猫の病気

猫の悪性リンパ腫の予後や余命、安楽死の選択について!

免疫細胞のリンパ球が腫瘍化、
異常に増殖した病気が悪性リンパ腫です。

 

猫のリンパ腫は、残念ながら完治
できる病気ではありません。

 

ただし、治療をすることにより、
症状の軽減、また寛解にまで
持ち込めることもあり、日常の
生活を送らせてあげられること
も可能です。

*寛解・・病状が落ち着いていて
臨床的に問題がない程度にまで
治ること。

 

スポンサードリンク


 

でも治療しても治らないんでしょ・・

どうせまた再発するんでしょ・・

どのくらい生きられるの?

余命は・・?

 

愛猫がリンパ腫になってしまったら
そんな不安、心配で頭がいっぱい
になって苦しいですよね。

 

飼い主さんの考え方によっても
治療の選択はさまざまだと
思います。

 

しかし、猫のリンパ腫は無治療での
生存期間は平均で4~8週間とされて
います。

 

治療を行うことでこの余命を
大幅に延ばせる可能性は十分に
あり、また治療効果が上がり、
寛解に持ち込めれば、再発する
までは楽に元気に過ごさせてあげる
ことができるのです。

 

今回はリンパ腫の予後(余命)や
安楽死の選択などについてです。

 

<リンパ腫の予後(余命)は?>

 

猫のリンパ腫は大きく分けて

*多中心型(全身のリンパ節腫脹)
*消化器型(腸に腫瘤)
*縦隔型(胸の中)
*鼻腔型(鼻の中)

があります。

 

これらのタイプによっても
抗がん剤治療の反応や予後は
変わってきます。

 

そして、発見時のステージ
よっても変わります。
当然ですがステージ3~4よりは
1~2の方が予後は良好です。

猫のリンパ腫の治療・症状やステージと抗がん剤や費用など!

 

また、猫のリンパ腫の大きな原因の
一つであるFelv(白血病ウイルス)
陽性かどうかによっても変わります。

 

そして当然、治療効果には個体さも
ありますが、一般的(平均的)な
報告、データによる予後や余命に
ついて以下にまとめました。

 

スポンサードリンク


 

猫のリンパ腫の治療(抗がん剤
プロトコール)での寛解率は
65%~75%とされています。

 

また、生存期間中央値は、
6ヶ月~8ヶ月。

*完全寛解・・7ヶ月
*部分寛解・・2.5ヶ月
*無反応・・1.5ヶ月

1年生存率は約30%とされています。

 

そして、Felv(白血病ウイルス)が
陽性の場合には、生存期間中央値
は下がり、4.2ヶ月となります。

 

*生存期間中央値は、半分(50%)の
患者(猫)が亡くなるまでの期間で、
いわゆる一般的に「余命」として
伝えられる期間のことです。

 

*部分寛解は、がんの大きさや
拡がりが縮小すること。

 

また、リンパ腫のタイプによって
の抗がん剤治療の効果や予後に
ついては以下にまとめました。

 

<多中心型リンパ腫>

 

多中心型は白血病ウイルス陽性率
が約80%です。
体表のリンパ節が腫脹、進行する
と全身性に浸潤します。

*化学療法(抗がん剤)に対する
反応性は良好とされています。

 

<縦隔型リンパ腫>

 

縦隔型も白血病ウイルス陽性率
が約80%です。
胸部の前縦隔部に発生し胸水貯留
や呼吸困難などが見られます。

*化学療法(抗がん剤)に対する
反応性は比較的良いものの、
再発が多いとされます。

但し、白血病ウイルス陰性の場合
長期の生存も可能。

 

<消化器型リンパ腫>

 

消化器型は白血病ウイルス陽性
率は約20~30%です。

胃や腸などの消化管や腸間膜
リンパ節に発生します。

猫には多いリンパ腫です。

*高悪性度のタイプは、化学療法
(抗がん剤)に対する反応性は
あまり良くなく、予後は不良
されています。

低悪性度は長期生存可能。
(平均20ヶ月)

 

<鼻腔型リンパ腫>

 

鼻腔型は白血病ウイルス陽性率
は約20~30%です。

鼻腔内に発生するため、鼻からの
出血や顔面が変形したようになります。

*化学療法(抗がん剤)に対する
反応性は比較的良いとされますが
平均4ヶ月程度です。
また放射線治療が最適だとされ、
平均15ヶ月
の生存期間中央値と
されます。

スポンサードリンク


 

また、治療法(プロトコール)、
タイプによっても変わりますが、
寛解~再燃(再発)までの期間は、
3ヶ月~9ヶ月までと幅があります。

 

再燃したら、また新たに
プロトコールを決め、治療を
行うことになります。

 

ただし、猫のリンパ腫において
再燃した場合は、再度寛解する
ことは難しいとされています。

猫の悪性リンパ腫の治療!抗がん剤の種類や副作用について!

<安楽死の選択について>

 

安楽死については、個々の考え方
や猫さんの状態によってさまざま
だと思います。

 

リンパ腫の場合、抗がん剤の効果
がなくなり、また再燃した場合に
積極的な治療を行わない場合など、
少しでも余命を楽に過ごすことが
できるようにステロイドで痛みを
抑えたりなどの治療を行うことが
多いです。

 

しかし、それも効果がなくなった
場合や、まったく食べれなくなり
痛みや苦しさが続くような場合には
安楽死という選択が頭をよぎること
と思います。

 

どんな病気でもそうですが、
猫さんが耐え難いような痛み、
また苦しみを抱えている場合には
楽にしてあげるということは、
飼い主さんが愛猫にしてあげられる
最期の努めなのかもしれません。

 

獣医師に相談することも大事ですが
決断は飼い主さんがすることであり
どちらを選んでも後悔は残るのかも
しれません。

 

しかしどんな決断になったとしても
それまで共に病気と闘ってくれた
飼い主さんであれば猫さんは感謝
していると思います。

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫のフィラリア症について!予防は必要?その症状や治療など!
  2. 猫の慢性腎不全(まとめ)治療,闘病~最期まで,私が思うこと
  3. 猫の腎不全!CRE(クレアチニン)とBUNの数値で見るステージは…
  4. 猫の慢性腎不全と血尿!関連性や考えられる原因、治療とは?
  5. 猫の慢性腎不全治療の新薬!ラプロスの作用や効果とは?
  6. 猫の寄生虫を写真や画像で見る・原因や症状も詳しく解説!
  7. キャットフードが猫を病気にする?尿石症や腎不全などの関連は?
  8. 猫が慢性腎不全から回復することはある?治療や経過について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP