猫の疥癬が人間に感染するとどうなる?症状や治療と注意点!

猫の寄生虫による皮膚病で
非常に激しい痒みを伴うのが
ヒゼンダニによる疥癬(かいせん)症です。

 

特に気温が上がる春から夏場に
かけてヒゼンダニの活動も活発に
なるため、感染の可能性も高くなり
症状も強く出ますので注意が必要です。

スポンサーリンク


疥癬に感染している猫さんは
痒みのため、激しく掻きむしる
ため、皮膚からの出血や炎症が
ひどく、見た目も痛々しいです。

 

また、しきりに引っかいている
ところを見ているとこちらまで
痒くなってしまうこともあります。

 

原因はヒゼンダニという目に
見えない小さなダニと言われた
けど人間には移らないの?

 

確か、人間にも疥癬という
病気があったような・・

 

気のせいか、痒いような・・
まさか移った!?

 

心配になりますよね・・

 

そこで今回は猫の疥癬症が
人間にも移ることはあるのか?
その場合の症状などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

猫の疥癬(かいせん)の原因や症状と治療費は?激しい痒みも!

 

<ヒゼンダニの人間への寄生>

 

疥癬症は多くの哺乳動物が感染する
可能性のある皮膚病です。

 

犬猫のペットはもちろん、ウサギ
やハムスター、キツネやタヌキに
牛や馬などすべての動物が感染します。

 

そして、当然人間も感染します。

 

どの動物にしても原因は
ヒゼンダニですが、寄生する動物に
よってヒゼンダニの種類が違います。

 

人間にも疥癬症はありますが、
それは人間特有のヒゼンダニの
寄生によるものです。

 

そして犬や猫に寄生するヒゼンダニ
は、主にショウセンコウヒゼンダニ
やイヌヒゼンダニと言われる種類の
もので、人間に寄生するヒゼンダニ
とは違います。

 

ただし、猫のヒゼンダニが人間が
一時的に感染することはあります。
しかし、寄生することはありません。

 

ヒゼンダニは、本来寄生する
動物以外に寄生しても繁殖を
行うことができません。

 

つまり、猫に寄生するヒゼンダニは
猫の体でしか繁殖はできないため、
人間の体に一時的に寄生しても
増えることなく死んでしまうのです。

スポンサー リンク


<猫から一時的に感染した場合の症状>

 

一時的なものとは言え、疥癬に
感染すると人間も痒みが出たり、
赤いプツプツができたりします。


出展:https://doctoru.jp/2055

人に感染したヒゼンダニは
2~3週間で死んでしまうため
その後の再感染がなければ症状は
なくなります。

 

しかし、痒みによって引っ掻くと
皮膚炎を起こすことになって
症状が悪化することはあります。

 

また、皮膚の弱い方や敏感な方、
小さなお子様やご高齢の方などは
症状がひどくなることも考えられ
ますので、その場合は皮膚科への
受診をオススメします。

 

人間の疥癬はヒゼンダニの
検出によって診断されますが、
実際、ヒゼンダニを検査によって
発見するのは難しいようです。

 

ですからまずは痒みの状態と
飼い猫が疥癬で・・と伝えてください。

 

状況に応じた治療をしてもらえる
と思います。

 

人の場合、塗り薬か飲み薬での
治療になるようです。

 

いずれにしろ、一時的なもの
ですので、痒み止めや細菌感染の
予防に抗生物質での対応になる
かもしれません。

猫の病気で人間に移るのは?意外に多い人畜共通感染症とは!

 

<感染予防には>

 

基本的に猫からの一時的な感染は
接触感染によるものがほとんどです。

 

疥癬が寄生している猫さんを
抱っこしたり触ったりすること
により感染します。

 

ですから、猫さんの疥癬治療が
終わるまで(薬剤によりますが
3週間~2ヶ月程度)は接触に注意
することが大事です。

 

また、床や寝具など猫のいる場所
は消毒した方が確実ですが、基本的
に猫の体から落ちたヒゼンダニは
長くは生きられません。

 

そのため、そこまで神経質になる
必要はないですが、衣類などは
ヒゼンダニの住処になりますので
消毒した方が安心です。

 

タオルやクッションなどの布類
50℃以上のお湯で10分加熱
すればヒゼンダニは死にます。

 

また床などは殺虫効果のある
薬剤(ピレステロイド系)が有効です。

 

消毒や人間への感染を防ぐこと
はもちろんですが、一番大事
なのは猫さんの疥癬を一刻も早く
治療すること、そして再感染
を防ぐことですね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です