猫の発情期!頻尿や粗相の原因や対処法は?血尿になる?

発情期の猫

 

春と秋・・猫たちのさかりが
始まる・・
基本的には年に2回やってくる
と言われる猫の発情期。

 

しかし、猫の発情の誘発には
日照条件など関わってくる
ため、室内飼育で季節に関係なく
照明の明かりを浴びている猫さん
たちは、年に3~4回、発情期が
くることもあります。

 

スポンサーリンク


 

そんな室内飼育の猫さんの
発情期は飼い主さんにとっては
なかなか大変な問題がありますよね。

 

外に出たがったり鳴きわめいたり、
また夜鳴きが続いて眠れないことも・・

 

そして一番の問題、飼い主さんが
頭を抱えるのはおそらく、
おもらしのように見えるトイレ
以外の場所での粗相ではないでしょうか。

 

発情期の行動は、
個体差がありますし、
オスかメスかによっても違いは
あります。

 

発情期のオシッコ問題

 

一般的に発情期に見られる
オシッコの問題は、オス猫の
スプレー行動が多く、いわゆる
マーキング(匂い付け)行為になります。

 

そして、このマーキングは
発情期の性的行動として行うこと
が多いですが、それ以外でも行います。

 

基本的にオス猫の場合は、
去勢手術をしない限り、発情が
終わっても続くことが多いです。

 

そして、メス猫の場合は、
通常は発情期に見られることが
ほとんどです。

 

オス猫のスプレー行動の
ようにオシッコを吹きかけると
言った特徴的なポーズではない
ため、粗相していると思われる
ことが多いのですが、発情期に
だけ起きるものであればそれは
マーキングです。

 

オス猫を誘発するため、自分の
居場所を知らせるための匂い付け
の一種です。

 

少量ずつのオシッコを
あっちこっちにするため頻尿の
ように見えます。

 

この場合、通常通りおトイレでも
ちゃんとオシッコをすることが
多いです。

 

これら発情期のマーキング行為は
オス猫でもメス猫でも本能に
基づいた行動であり、去勢、避妊
手術をしない限りやめさせることはできません。

猫のマーキング・尿スプレー行為をやめさせる方法とは?

 

血尿になる!?

 

そして、注意が必要なのは、
マーキング行為によっての粗相
の場合、血尿になることはありません。

 

また、メス猫の場合でも
猫の発情(生理)に出血は伴いません。

 

そのため、血尿(または陰部からの
出血)の場合には、発情とは別に
膀胱炎子宮蓄膿症などの病気が
疑われます。

 

また、膀胱炎などの場合には、
発情によるマーキングではなく、
膀胱炎の症状による頻尿や粗相
可能性もあります。

 

メス猫の場合には、マーキングと
オシッコをする体勢に違いは
ないため、分かりにくいですが
オス猫の場合には、泌尿器疾患
による頻尿とマーキングは観察
すれば分かります。

猫のオシッコ対策!尿マーキングと粗相・不適切排泄の違いは?

 

<まとめ>

 

猫の発情期においての粗相は
根本的な対処法は不妊手術しか
ありません。

猫の避妊,去勢手術は発情期でもできる?リスクや費用は?

 

どうしてもすぐには手術できない
などの理由がある場合には一時的
に発情を抑えるホルモン剤の投与
という方法もあります。
(但し、オス猫の場合は効果が
期待できない)

猫の発情を抑えるホルモン注射!効果や副作用,注意点,費用は?

 

ただ、他に発情期の行動が
見られず、頻尿、粗相がある場合
には泌尿器疾患を疑って早めに
検査を受けることをオススメします。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です