胸水として溜まって
しまうのです。

 

そのため、定期的に診察を
受けながら、輸液の量を調節して
いくことも大事です。

猫の腎不全の治療!皮下点滴(輸液)の量や頻度、効果とは?

 

胸水貯留の状態にもよりますが
少量であればそれ以上増えない
ようにコントロールできれば、
症状は落ち着いてきます。

 

そして状態にもよりますが、
胸水の貯留や症状がひどい場合
には直接針を刺して抜く方法や
利尿剤などを使うこともあります。

 

肺水腫による咳はとても
苦しいです。
また、呼吸ができなくなり突然死
してしまうこともあります。

 

状態が軽いうちであれば
治療によって症状を楽にしてあげ、
胸水が溜まりにくくすることも
できます。

 

早めに診察を受けて治療してあげましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です