猫の乳がん末期の症状や治療、余命や安楽死の選択について!

猫の乳がんは手術で切除しても
再発しやすく、転移の確率も
高い怖い病気です。

 

乳腺にしこり(腫瘍)を発見して
から手術を行い、再発したら
また手術、もしくは他の治療など
闘病が続きます。

 

もちろん早期に発見でき、
適切な治療が行われれば、再発を
抑えることができ、余命も長くなる
可能性も高いです。

スポンサーリンク


しかし、がんを抑え込めず
再発や転移を繰り返すことも
あります。

 

また、手術や治療をしないという
選択をされる飼い主さんもいらっしゃいます。

 

そして、いずれは乳がんも末期の
状態を迎えることになります。

 

こちらでは、乳がんの末期の状態や
治療、余命など、また安楽死の
選択についてなどについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<乳がん末期の症状>

 

乳がんの末期、ステージ4は、
乳腺の腫瘍の大きさや数に関わらず
所属リンパ節に転移+遠隔転移
(他の臓器への転移)が見られる
状態です。

 

乳腺のがんは、それまでの手術の
有無や進行状況によって大きさや
状態はさまざまですが、腫瘍自体が
自壊(破裂)していることが多いです。

猫の乳がんの自壊!痛みや出血,膿など症状と治療法について!

 

乳がんの末期ではさまざまな症状
が見られますが、他の臓器(主に肺)
への転移、または全身にがんが
広がっていることから、

*食欲減退

*動かない(動けない)

*咳や呼吸が荒くなる(転移による肺がん)

*栄養失調(がん悪液質による)

*貧血

*自壊した腫瘍の痛み、腐敗臭

などが見られます。

 

特に肺への転移から肺がんの
症状も末期になると胸水が溜まって
くるため、呼吸困難の症状が
見られたりします。

猫の乳がんが肺に転移!経過や症状と治療、予後について!

 

<乳がん末期の治療>

 

延命をどこまで行うかにも
よりますが、最低限、苦痛を
和らげてあげるためには、
対処療法を行う必要があります。

 

状態にもよりますが、

*乳がんが自壊していればその治療

*胸水が溜まっていれば胸水を抜く処置

*鎮痛剤や抗炎症剤、抗生剤の投与

*酸素吸入(呼吸困難がある場合)

など、状態に応じた治療を行います。

 

これらは延命のための治療では
なく、あくまでも苦痛を和らげる
ための治療です。

 

少しでも延命のため、積極的な
治療を望む場合には、獣医師に
その旨を伝え、治療法を考えて
もらう必要があります。

猫の乳がんの抗がん剤治療について!効果や副作用と予後など!

スポンサー リンク


<乳がん末期の余命>

 

転移の状態にもよりますが、
末期になり、全身状態の改善が
見込めない場合には、早ければ
数週間~長くても3ヶ月程度
言われることが多いです。

 

ただし、それまでの治療の経過や
積極的な治療を行う場合には
また変わってきます。

 

薬剤の反応はさまざまですし、
個体差もあります。

 

また、胸水が溜まってきている場合
などは、呼吸ができなくなり容体が
急変して突然死などもあり得ます。

 

余命というのは、あくまでも
一般的なデータの平均で予測する
ものであって、実際の治療実績は
さまざまです。

 

予測を大幅に上回って長生きする
子もいますし。

猫の癌にアガリクスの効果とは?抗がん作用は期待できる?

 

<安楽死の選択について>

 

猫(ペット)の安楽死については、
飼い主さん個人個人の考えもある
ことと思いますし、正解はありません。

 

ただ、動物医療に携わる立場と
すれば、安楽死もやむを得ない
という状態は、

*治療方法がない(治らない)

*耐え難い苦痛がある

*苦痛を取り除く手段がない

*意識がない

*それ以上の延命に良い効果は望めない

ような場合です。

 

もちろん、それらに飼い主さんの
気持ち、要望も加わって総合的に
判断することになります。

 

個人個人の気持ちや獣医師の
考え方によってもさまざまですが
乳がんの末期の状態で言うならば、

*呼吸困難

*薬でコントロールできない痛み

などが安楽死もやむを得ないという
状態と言えます。

 

乳がんでなくとも基本的にがんで
あればどこに発生したがんでも考え方は
同様です。

 

苦しさ、痛みを改善してあげる
ことができない状態で、苦痛
を長く与え続ける事になるなら・・
という考え方によるものです。

 

安楽死というのは究極の選択で
あって、考えることでさえ辛く、
またそれを実行することは、
例え猫さんのためであったとしても
飼い主さんは耐え難い苦しみを
味わうことでもあります。

 

悩んでも答えを出すことは
難しいです。

 

しかし、精一杯お世話をして
あげたのなら・・
病気と闘ってきたのなら・・
どんな選択をしても猫さんは
きっと感謝していると私は思います。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です