猫の妊娠!与える食事の量や回数,必要な栄養素とカロリー量は?

猫が妊娠したら!

 

お腹の胎児の成長のため、
また母体の維持、そして出産後
の授乳のためにも必要な栄養を
十分に摂らせないといけません。

 

猫の妊娠期間は約63日。
平均出産頭数は4~6匹。
小さな体でたくさんの子供たち
を約2ヶ月という期間で立派に
育んで出産するのです。

 

スポンサーリンク


 

猫の妊娠が分かったら食事を
妊娠・授乳期用、もしくは
子猫用のキャットフードに
変えましょう。

 

<必要な栄養素とカロリー量>

 

胎児の成長、出産に向け、
十分なエネルギーを摂取する
ためにはタンパク質と脂質を
多く含む食事が必要になります。

 

さらに、

*性ホルモンの合成に関係するβ-カロテン

*DNAの合成に不可欠なビタミンB9(葉酸)

*脳の神経細胞の合成に必要なEPA/DHA

なども十分に摂取する必要があります。

猫の妊娠!レントゲンやエコーなど必要な病院の検査と費用は?

また、産後の授乳期にも
子猫の免疫力を高める

*ビタミンC
*ビタミンE
*ルテイン
*タウリン

などの抗酸化成分。

また子猫の脳や心臓、生殖器
の発育に必要な

*EPA/DHA
*タウリン

などの十分な摂取が必要です。

 

これらがバランス良く配合されて
いるのが、妊娠・授乳期用の
キャットフードです。

 

ただし、メーカにもよります。
基本的にプレミアムフードと
言われるキャットフード
(ヒルズ、ロイヤルカナンなど)
メーカーのものを基本としています。

 

妊娠中に必要なカロリー量は
妊娠初期から15%~20%程度
の増量が必要です。

 

そして徐々に増やし、出産時
には60%程度増しの量が必要です。

 

さらに子猫の頭数にもよります
が、授乳期には、2~3倍程度
の増量が必要になります。

スポンサー リンク


<食事量や回数>

 

与える食事量は、与えるフード
にもよりますが、基本的に妊娠・
授乳期用のものであれば、
栄養素、カロリー共に増量して
作られているため、給餌量通りの
量を与えれば大丈夫です。

 

また、妊娠・授乳期用のフードに
しない場合には、上記に書いた
カロリー増量になるようにフード
量を増やす必要があります。

 

お腹で胎児が成長していきます
ので、食事は一度に多量を食べ
られなくなります。

 

普段の食事回数にもよりますが
最低でも3回以上、できれば4~5
に分けてあげましょう。

 

授乳期にも引き続き3~4回に
分けてあげるのが望ましいです。
また授乳期は、母猫は子猫の
お世話にかかりっきりです。

 

食事とトイレ以外では常に子猫に
寄り添い、お世話をします。
そのため、授乳期はいつでも
食べられるよう、常に置き餌を
しておいても良いです。

猫の出産後の発情はいつくる?避妊手術はいつから可能?

 

ただし、子猫の成長に伴い、
離乳に向けて30日目あたりからは
食事や回数も徐々に通常の成猫用
に戻していくようにしましょう。

 

また、妊娠・授乳用の高カロリー
のものから通常の成猫用に戻す
と食べないこともありますので、
最初は少しずつ混ぜながら変えて
いくと良いです。

 

猫の妊娠、子育ては人間と
比べるとあっという間です。
その短い期間に新たな生命を
誕生させ、何匹もの子猫たちを
自分の力で立派に育て上げるのです。

 

猫の母性は非常に強いです。
たくましいですよね!

 

私たちが手助けしてあげられる
ことは、良質の栄養たっぷりの
フードを与えてあげることですね!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です