腎不全

猫の慢性腎不全!カリウム異常の原因や症状と治療について!

猫は慢性腎不全になると
カリウムなどの電解質の
バランスが崩れ、さまざまな
弊害をもたらします。

 

そして、猫の腎不全の場合、
低カリウム血症高カリウム血症
のどちらも起こり得る可能性が
あります。

 

今回は猫の腎不全治療に重要な
カリウムのコントロールに
ついてまとめてみましたので
参考にしてください。

 

スポンサードリンク


 

<カリウムの役割>

 

体内に吸収されたカリウムは
そのほとんど(98%)が細胞内に
存在し、神経や筋肉の興奮や
その情報を伝達する役割をしています。

 

そしてカリウムは、食物として
腸から吸収され、その90%以上
腎臓から尿として排泄されます。

 

そのため、腎臓の機能低下に
よってカリウム濃度の異常
起きるのです。

 

<腎不全によるカリウム異常>

 

猫のカリウムの正常値は、
3.5~4.5meq/Lです。

 

猫の腎不全の場合、多飲多尿に
よってカリウムが過剰に排泄
されることから、低カリウム血症
になります。

 

また、食欲不振によって
カリウムの摂取が足りなく
なることも一因に挙げられます。

 

そして、腎機能低下によって
カリウムをうまく排泄できず、
逆に高カリウム血症になって
しまうこともあります。

 

どちらかと言うと、猫の慢性腎不全
の場合は、低カリウム血症になる
ことが多いですが、高カリウム血症
にも注意が必要です。

 

スポンサードリンク


 

<低カリウム血症の症状と治療>

 

一般的に3.0mEq/L未満
血清カリウム濃度になると
低カリウム血症と診断されます。

 

カリウムは神経や筋肉機能の調整
をしているため、低カリウムに
なると筋力低下による脱力や麻痺、
意識障害
などが起こります。

 

猫の場合、分かりやすいのが
頭を上げられなくなり下を
向いたままになったり、
立ち上がれなくなったりします。

 

治療としては、程度にもよりますが

*点滴によってカリウムの補正

*飲み薬によってカリウム補助

を行います。

 

低カリウム血症が重度の場合には
電解質補正用の輸液を使ったり
カリウム剤を混ぜたりして、
静脈からの点滴を行うように
なります。

 

数値が落ち着き、症状が改善され
れば、飲み薬への治療に切り替えた
り、数値が安定すれば一旦様子見
になることもあります。

 

症状が軽く、食欲があり、薬も
飲める場合には、カリウム補助剤
(フィトケア)を投与します。

 

カリウム補助剤は、継続投与に
なることも多く、ネットなどでも
ペット用の栄養補助食品として
購入することが可能です。

 

ただし、カリウム補助剤は
与えすぎによって高カリウムに
なってしまう場合もありますので、
定期的な検査と獣医師の指示を
仰ぐことが大事です。

猫の慢性腎不全!高血圧の症状や治療と降圧剤の使用,測定など!

 

 

<高カリウム血症の症状と治療>

 

一般的に5.5mEq/L以上
血清カリウム濃度になると
高カリウム血症と診断されます。

 

高カリウム血症も筋力の低下が
起こるため、四肢の痺れ脈拍の
異常などが見られます。

 

そしてカリウムは心臓の筋肉に
大きく関係しているため、心機能
の異常も引き起こし、不整脈や
心停止が起こり、対処が遅れると
助からないこともあります。

 

治療としては、
血液中のカリウム濃度を正常に
戻すための輸液療法が必要になります。

 

軽度~中度であれば生理食塩水
の点滴をすることで改善しますが、
重度の場合は、グルコースや
インスリンの投与が必要になります。

 

ただし、この場合も下がりすぎ
ると低カリウムになってしまう
ため、上手くコントロールする
ことが大事です。

 

慢性腎不全による高カリウム血症の
場合、数値が下がって落ち着けば
その後は投薬などは行わず腎不全
の治療、管理、定期的な検査を
行いつつ、様子を見ていくことが
ほとんどです。

猫の腎不全用の処方食の種類や価格と食べない時の対策など!

スポンサードリンク


 

カリウムのコントロールには、
飲水量皮下輸液など体内の
水分量、また食事量なども関係
してきます。

 

また、低カリウムも高カリウム
も初期では症状は分かりません。

 

定期的な検査で異常を早く見つける
ようにしましょう。

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の慢性腎不全と口内炎!痛み止めや治療薬と対処法など!
  2. 猫の慢性腎不全の余命は?末期でもまだあきらめなくていい?
  3. 猫の輸血の方法や効果、副作用などのリスクや料金について!
  4. 猫の腎不全の治療!入院が必要な場合とその費用について!
  5. 腎不全の猫の浮腫や足のむくみ症状!原因や対処法とは?
  6. 猫の慢性腎不全と尿検査!尿比重との関係性や数値で見る進行度!
  7. 猫の慢性腎不全の薬セミントラの効果や副作用などは?
  8. 猫の腎不全!遺伝によって起こる腎臓病の多発性嚢胞腎とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP