飼育について

猫のエリザベスカラー装着!食事や寝るときにはどうすれば?

猫にとって、もっとも迷惑な
エリザベスカラーですが、
それによって傷が早く治ったり
治療効果が上がるのであれば
飼い主さんは心を鬼にして
装着しなければいけませんよね・・

 

ただ、猫さんにとっては
生活する上でとても邪魔であり
普段どおりの生活が送れない
ことになります。

 

スポンサーリンク


 

カラーを付けていることに
よって行動が制限され、食事を
食べなくなったり、動かなくり
元気がなくなったりすることもあります。

 

個体差もあり、猫さんの性格にも
よりますが、カラーを付けた
ままでも果敢にぶつかりながら
動き回る子もいますが・・

 

でもどちらにしろ、飼い主さん
から見ると可哀想ですよね・・
気になりますよね・・

 

そこでカラーは24時間ずっと
付けていないといけないのか?

寝るときも?

食事のときは?

などなど疑問点について対処法を
まとめましたので参考にしてくださいね。

 

そもそもエリザベスカラーの
意味(必要性)は患部を舐めたり
ひっかいたりさせないための
ものです。

 

多くは、手術後など縫合部分を
舐めたり、糸を噛み切ってしま
わないためや皮膚病などを悪化
させないためです。

猫の去勢手術!エリザベスカラー装着期間は何日?注意点とは?

スポンサーリンク


 

つまり、舐める可能性がある時
には装着していないといけない
と言うことになります。

*飼い主さんの留守中

*飼い主さんが見ていられない時

などです。

 

これは逆に言うと、

*飼い主さんが見ていられる時

*舐める可能性がない時

には装着していなくてもいいと
言うことになります。

 

スポンサーリンク


 

例えば飼い主さんが在宅していて
ネコさんの食事時間など見て
いられる時などは外してもいい
のです。

 

基本的に食事中は食事に集中する
ため、体を舐めたり引っかいたり
という行為はしません。

 

ですから食べ終わってお水を
飲んだり、一休みするくらい
までは様子を見ながら外して
いても大丈夫ということに
なります。

 

また、同じように昼寝するとき
も飼い主さんが近くにいるので
あれば外してあげてもいいとは
思います。

 

ただし、夜間など飼い主さんも
一緒に寝てしまう時間帯は
見ていられないため、装着して
いた方がいいと言えます。

 

 

しかし、気をつけてはいても
ふと気付くと舐めていたり・・
などということもあります。

 

また、カラーを付けているからと
安心していても患部の場所に
よってはカラーが付いたままでも
上手に舐めていたり・・
なんてこともあります。

 

猫は本来、軟体動物ですので
カラーなどものともせず舐める
子もいます。

 

もともと猫は自分で全身を舐めて
グルーミングする動物ですから
カラーを付けていても当然本能で
舐めようとします。

 

ですから、大事なのは猫さんが
舐めてはいけない場所を気に
して集中的に舐めたり引っ掻い
たりしようとしているか・・
とのをしっかりと観察すること
が大事です。

 

例えば傷や炎症などがあっても
実はそれほど猫さんはその部位を
気にしていない場合もあるのです。

 

もちろん、舐めない方が早く
治るとは言えますが、多少舐めた
としても、そこを集中して頻繁に
舐めるようなことをしなければ
さほど影響がないこともあります。

 

そして、カラーが必要とされる
何らかの皮膚の状態だとしても
基本的に化膿しないように、また
炎症を抑えるようになどのお薬が
出ていることがほとんどです。

 

そのため、最初は気にする素振り
が見られたとしても少し経つと
気にしないようになることも多いです。

ですから、まずはカラーを
している時、また外してみた時
の猫さんの様子をよく観察して
みることが大事です。

 

そして、さほど気にしていない
ようなときには、カラーは
しなくてもいい場合もあります。

猫がエリザベスカラーに慣れるには?装着の必要性や効果は?

もちろん、その場合でも1日に2回
ほどは患部の状態を確認すること
が大事でが。

 

動物病院では、舐める可能性が
あるので・・という前提でカラー
装着をしますが、あくまでも
可能性であり、実際はそうでも
ないこともあり、それは自宅で
飼い主さんが様子を観察すればいい
だけの話なのです。

 

もちろん、不安な場合には
ずっと付けっぱなしにしておくに
こしたことはないですが。

 

状況に応じて猫さんのストレスを
軽減してあげることも大事ですから。

 

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫にトリミングの必要性は?ストレスなどのデメリットとは?
  2. 保護猫の慣らし方は?夜鳴きや外に出たがる,なつかない時など!
  3. 猫を飼育(飼う)するメリットは?猫の持つ不思議な力が神秘的!
  4. 猫の飼い方!共働きや一人暮らしの場合に注意することは?
  5. 猫を飼うなら純血種と雑種どっちが飼いやすいのか?
  6. 猫の食事の適正量と肥満猫のダイエットのための食事管理法!
  7. 猫の避妊,去勢手術後に見られる性格や行動などの変化とは?
  8. 大型猫をペットで飼えるのか?ネコ科の大型と言えば・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP