猫の出産後の発情はいつくる?避妊手術はいつから可能?

この前、子猫産んだばっかり
なのに・・なんだか行動に異変が・・

 

もしかして・・もう発情!?
まさか!?
なんてこともありますよね。

 

そこで今回は、出産後の猫の
次の発情や避妊手術が行えるよう
になる時期についてです。

スポンサーリンク


<猫の出産から発情まで>

 

猫は、発情期が来て交尾をすると
ほぼ100%の確率で妊娠します。

 

そして妊娠期間は約2ヶ月。
可愛い子猫たちが誕生します。

 

その後、哺乳期に入ります。

 

猫は母性の強い動物ですので、
基本的に、食事中とトイレの時
以外は、子猫に付きっきりで
お世話をします。

お乳を飲ませ、陰部を舐め排泄を
させ、毛づくろいをしたりと、
甲斐甲斐しく面倒を見ます。

 

この哺乳期が約1ヶ月間です。

1ヶ月も過ぎると子猫たちは
徐々に活発になってきます。

 

母猫の傍を離れる時間も増え、
母猫の食事に興味を示し、
食べようとしたりなどの行動も
見られます。

 

母猫のオッパイをだんだんと
吸わなくなり、離乳を始めるころです。

 

そして、母猫は子猫の哺乳刺激
が減ってくると、発情が回帰して
きます。

 

つまり、出産後1ヶ月も経てば
発情が起きる可能性があるのです。

メス猫の発情期における行動の変化や鳴き声・周期について!

 

個体差はありますが、一般的
には出産後に最初の発情がくる
のは1ヶ月~4ヶ月程度とされています。

 

そして、もちろんこの発情で交尾を
した場合には再び妊娠することも可能です。

 

また、子猫の離乳が早い場合
には、1ヶ月経たずとも発情が
くることもあります。

スポンサー リンク


<出産後、避妊手術に最適な時期は?>

 

避妊手術は、出産後1ヶ月以降、
子育て(哺乳)が終わり、健康状態
が落ち着いているときであれば
いつでも可能となります。

 

まだ多少、子猫がお乳を吸うことが
あっても、基本的に1ヶ月経てば
離乳をして大丈夫なので、手術を
しても問題はないです。

 

しかし、母猫を子猫から離すのが
不安な場合にはもちろん、子猫が
完全に離れて(生後2ヶ月程度)から
の方が安心と言えます。

 

しかし、またやってくる発情の
前にと考えるのであればやはり
出産後1ヶ月程度で行うのが理想と
言えます。

猫の避妊,去勢手術は発情期でもできる?リスクや費用は?

 

そこは飼い主さんの都合で
決めることですが、手術自体は
産後1ヶ月経ってれば行えると
いうことです。

 

<まとめ>

 

発情を回避、また妊娠の危険性がある
飼育状況であれば早めに手術をするに
こしたことはありません。

 

ただし、母猫は哺乳の際に多くの
カルシウムやカロリーを消費します。

 

そのため、母猫にしっかりと栄養分
の整った食事(授乳期・子猫用など)
を与えていないと、産後、体の回復
が悪い場合もあり、そのような状態
では全身麻酔の手術は危険になります。

 

異常なく出産を終え、哺乳を
終え、元気に戻っている状態で
あれば大丈夫です。

 

その後出産を考えないのであれば
早めに避妊手術を行っておくのが
猫さんの体のためにもいいですね!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です