動物看護師のメリットとデメリット!ペット業界での位置付けは?

今や子供の数より犬猫の飼育数
の方が多いという現状の日本。

 

さまざまなペット業界の経済効果
もスゴイことになっているようです。

 

そして、それに伴い、ペット関連
の仕事をしたいという若者も増加
してきているようです。

スポンサーリンク


ペット業界の資格も現在では
さまざまな職種が増えてますよね。

 

トリマー、看護師、介護士、
トレーナー、セラピスト、
ブリーディングなどなど多彩です。

 

また、基本的にペット業界では
獣医師以外は国家資格ではなく、
通信教育なども増えてきています
ので比較的取得しやすいと言えます。

 

そんな中でも動物病院では
欠かせない存在の動物看護師
について・・
仕事のメリットデメリット、
また業界での位置づけ、役割に
ついて現状をまとめてみました。

 

動物看護師を目指そうと思って
いらっしゃる方・・
また悩んでいらっしゃる方は
ぜひ参考にしてみてください!

 

<動物看護師の仕事とは>

 

動物看護師は基本的には動物病院
での勤務であり、病院の業務全般
(雑用からすべて)です。

 

病院によっても変わりますが、
人間の看護師さんのイメージとは
仕事内容は違うと思います。

動物病院の看護師の仕事内容や年収は?資格はいるの?

 

<動物看護師のメリット>

 

*好きを仕事に

基本的に動物看護師になろうと
思う方は動物好きなわけですから、
仕事で好きな動物と触れ合えるのは
最大のメリットと言えると思います。

 

*感謝される立場

また、患畜さんが元気になって
返っていくとき・・
ありがとうございます!と感謝される
立場ですから、それはやはりうれしい
ものです。

 

もちろん、元気になった犬猫さん
を見るのもうれしいですしね。

 

*イメージが良い

また、看護師さんというイメージ
からとても優しくて、動物好きな
いい人・・というイメージが持たれます笑

 

*仕事のやりがい

そして当然ですが、やりがいの
あるお仕事です。
病院業務にはなくてはならない
存在です。

 

*役に立つ

その他、犬猫の健康や病気について
も詳しくなれますのでご自分で
ペットを飼っていらっしゃる方は
何かと役に立ちます。

 

*病院代が安く済む

そして、何かのときは治療代や
薬代が社員割引で安くしてもらえます。笑

 

動物病院は何かと高額ですので
少しでもお安くなるのはありがたいです。

スポンサー リンク


<動物看護師のデメリット>

 

*勤務時間が長い

とにかく勤務時間(拘束時間)が長い
ため、仕事終わって遊びに行くとか
とても難しいです。

 

*給料が安い

労働基準法違反では?と思う
くらい勤務時間と給料が見合って
ないです。

収入面だけを考えるならコンビニ
のバイトの方がよっぽどいいです。

 

*手が傷だらけになる

当然、噛み付かれたり、
引っ掻かれたりで傷が増えます。

特に最初のころは扱いに慣れて
ない場合が多く、被害に遭いやすいです。

 

*将来的な見通しが不安

給料が少なく、昇給も微々たるもの
で期待できません。
(病院にもよりますが)

そのため、長く勤務してキャリア
が付いてもそれに見合った報酬が
得られるかと言えばまずないです。

 

*職種としての地位が確立されていない

動物病院では欠かせない存在の
職種でありながら、日本での
動物看護師の位置づけは非常に
曖昧です。

 

これには国家資格ではないことも
関係しています。

 

また病院によっても変わりますが、
看護師に求める仕事内容と言う
ものも実にさまざまで、明確な基準
がありません。

 

これらの要因から動物看護師は
薄給なのでしょうが。。

動物病院の労働環境について↓

動物病院の獣医師,看護師の労働環境とは?労働基準法はスルー?

 

<ペット業界での動物看護師の位置づけ>

 

日本のペット業界自体が実はとても
狭い世界でまだまだブラックな部分
も多い業界です。

 

獣医師は国家資格で立派な仕事
として認められているようですが、
しかし、人間の医師とはやはり格差
があります。

 

同じ医師でありながらやはり
ペット業界というのは一線を画して
いるのです。

 

ちなみに国の管轄として、
人の医師は厚生労働省ですが、
獣医師は農林水産省です。

 

さらに動物看護師という職種が
国家資格にならないとことも
それらを現しています。

 

ここまでペットブームと言われ、
経済効果が騒がれていますが、
実は日本はペット後進国なのです。

 

海外の動物先進国(イギリスや
オーストラリアなど)では動物看護師
は国家資格(准国家資格)であったり、
また社会的地位も確率されています。

 

もちろん、近年日本も動物看護に
対する資格可の動きは徐々に変わり
つつあります。

 

しかし、ペットに対するすべての
法律や規律が曖昧な日本の現状
では動物看護師の社会的地位が
認められるのはまだまだ・・
ではないかと思います。

 

そして、動物看護師というのは
基本的に獣医師があってこそ
成り立つ職種です。

 

トリマーであったなら、自分で
お店を開くこともできます。

 

またトレーナーなどもそうです。
個人で独立、開業することができる
職種です。

 

しかし、動物看護師というのは
基本的には個人で独立して成り
立って行く職種ではないと言えます。

 

しかし近年は、動物看護師の資格
や経験を活かして訪問介護などを
行ったりということも増えてはきて
いるようです。

動物看護師になる!通信,専門学校,大学の違いと選ぶ基準は?

ただ、介護士やセラピストなど他の
資格も増えてきている今、その中で
動物看護師の役割がどこまで割り込
んでいけるか?多様化されるか?は
正直疑問です。

 

やはり基本的に動物看護師は
動物病院での役割が一番と
言え、しかし動物病院でキャリア
を積んで長く勤務するという環境
が整っていないのが実情なのです。

 

もちろん、とりあえず結婚まで・・
とかパート感覚であれば問題ない
と思いますが、生涯の仕事として
骨を埋める覚悟で入ってしまうと
後悔することになると思います。

 

ですから、ペット関連の資格取得
を目指すのであれば動物看護師
だけでなく、その他さまざまな
現場で活躍できる資格も取得して
おくと将来的に視野は広がり、
多方面で活躍できる可能性も高く
なると思います。

 

動物看護師という仕事が
しっかりと認められ、確立され、
労働環境、条件も良くなりさえ
すれば本当にやりがいのある
楽しい仕事だと思いますよ!

*動物看護師が国家資格になります↓

動物看護師の国家資格化で何が変わる?資格取得を目指すには?

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です