猫の妊娠~授乳期の食事!母体,母乳のための最適フードは?

妊娠〜授乳時の猫の食事

 

妊娠中の猫には、
高栄養、高タンパク、さらに
消化の良い食事が必要です。

 

妊娠中は、お腹の胎児の
成長に、出産後は子猫を
育てるための母乳のために、
たっぷりの栄養を摂取しないといけません。

スポンサーリンク


妊娠中に必要なカロリーは
通常時の1.5倍程度は必要です。

 

また、授乳中は子猫の頭数にも
よりますが、2~3倍のカロリー
が必要になります。

 

このカロリー量を食事で無理なく
摂取させるためには、高栄養に
作られているキャットフードを
与えるのが効率的です。

猫の妊娠!レントゲンやエコーなど必要な病院の検査と費用は?

そしてメーカーにもよりますが
基本的に猫用のキャットフードの
分類としては、妊娠、授乳期用
は子猫用と併用になっている
ことがほとんどです。

 

つまり、子猫の成長に必要な
高カロリーの食事が妊娠、授乳中
には必要になるということです。

 

妊娠してから、出産~離乳まで
約3ヶ月ちょっとです。
この間は高栄養のしっかりとした
キャットフードを与えましょう!

猫の妊娠と出産の流れ!兆候や陣痛,異常時の介助,事前準備など!

 

母猫は大変ですね!
人間と違い、一度に4~5匹の
子供を産んで育てるわけですから!

 

それはしっかりと栄養を
摂らせてあげないとですよね!

 

そこで、猫の妊娠、授乳期用
の食事で比較的グレードの高い、
栄養価のしっかりしたキャット
フードをまとめましたので参考
にしてみてくださいね。

スポンサー リンク


<ベッツプラン ベビーケア>

 

ロイヤルカナンの猫用ベビーケア。

生後4週齢~4ヶ月齢までの子猫
と妊娠・授乳期の母猫のための
キャットフードです。

抗活性酸素物質で成長をサポート。
可溶性食物繊維で高消化性を実現。

ロイヤルカナンは比較的
嗜好性は良いメーカーです。

400gと手軽に試しやすいサイズです。

フードも小粒で食べやすいです。

ベッツプラン (Vets Plan) 準療法食 ベビーケア 猫用ドライ 400g

 

<ヒルズ 健康ガード 発育>

 

ヒルズ、サイエンスダイエットの
子猫、妊娠・授乳期用のキャット
フードです。

高品質なDHA配合で、子猫の健
康的な学習能力の発育を助ける
ことが証明されています。

サイズが300g、1.5kg、3kg
と揃っています。

離乳後はそのまま子猫さんたち
のフードに回せますので容量の
大きいものだとお得です。

サイエンスダイエットPRO(プロ) 健康ガード 発育 ~12ヶ月/妊娠・授乳期 猫用 1.5kg
 

また、もともと高品質で猫の
食性に沿った穀物フリー
キャットフードなどは、
子猫にも与えられるほど良質な
原料で高タンパク、栄養バランス

も優れています。

 

そしてそれらは妊娠中などは量を
増やしてあげれば十分な栄養価
が摂取できます。

 

また、プレミアムフードですので
材料にもヒューマングレード
ものを使用していて、さらに
添加物も不使用なので妊娠中や
子猫にも安心して与えることが
できます。

 

以下のものがオススメです。

 

<プレミアムキャットフード ジャガー>

 

ペットフード先進国のイギリスの
工場で作られています。

動物性原料が80%以上でもちろん
ヒューマングレード。
グレインフリー(穀物不使用)

WS000001
出展:https://www.jaguarcatfood.jp/

消化吸収も良く、内蔵に
負担がかからない組成になっています。

 

離乳後は、そのまま子猫にも
また母猫にも量を減らし与えて
あげれば健康で長生きのためにも
最適なフードです。

詳細や購入など公式サイト>

 

<カナガンキャットフード>

 

プレミアムキャットフードの王道
とも言える人気の高いイギリスの
キャットフードです。

WS000008
出展:https://www.canagancatfood.co.jp/

動物性原料70%以上でメインは
チキンのヒューマングレード。
グレインフリーです。

カナガンはウェット(缶詰)タイプ
もあります。

WS000009

こちらも同じく離乳後にも
子猫、母猫ともに与えられ、
健康と長生きに最適なフードです。

詳細や購入など公式サイト>

 

個人的には、成分の添加物や
穀類の配合、また猫の食性を
考えるとジャガーやカナガンの方
がオススメです。

 

ジャガーやカナガンは妊娠期や
授乳期の給餌量の記載はありません
が、妊娠期は食事回数を多くする
ことでカロリー量を増やし、
授乳期は基本的に食べたいだけ
与えて大丈夫です。

猫の妊娠!与える食事の量や回数,必要な栄養素とカロリー量は?

 

猫は自分に必要なカロリー量を
摂取するよう本能で心得て
いますので。

 

ただし、離乳後はある程度の
食事管理は必要ですが。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です